中国江蘇省。
上質なシルクスカーフの価値創造によって
働くお母さんと子どもたちを貧困から救いたい。

このプロジェクトはその強い想いで
スタートしました。

中国江蘇省「幸せのシルク」製品化。
貧困の連鎖を断ち切る
スカーフプロジェクト!


project 1.

製品化したい!

中国江蘇省で作られる高級シルクの
市場価値を高めていきたい!

シルクの歴史はとても長く、昔はとても貴重であったため金と同じ価値があったといわれています。

中国の皇女が、当時繭で遊んでいた際に、繭をお湯の中に落とし、それを拾い上げるた時に糸を操ったことが、絹糸作りの最初と伝わっています。
昔から大切に扱われていた素材なのです。

project 2.

現地の声を届けたい!

仕事のこと、
家族のこと、子どものこと。

シルクを作る現地の声を
届けるウェブメディアを作りたい!
中国・江蘇省(Jiangsu)はシルクの郷。春先には、養蚕農家の人たちが取引所に集まり、カイコの繭を集めているが、価格は1キロあたり約61元(約1000円)程度。
ワーカーの多くは家族を養う子どもたちのお母さんばかり。
子どもたちと過ごす時間を多く作れるように、商品に付加価値をつくり、
品質の良い蚕とレベルの高い刺繍技術ので作る「シルクスカーフ」を作り出したい。
project 3.

日本でも雇用創出!

「幸せのシルク」で日本でも
シングルマザーの方にもお仕事支援をしたい!
私たちのビジョンは「世界に仕事をクリエイト」。
幸せのシルクの発送と検品作業は日本で行います。
シングルマザーの方や、障がいをお持ちの方に
お仕事を頼めるように「在宅ワーク」を創り出します!

中国江蘇省ってどんなとこ?

中国江蘇省
上海の北西。日本と似た気候で、夏は蒸し暑く、冬はさほど厳しくありません。

長江と淮河の下流、黄海に面する沿海都市で、
河川や運河が縦横に走り、湖が点在する実り豊かな地域で、

古くから「魚米の里」の別名が知られています。
江南の水郷地帯独特の古い町並みが多く残っておあり、
春は「江南の春」という言葉もあるように、一年で最も美しい季節です。
中国江蘇省が抱える問題
中国は、過去30年の経済改革によって、経済も急速な成長を遂げましたが、
市場経済化による急速な 経済発展は、所得分配のバランスを崩し、深刻な格差社会を生み出してしまいました。
現在の中国の所得格差は、フィリピン等の東 南アジア諸国を上回り、アジアの中で最も高い 水準にあると言われています。(FFG/ふくおかファイナンシャルグループより)

例えば、皆様からのご支援があれば

現在、幸せのシルフスカーフプロジェクトを成功させるために、
クラウドファンディング に挑戦しています。
ぜひ、ご支援のほどよろしくお願いいたします。
学生/シングルマザー用ギフト
いただいた支援金は、中国江蘇省の上質な繭を使って、「幸せのシルクスカーフ」を製品化プロジェクト代として使用させていただきます。
現地の縫製工場とすでに商談に着手。日本の服飾デザイナーとともにサンプル作成を行なっています。

<リターン>
御礼の手紙・収支報告書(レポート)をお届け
おためしギフト
いただいた支援金は、中国江蘇省の上質な繭を使って、「幸せのシルクスカーフ」を製品化プロジェクト代として使用させていただきます。
現地の縫製工場とすでに商談に着手。日本の服飾デザイナーとともにサンプル作成を行なっています。

<リターン>
中国江蘇省で人気の中国茶セット
プロジェクト支援
私たちのビジョンは「世界に仕事をクリエイト」
日本でも、シングルマザーの方や、障がいをお持ちの方など働きたくても家を出れない方はたくさんいます。
幸せのシルクスカーフの「検品」と「発送作業」を
在宅ワークとして発注することで、日本国内にも雇用を生み出します。
<リターン>
製品化した「幸せのシルフスカーフ」をお届け
プロジェクト支援
私たちのビジョンは「世界に仕事をクリエイト」
日本でも、シングルマザーの方や、障がいをお持ちの方など働きたくても家を出れない方はたくさんいます。
幸せのシルクスカーフの「検品」と「発送作業」を
在宅ワークとして発注することで、日本国内にも雇用を生み出します。
<リターン>
製品化した「幸せのシルフスカーフ」をお届け

中国江蘇省からの手紙

江蘇省在住 rinさん(40歳)
私たちの村では、シルクを作るための蚕を育てる養蚕が盛んでした。
養蚕は重量労働の仕事であり、長時間拘束される仕事です。
私には二人の子どもがいますが、幼いけれど仕事があるので、長く一緒に過ごすことはできず、
特に嵐の夜などはとても心配していました。

今回、幸せのシルフスカーフプロジェクトが決まった時、
私たちはとても喜びました。
新しい仕事ができること、収入が増えることで子どもたちとも長い時間を一緒に過ごすことができます。
そして、日本の皆さんに中国シルクの良さを知ってもらえることがもっと嬉しいです。
子どもたちもこれから教育を受けることができます。子どもたちが、これからも勉強を続けていつか日本に行ける日がきたらいいなと思っています。その時は、ぜひこのプロジェクトについて話をします。
このプロジェクトを支援してくれた人たちに幸福がおとづれますように!

2018年8月8日 rin

支援者の方々の声

4年前から中国でアパレル産業で力になりたいと思い活動をしてきましたが、こうして「幸せのシルフスカーフ」プロジェクトとして形になったことに嬉しく思います。実際に作り手と買い手を繋げるプロジェクトに賛同します。
女性自立支援フラワーセラピスト
合同会社d-hash代表 樋口隆史
子育て世代の母の収入を助けるプロジェクトは素晴らしいと思います。教育は子どもたちを「貧困の連鎖」から断ち切ることができる解決策としても有効です。
平和な未来を作るこのプロジェクトを応援します。
元戦場カメラマン女性起業家
株式会社クリエ 代表 出口とも子

プロジェクトを支援する

ご自由にお決めいただいた金額を月々の自動振替によって継続的にご協力いただく募金プログラムです。継続的なご寄付により、長期的な視野で子どもたちの成長と自立を支援します。

よくあるご質問

  • Q
    「幸せのシルクスカーフ」プロジェクトは、最初の協力国としてなぜ中国を選んだのですか?
    A
    中国では急激な経済成長による「経済格差」が起こり、貧困もいまだに深刻な問題となっているのが大きな支援理由です。ほとんどの住民が農業を営んでいますが、生産性の低さや気候変動による雨水不足の影響も受け、収入も安定化していない家庭がほとんどです。
  • Q
    A
  • Q
    A
  • Q
    A