【検証済み】i-smileで英語はペラペラになるの?i-smileの評判をまとめました!

「将来色々な国を旅行してみたい」
そう思ってキャビンアテンダントに憧れていたのですが、人生なかなか思い通りにはいきませんね。

結局キャビンアテンダントにはならずにパートで働きながら2児の母をやっています。

でも最近ふと思ったんです。
キャビンアテンダントにはなれなかったけど、色々な国を旅行するのは今でも、これからでも可能なのでは?

そうなると必要になるのは英語スキル。
英語があまりできなくてキャビンアテンダントになれなかったので、普通の学習方法では厳しいのは容易に予想できます。

そこで他の学習方法を調べてみると、i-smile(アイスマイル)で英会話を習得する人が多いのを知りました。

最近話題になっている英語教材らしく、結構口コミも良いみたいです。
でも英語教材って高価なイメージがあるのですが…i-smile(アイスマイル)はどうなのでしょう?

いきなり試すのはちょっと怖いので、i-smile(アイスマイル)について少し調べてから判断することにしました。


i-smile(アイスマイル)で英会話を習得した人の良い口コミ

i-smile(アイスマイル)について知るには口コミを調べるのが一番手っ取り早いですよね。
ですのでまずはi-smile(アイスマイル)で英会話を習得した人の良い口コミを集めてみました。
実用的な英語が多いです
学生のときは英語が得意だったので外資系の会社に入ったのですが、いざ英語で会話するとさっぱり…。会話としてはあまりにもお粗末なレベルでした。かと言って英会話塾に通うような時間もないので、自宅でできるi-smile(アイスマイル)を選んだんです。毎日15分だけだし私でもできそうだったので。全カリキュラムが終わるころには別人みたいに英語を話せるようになりました。実用的な英語が多いので、そのまま使えるのが良かったです。

スラスラ喋れるようになりました
海外旅行に行く予定を立てたので、それまでに英語を話せるようになりたくてi-smile(アイスマイル)を始めました。スラスラ喋れなくても、カタコト英語が少しでもなくなればと。でもいい意味で期待を裏切ってくれました。めっちゃスラスラ英語を話せるようになったんです。旅行先で現地の人に褒められたのは嬉しかったです。

スキルアップに成功!
育休中になにかスキルアップできることをやりたくてi-smile(アイスマイル)を選びました。長時間勉強なんて私は続けられないので、1日15分という学習方法が良かったです。以前は洋画を字幕無しで見てもさっぱりだったのですが、今は何を言っているのかちゃんと聞き取れるレベルになりました。発声は外国人の知り合いがいないので自画自賛になりますが、かなり自然な発音になっていると思っています。

学習しているという感じはしなかった
海外出張が増えてきたので、もう少し英語を話せるようになりたいと考えていました。そんなときにネットでi-smile(アイスマイル)を見つけて、口コミが良かったので思い切って挑戦してみたんです。英語の勉強をしているというよりは全くなかったですね。日本語のドラマだったし真似するのも一人暮らしだと独り言と変わりないし。なによりスマホゲームでの復習がついつい熱中してしまいました。結果的に学習が進むので、よく考えられて作られていると関心しましたよ。

すぐ成長が実感できます
海外に行くわけじゃないし、日本にいれば英語なんて話せなくても大丈夫だと思っていました。でも働き始めてから、もっとちゃんと英語を勉強しておけば良かったと後悔…。思っていた以上に英語スキルが必要になることが多くて困っていました。英語学習にi-smile(アイスマイル)が良いとSNSで見かけてすぐに始めました。最初は日本語のドラマを見ていて英語を習得なんてできるの?と疑ってたけど、1週間も経つと自分の成長を実感できるほどに。明らかに英語を聞き取れるようになりましたし、カタコトだった発音もなめらかになってきています。この調子なら全部終わるころにはペラペラですね。

楽しんでる間に英語を習得できました
英語塾に行こうと思って調べていたときに、i-smile(アイスマイル)を見つけました。i-smile(アイスマイル)の方が英語塾より良かったって人が多かったので、私も英語塾をやめてi-smile(アイスマイル)にしたんです。テキスト教材でしか英語を勉強したことがなかったので、ドラマとスマホゲームを使った学習は新鮮でした。なんか遊んでいたら英語ができるようになってたって感じです。勉強が苦手な人は、英語塾よりi-smile(アイスマイル)の方がオススメですね。
i-smile(アイスマイル)って日本語のドラマを教材に使っているんですね!
英語を勉強しているという感じがしなかったという人もいますし、楽しみながら学習できるように工夫されているのでしょう。

i-smile(アイスマイル)で英会話を習得できなかった人の悪い口コミ

続いてi-smile(アイスマイル)で英会話を習得できなかった人の悪い口コミも調べてみました。
良い口コミだけ見てもi-smile(アイスマイル)に都合の良い情報しかわかりませんし、悪い口コミもしっかり目を通しておくことが大切です。
続けられなかった
i-smile(アイスマイル)のドラマは面白かったのですが、どうしても面倒になってきて週末にまとめて一気にやるようにしていました。徐々にやらなくなって、結局最後まで見れていないです。面倒くさがりな私には合いませんでした。毎日コツコツできる人とか習慣にして続けられる人じゃないと厳しいかもしれません。

やらなくなってしまった
自然な発音で英語を話せるようになりたくてi-smile(アイスマイル)を始めたのですが、家族がいるときは練習しにくいのでなかなか先に進めず…。結局モチベーションが持たなくてやらなくなってしまいました。家族の前でも堂々と練習できる人なら良いでしょうが、ウチではちょっと無理でした。

筆記能力はイマイチ
i-smile(アイスマイル)をやれば筆記能力も高くなると思っていたのですが、あんまりでした。聞き取ったり発声したりは格段にレベルが上がったけど…筆記能力も高めたかったのでイマイチでした。スマホゲームで復習しているときに単語をいくつか覚えられましたが、やっぱり書かないと筆記能力は伸びにくいですね。
i-smile(アイスマイル)で英会話を習得できなかった人の口コミを見ていると、続けられなかった人が多いみたいです。
まぁ…続けないことには習得できなくて当然ですよね…。

良い口コミと悪い口コミを見る限りでは、試しにやってみる価値はありそうな印象でした。

i-smile(アイスマイル)の講師をしているデイビッドセインって?

口コミの次はもう少しi-smile(アイスマイル)について詳しく調べていきます。
i-smile(アイスマイル)について調べてみると、デイビッドセインという人が講師をしているとわかりました。

…デイビッドセインって誰?と思ったので調べてみると、数多くの英語教材を出版している人みたいですね。
試しにAmazonで検索したら100冊どころじゃありませんでした。

英語教材のタイトルを見ると実用的な英語を紹介しているようで、使える英会話を学習するという目的ならデイビッドセイン先生の教材を選ぶのが良さそうですね。

デイビッドセインさんは英語教材を出版するだけではなく、英語塾も運営しているので英語学習の要点もしっかり押さえた学習ができるはずです。

i-smile(アイスマイル)で英会話を2ヶ月学習した体験談レポート

i-smile(アイスマイル)を調べていても英語を話せるわけじゃないし、口コミも良かったので思い切って始めてみることにしました!

ダメだったら他の学習方法を試せば良いだけですもんね。
i-smile(アイスマイル)はメールを送信するだけで始められるので、ものの数分でスタートできました。

あとはこれから私が上達できるかどうかです。
1回やって変化があるとは思えないので、またときどき更新していこうと思います

i-smile(アイスマイル)を1ヶ月続けてみて

i-smile(アイスマイル)を始めてから1ヶ月経ったので、久々に更新しました。
学習内容はあとでまとめますので、ここではサラッと流しますね。

日本語のドラマは結構見て楽しめるストーリーになっているので、勉強用のドラマを見ているという感じはしませんでした。

これが口コミにあった勉強している感じがしなかったという大きな要因なのでしょうね。

スマート字幕と呼ばれる学習用の字幕も表示されるので、毎日続けるほど英語を習得できるのも納得です。

1回だけ時間なくて2日分やろうとしたことがあるのですが、覚える量が増えるのであまり効率が良いとは言えませんね。
極力まとめてやらない方が良いと思いました。

発音のコツは真似している間に習得できるように工夫されているので、学校の英語の授業ってなんのためにやってたんだろうってくらい自然な発音に近づけましたよ。

i-smile(アイスマイル)の全カリキュラムを終えて

i-smile(アイスマイル)のカリキュラムが全部終わりました!
2ヶ月って長いようで短かいものですね…。

英語スキルはと言えば、かなり自然な発音で発声できるようになりました。
発声のコツをつかめるというのは大きかったです。

自宅にいると自分の英語レベルがどの程度なのかわかりにくいのですが、外で英語を聞くとよくわかります。
はっきり聞き取れるし、自分だったらこうやって受け答えするというのがパッと出てくるようになったんです。

ここまで自分の英語レベルが上がるのを実感できるとは思っていなかったので結構驚いています。

i-smile(アイスマイル)の講座の内容

i-smile(アイスマイル)をやろうと思っても講義の内容がわからないと不安ですよね。
いくらメールを送るだけとは言っても、それで躊躇してしまう人もいるでしょう。

せっかく私もi-smile(アイスマイル)で学習して内容がわかっていることですし、i-smile(アイスマイル)の講義内容について簡単にまとめておこうと思います。

日本語のドラマで英語学習

i-smile(アイスマイル)は日本語のドラマを英語教材として使っています。
テレビで放送されているドラマを使っているのではなく、i-smile(アイスマイル)専用に撮影されたドラマです。

日本語のドラマを見た後、英語で真似するという流れになります。
日本語で先に見ているからどんな会話をしているのかわかるし、英語学習用の字幕が表示されるのでわかりやすいのが特徴ですね。

これだと洋画を見ながら真似すれば同じことができそうに思えますが、それは難しいです。
洋画は文法もめちゃくちゃですし、言っていることと字幕に出ている翻訳も違います。

学習用に作られていないのが理由で、洋画で学習するには難易度が高すぎるんです。

i-smile(アイスマイル)のドラマは学習して英語を話せるようになることを前提に作られているため、勉強が苦手な人やカタコト英語の人でも習得しやすいようになっています。

真似をして発音を練習

i-smile(アイスマイル)は真似をして発音を練習します。
基本的にドラマを見た後に真似するのがメインになりますが、他にも発声練習用の音楽もあります。

誰でも知っている曲をアレンジしており、真似して歌っているだけで英語の発声を身につけられるようになっています。

英語の発声が上達しないのはコツがわからないこと。
私もこれに何年も苦しめられました…。

でもi-smile(アイスマイル)なら真似しているだけで身につけられるので、一気に発声がスムーズになる可能性が高いです。

スマホゲームで復習

i-smile(アイスマイル)は学習した英語をスマホゲームで復習します。
復習することで記憶として定着しやすくなりますし、スマホゲームであれば空き時間にさっとできるのが嬉しいですね。

神経衰弱風のゲームで、ランキング機能もあります。
ですので上位を狙って繰り返しているうちに学習もできてしまうという仕組みになっています。

英語の文章を再生する機能があるので、めくったカードにどんな文章が書かれているのか、どんなふうに発音するのかも同時に確認できます。

五感を使って楽しみながら学習した方が身になりやすいという研究結果もあるそうですので、i-smile(アイスマイル)の学習方法は英語学習に適したものであるのがよくわかります。

i-smile(アイスマイル)で英語を学習するメリットとデメリット

i-smile(アイスマイル)で英語を学習して、メリットとデメリットの存在を感じました。
ですのでi-smile(アイスマイル)でこれから学習しようとしている人は、これらのメリットとデメリットがあるということを参考に判断してもらえればと思います。

i-smile(アイスマイル)のメリット

i-smile(アイスマイル)のメリットは楽しみながら英語を習得できることです。
学習となるとどうしてもやる気が必要になったり、マイナスな気持ちのもとに進めることになります。

しかしi-smile(アイスマイル)はドラマを見るだけですのでぼーっとしていてもやり始められますし、なにより楽しめることを重視して作られています。

楽しみながらやった学習は記憶として定着しやすいという研究結果もあり、またスマート字幕など英語を身につけやすくする工夫がたくさんされています。

ですので他の英語学習方法よりも覚えやすいというメリットもあります。

i-smile(アイスマイル)のデメリット

i-smile(アイスマイル)のデメリットは周囲に人がいると練習しづらいということです。
i-smile(アイスマイル)は英語を真似しながら上達するものですので、練習しないことには上達しません。

家族のことを気にせずできるのであれば問題ありませんが、気になるなら自宅での練習はやりにくいでしょう。

またスマホゲームの復習も音声が出ますので、周囲に人がいる場合はイヤホンが必要かと思います。
ミュート状態でテキストだけ見て復習もできるでしょうが、それだと音声の復習ができなくなります。

i-smile(アイスマイル)で英会話を習得できなかった人に共通していること

i-smile(アイスマイル)で実際に英語を学習してみて、なぜ英会話を習得できない人がいたのか理由がなんとなくわかりました。
一番の理由は毎日続けてやらなかったこと。

まとめてやろうとすればそれだけ覚える量が増えますし、集中力も切れます。
そもそも1日15分というのは人間の集中力が続く丁度良い長さ、これをもとに設定しているそうです。

ですのでi-smile(アイスマイル)の良い部分を無くすということになります。
時間がなくてもまとめてやるのは避けた方が良いでしょうね。

次に発声練習を十分にできていないこと。
家族であったり隣人であったり、周囲のことを気にして発声練習ができない人ほど英会話を習得できていないようです。

練習しないことには発声は上達しませんし、読み書きができるだけなら学校で習う英語だけで良いですよね…。

自室であったりカラオケルームであったり、周囲に聞かれないような環境は探せばいくらでもあります。
大きな声を出さないのであれば、あえて公園という選択肢もありますね。

ですので環境を理由に発声練習をやらないというのはやめましょう。

i-smile(アイスマイル)で効率よく英語を学習するコツ

i-smile(アイスマイル)で学習すれば英会話が上達しやすいと言っても、勉強が苦手な人はできるだけ効率よく学習したいですよね。
ですので効率よく学習するためのコツをまとめておきます。

i-smile(アイスマイル)は日本語のドラマを教材にしているので、どんな会話をしているのかが明確にわかります。
その後に英語を練習するのですが、一気に全て覚えようとせず、1文ずつ覚えるようにしましょう。

覚えられない人の多くは一気に全てを覚えようとするから効率が悪いんです。
1文ずつ覚えてできたら次、またできたらその次と繰り返していきます。

ときどき最初に戻ってどこまで覚えられているのか確認しながら進めば記憶として残りやすくなります。

この方法は時間こそかかりますが、一度やってしまえば高い確率で覚えられるので見直したり復習したりする手間がかかりません。

しかもi-smile(アイスマイル)は前回習った内容を生かして進んでいくので、結果的に先に進むほどラクになっていきます。

i-smile(アイスマイル)で身につけた英語を海外で使ってみました

先日海外旅行に行ってきたのでi-smile(アイスマイル)で身につけた英語を使ってみました!
旦那が子供を見てくれていたので、友達と海外旅行に行ってきたんですよね。

今回行ったのはハワイ!
結構日本語通じそうなイメージでしょうが、実際行くとそうでもないんですよ。

海外に行ってみて思ったのは英語の会話がはっきり聞き取れるようになったこと。
完全に何を言っているのかわからないということもなく、せいぜい単語の意味を知らなくて聞き直すという程度でした。

単語だけなら調べられますし、私も随分とレベルが上がったものだなと思いました。

お店で値切ったり冗談言ったりもできるので、思っていた以上に楽しい旅行になりました。
一緒に行った友人2人は私の英語のレベルにかなり驚いていました。

友人はカタコトながらに英語で喋っていましたが、私の英会話を見てi-smile(アイスマイル)をやることを決めたそうです。

次一緒に旅行に行くことがあったら、今回以上に楽しい旅行になりそうな気がします。
やっぱり言葉がわかるって大きいですね。

子供たちももう少し大きくなったら、i-smile(アイスマイル)で英語を身につけてもらおうと思いました。