TEL. 03-6318-7861
(ひかる動物病院)
年間約35,000匹もの"猫"が
殺処分されています

この数を” ”にしたい!
その想いで設立したNPO法人

Human Animal Pairs

獣医師を中心とした、動物愛護に力を入れた団体です。
ぜひ暖かいご寄付をお願いいたします。

猫が殺処分されている現状

年間35,000匹もの"猫"が殺処分

動物保護団体や各地の譲渡会などにより、保護された猫の殺処分数は減少傾向にあります。

しかし依然、年間約62,000匹の猫が保護され、その内約35,000匹が殺処分されているのです。
この数は決して少なくありません。

猫の殺処分を”0”にすること。
これこそが、私たちが理想とするところなのです。

猫の飼育「増加」に伴う
飼育「放棄」の増加

空前の猫ブーム
その一方で飼育放棄される猫たち

近年の猫ブームの影響で、猫を飼い始めている人が増えているように感じます。

その反面、私たちが目の当たりにしたのは飼育放棄の現場。
糞尿が掃除されず、餌も満足に与えられない猫たち。
劣悪な環境の中に取り残され、病気になってしまう猫もたくさんいます。

そんな現状を打破すべく、私たちは立ち上がりました

Human Animal Pairsの目的

  • 猫の殺処分数を"0"にする
  • 猫と人が共存できる社会を作る
  • 猫と人が共存できる社会を作る

Human Animal Pairsの特徴

Point1 代表が現役” 獣医師 "

足立区にある「ひかる動物病院」の院長

霜田ちとせ 先生
ひかる動物病院の院長、兼当団体の理事長を兼任いたします。
獣医師の目線で動物の譲渡活動を始めたいと思います。
また、獣医師として人にも社会貢献を果たすために、後進の教育や高齢者施設での動物の役割を社会に広めたいと考えております。
当団体の活動は非営利活動ですので、皆様からのご寄付で運営をしなければなりません。
団体の当面の収益は保護猫カフェでのコーヒー販売になるかと思いますが、それだけでは厳しいのが実情でございます。
ご寄付をいただける場合は、ぜひこちらも利用していただいて、皆様との長いお付き合いができればと願っております。
どうぞよろしくお願いします。

Point2 常設の" 譲渡型保護猫カフェ "を運営

足立区初の譲渡型保護猫カフェ
「CAT HOME GARDEN」

約9坪の小さな空間ですが、猫と人にとって快適な空間を創造します。
また中学生・高校生が動物に関することを学べる場所としての利用も予定しております。

猫の頭数は5頭前後を必ず守ります。
多頭飼育は動物福祉に則った形でなければ人も動物も幸せな空間とは言えません。猫の心を落ち着かせ、体は清潔に保つこと、それがとっても大切です。

カフェでは都内で有名なコーヒーショップの豆を使い、ハンドドリップでご提供いたします。
コーヒー販売は収支活動の一環です。
コーヒーの売り上げで家賃の支払いや猫のお世話をしますのでカフェ入店の際はぜひご購入をよろしくお願いいたします。

カフェの保護猫たち

新しい家族と出会いたい猫たちが在籍しています。
(2019年4月現在)
みちこ
とても人懐っこい女の子。
育児放棄されていたところを保護しました。
当店の看板猫!
(現在は譲渡対象ではありません。)
さくら
少し怖がりな男の子。
育児放棄されていたところを保護しました。
顔つきがすごく凛々しく、カッコ良いです!
エアコンの上が定位置^^
チュチュ
人見知りな女の子。
育児放棄されていたところを保護しました。
慣れたら、とても甘えてきます。
撫でられるのが大好きっ!
チュチュ
人見知りな女の子。
育児放棄されていたところを保護しました。
慣れたら、とても甘えてきます。
撫でられるのが大好きっ!

Point3 にゃん活SC(短期お預かりシステム)現在休止中です

  • 他の保護猫団体さんから、大人猫を預かる
    1頭最長10日間。1日500円
  • お預かりした猫の動画作成
  • 現状、譲渡会場の多くは屋外で行われております。
    外だと、猫が萎縮してしまい大人猫の可愛さをお伝えすることが難しいです。
    大人猫の譲渡率向上のため、保護猫カフェでの譲渡活動を推進します。
  • お預かりした猫の動画作成

Point4 子供達が動物と触れ合うイベントの開催

幼少期に動物に関する正しい知識を得ることは、ことも貴重な体験になります。

中学生・高校生と動物のお世話をしたり、犬学・猫学を学ぶ機会・イベントを作ります。
また、動物をデザインした手作り工作なども開催します。

活動の継続には
皆様からのご寄付が必要です

<< 活動資金が不足しています >>
当団体は非営利活動法人なので、
営利目的でサービスや物を売ることはありません。
そのため、団体やカフェの運営費、猫の生活費などを賄うための費用が足りません。

少額の寄付でも猫の生活が守れます

寄付金の使用例

少額の寄付でも猫の生活を支えることができます。
皆様のお気持ち一つひとつで、保護猫たちの命が救われるのです。

Human Animal Pairs に関するQ&A

  • Q
    寄付はいくらから可能ですか?
    A
    300円から可能です。
    1度限りのご寄付から、毎月クレジットカードで引き落とされる、定期的なご寄付も選択していただけます。
  • Q
    ボランティアを希望しています。どうしたら参加できますか?
    A
    下記のお問い合わせフォームから、ボランティアのご連絡をしてください。
    ボランティアに関するお問い合わせはこちら
  • Q
    ボランティアを希望しています。どうしたら参加できますか?
    A
    下記のお問い合わせフォームから、ボランティアのご連絡をしてください。
    ボランティアに関するお問い合わせはこちら