人生の終局時と
その前後のことを考え、
準備して、残された人生を

悔いなく生ききること…
『終活』を私はそのように
考えています


あなたの人生時計
あとどのくらい
力強く動き続けられるでしょう

『元気だから大丈夫』はいつまで続くでしょう
『その時』になったら考える…
『その時』っていつでしょう
元気だからこそできる『終活』です

終活をするなんて、縁起でもないと思われる方もいらっしゃるでしょう。

家族の在り方が、親子三世代同居のスタイルから核家族になり、超高齢社会の中で自身の死生観を見つめ直し、終活を考える方が増えてきました。ただ、終活はしたいけれど、何をどうやって…と、不安や戸惑いを持たれている方はとっても多くいらっしゃいます。

私はそんなご不安や戸惑いを共有させていただき、
改善、解決に向かうためのヒントをお伝えしながら,
皆様の終活の伴走者でありたいと思っています。

娘の立場で、長男の嫁の立場で、両親と夫の癌に向合ってきた立場で、子を持つ母としての立場で、両親の介護をしつつ、終活に消極的だった両親がエンディングノートを書き、公正証書を作成した経験などから、終活の大切さをお伝えしています。
人生100年時代。平均寿命50年からわずか100年足らずで、生き方も逝き方も変わってきました。
予行練習なしで訪れる看取りや最期・・・
どのように迎えたらよいでしょう。
超高齢社会の中で、不安や戸惑いをお一人で抱えていませんか?
超高齢社会の中で、不安や戸惑いをお一人で抱えていませんか?

終活えんとらすと

山口 聖子
えんとらすと(entrust)は託す、とらすと(trust)は信頼という意味があります。
ひらがなにすることで「えん(つながる縁、支え応える援、まるい円)」と「らすと(最後、最期)」という意味をこめ、「えん」を繋ぎ、安心して丸く収まる充実した人生の「らすと」を迎えたい。そんな思いで終活をお伝えし、お手伝いしています。
また、(社)終活協議会公認グループである公的セミナープロジェクトチーム『コンゴ』に所属し、稲城市や世田谷区などの公共施設で仲間とセミナー活動もしており、ご好評をいただいております。
さらに、個別の終活相談に対応するだけでなく、ご家族の介護などで疲れた心身を解きほぐすため、アロマオイルを使ったほんの少しのいつもと違う時間の共有もさせていただいています。



セミナー風景

セミナー受講者さまの声

終活って本当に必要なのかなと思っていたけれど、私に合った終活の方法を教えてもらえてよかった。
50代 女性
エンディングノートを買ったものの、なかなか書けずにいたけれど、書くことの大切さとコツを教えてもらい、書きたい気持ちになりました。
70代 女性
病気や認知症になってしまう前に、遺言書や後見人について聞けてよかった。
80代 男性
知らなかったことを聞けてよかった。
丁寧に質問に答えてくれた。
50代 女性
経験談がとてもわかりやすく響いた。気づけなかったことにも気づけてよかった。
70代 男性
丁寧に細かく説明してもらい、とてもわかりやすかったです。
先生の優しい印象が安心感にもつながり、心が軽くなりました。
70代 女性
病気や認知症になってしまう前に、遺言書や後見人について聞けてよかった。
80代 男性