なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

阪神地域の子どもにおすすめしたい公園7選!

阪神地域の子どもにおすすめしたい公園7選!

みやっこキッズダム

令和3年4月1日にオープンしたみやっこキッズダムは、兵庫県西宮市の西浜総合公園内にあります。この公園には、キッズダムの他にもスポーツ広場・北多目的広場・人工芝グラウンドもあり、週末にはサッカーや少年野球の練習や試合の光景も見られます。

施設内は、児童用ゾーン(対象年齢は6才~12才の児童向け)・幼児ゾーン(3才~5才)、乳幼児と幼児用ゾーン(1才~5才)、大きく3エリアに区分されています。

お城をイメージした滑り台、野性味たっぷりスリル満点のターザンロープ、小さな滑り台や砂場もあります。

それぞれ年齢と趣向に応じた楽しい遊具が設置されていて、安全に楽しく遊べるのが魅力です。公園からは海がすぐ見えるので、開放感あふれる雰囲気に浸れることでしょう。

住所:兵庫県西宮市西宮浜3丁目7-15
https://www.nishi.or.jp/smph/access/sports/koen/nishinomiyahama.html
参考サイト
みやっこキッズダム(写真あり) 阪神わーるどより

芦屋市総合公園

芦屋市総合公園の施設内には、遊具広場&ビオトープ池・フィールドトラック&スポーツコート・バーベキュー&潮芦屋ビーチがあります。

遊具広場には、小規模なスプリング遊具からビッグな複合型の遊具まで豊富なバリエーションです。定期的に安全性についてこまめに点検されており、安全に楽しめます。

ビオトープ池では、ヤゴ・メダカなどの姿が見られます。遊具広場で思い切りはしゃいだ後は、南側のせせらぎの音に耳を傾けて憩いのひとときを堪能してはいかがでしょうか。

川幅が狭く、足首が軽くつかる程度の浅さなので、深みにはまる心配もなく、子ども連れでも安心です。

駐車場は北・東・西の3か所、身体障がい者専用の駐車スペースもあります。

住所:兵庫県芦屋市陽光町1-1
http://www.ashiyashisogokoen.com/
参考サイト
芦屋市総合公園(写真あり) 阪神わーるどより

元浜緑地

尼崎緑化公園の元浜緑地は、もともとは大輝汚染対策として浄化を目的とし、地域の人々の健康を守るという観点から造られました。緑地内は東と西の2つのエリアがあり、橋を渡って自由に行き来できます。

西エリアには水遊びが楽しめるわんぱく池、東側には芝生広場や大規模な木製の遊具が設置されています。

緑地内では、落葉樹のユリノキ、常緑樹のヤマモモなど、四季折々の美しい風景が見られます。自然の美しさに触れて、環境問題にも取り組み、学びの場として役立てられます。

住所:兵庫県尼崎市元浜町1丁目・兵庫県尼崎市道意町6丁目
https://www.amaryoku.or.jp/content/?mode=show&seq=2
参考サイト
https://parkful.net/2018/07/motohamaryokuchi/

末広中央公園

平成16年に設立された宝塚市の末広中央公園は、市民の憩いの場として親しまれており、散策を楽しむ人の姿がよく見られます。

アスレチックを思い切り満喫したいなら、ぜひ1度訪れてみると良いでしょう。ターザンロープや吊り橋、筒状の滑り台などバラエティに富んでいます。

砂場や小さな滑り台など幼児にも楽しめる場所もあるので、ファミリーで出かけると良いでしょう。

末広中央公園のトレードマークと言えば、4列の並木です。施設内には消防用の防水層と太陽光発電システムが完備されており、防災学習にも最適な場所です。

住所:兵庫県宝塚市末広町3-3
https://www.city.takarazuka.hyogo.jp/kanko/kankoinfo/1039767/1040909.html
参考サイト
https://onigiriface.com/suehiro-chuo-koen.html

笹原公園

笹原公園に一歩足を踏み入れると、四季折々の草花が優しく出迎えてくれます。

幼児用の安全遊具から健康遊具まで、複数の広場があり、子どもから大人まで安全に楽しめる場所です。ローラー滑り台は、カーブがやや緩やかです。

赤い屋根がトレードマークの複合遊具も、子どもに人気です。ネットの網目が大きめなので、しっかりとした足場になり、スイスイ登れることでしょう。

小さな吊り橋や、網目のトンネルもちょっとした冒険ごっこが楽しめます。

運動不足を解消したい方には、トレーニング系からストレッチ系まで、多彩な健康遊具で運動してはいかがでしょうか。

ジョギングやウォーキング、園内の散策も楽しめるので高齢の方にもおすすめです。

3月下旬から4月上旬には花見客で賑わい、秋になると黄色いイチョウの葉が舞い、紅葉見物に訪れる人の姿も見られます。

住所:兵庫県伊丹市車塚1丁目32-1
https://itami-city.jp/mp/park/?sid=38

ドラゴンランド

ドラゴンランドで人気の遊具と言えば、二頭の向かい合う龍をもちーあにした全長133mのダイナミックなドラゴン遊具です。胴体の直径は約2.5m、途中で曲線のリング状になっていて、入り口から出口までスリル満点の冒険の旅が展開されます。

さらに、胴体の部分からは滑り台も設置されており、複雑な構造のドラゴン遊具は飽きることなく、何度でも遊びたくなることでしょう。

実はこのドラゴン遊具のルーツは、川西市で古くから伝わる「九頭龍の伝説」にあります。

市のシンボルマークとしても人気を集めており、市内外からも多くの子どもたちがこの地を訪れています。

住所:兵庫県川西市18
https://www.city.kawanishi.hyogo.jp/shiseijoho/shokai/kankouannai/1003058/kankou_do.html

深田公園

兵庫県三田市の深田公園と言えば、県立人と自然の博物館があり、地元の人々の間では「ヒトハク」の名称で深く親しまれています。館内には、大昔の生物の化石・動物はく製・昆虫標本が多数展示されています。

昆虫好きな子どもたちには、「ナチュラリストの幻郷」ゾーンは見どころいっぱいです。

動物や昆虫のみでなく、食用から毒ありまで珍しいキノコが多数展示されています。

この地域では地下ダム設置により、川のせせらぎとともに環境美化にも積極的に取り組み、自然の美観維持にも努めています。

そのような背景から生活環境に関する展示物も多く、子どもたちには環境問題について身近に学べる良い機会となることでしょう。

市内のニュータウンとして人気のフラワータウンの中心地でもあり、アットホームな雰囲気が感じられます。

公園近くにはイオンのショッピングモールがあるので、駐車場スペースも十分に確保できます。

公園敷地内の面積は約19ヘクタール、春は桜が咲き乱れ、四季折々の美しい風景が魅力的です。長い滑り台が3本あり、芝生広場もあります。

三田市内には、この他にもけやき台公園やはじかみ池公園もありますので、ピクニックを兼ねてファミリーでぜひ訪れてはいかがでしょうか。

住所:兵庫県三田市弥生が丘6丁目4
https://www.city.sanda.lg.jp/shisetsu/782.html

まとめ

この記事では、阪神地域でおすすめの公園を複数掲載しましたが、いかがでしょうか。

アスレチックが楽しめる公園や滑り台、ジャングルジムなど、遊具が充実した公園もあれば、川のせせらぎ・桜・草花など、四季折々の風景が美しい公園もあります。

お出かけの前には、駐車場スペース・トイレの場所・公園周辺の立地条件や観光スポットをリサーチしておくと良いでしょう。

公園に着いた後になって大雨が降ったり、風が強くなったりしないように、天気予報も事前に要チェックです。天気の良い日にファミリーで公園に出かけて、素敵な思い出をたくさん作って下さいね。