廃車買取、廃車引取り、廃車手続き代行のご用命はJUC カートレード ノーリッツへ 
廃車買取、廃車引取、廃車手続きは
お任せください!

廃車でお困りではありませんか?
お客様が大事に乗ってきたおクルマを預かります。
リサイクルで社会貢献にもなります。
他者様と金額も比べてみてください。

【なぜ買い取れるの?】

当店は、40年以上、年間10,000台以上の廃車買取実績のある専門業者数社と業務提携しております。

なぜ廃車になるようなクルマが買い取れるのかといいますと、車を廃車する場合、廃車する時期を基準としまして、それ以降の支払い済みの各種税金と保険料が還付されるのです。

その他、使用できるエンジンや外装部品などがリサイクルされるため、
その費用を計算することで高価買取りが可能になります。
走行不能の故障車や事故車でもOKです。

廃車専門業者の為、海外の需要、特にアジア・中東地域に、自動車部品のリサイクルルートを確立しております。
使用できるエンジンや外装部品などがリサイクルされるため、その費用を計算することで高価買取りが可能になります。

また、お忙しいお客様のために、お車のお引き取りから面倒な手続きの一切を代行する「おまかせコース」も承っております。

ご不明な点は、気軽にお問合せ下さい。

お客様の愛車を少しでも高く買取らせていただくことで、真心のサービスをお届けできればと思います。

【廃車するときの業者選びのポイント】

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
まず自動車税・重量税・自賠責保険が返金されるか
確認してください
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
最低次の4項目を確認してみてください。
結構違いますよ~びっくりしますよ!
■見積もり
車両自体の買取料金はいくらか必ず聞いてください。
■自動車税、重量税、自賠責保険が返金されるか
返金される場合は、返金額はどの業者でも変わりません。
■引き取りに来てもらうのにいくらかかるのか
当店の場合、首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川県、茨城県)で自走可能であれば無料です!
また、事故者・不動車の場合の目安は、東京、千葉、埼玉、神奈川県、茨城県ですと、5,000円~13,000円です。
■抹消手続きの代行費はいくらか
廃車専門業界平均が5,000円のところ、
当店ですと無料です!
■見積もり
車両自体の買取料金はいくらか必ず聞いてください。

【廃車までの流れについて】


①お問い合せ・お見積り

お気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせください。
無料買取査定はこちらをクリック

※メールでも受け付けております。
t.oikawa@cartradenolimits.twinstar.jp

②必要書類をご用意ください

[乗用車の場合]
・車検証の原本
・依頼者の免許証のコピー
・所有者の印鑑証明書1通(車検証と同名義)
・実印(上記印鑑証明書と同じもの)
・ナンバープレート(当店で外します)
・自賠責保険の原本
・リサイクル券

[軽自動車の場合]
・車検証の原本
・依頼者の免許証のコピー
・ナンバープレート(当店で外します)
・所有者の認印
・自賠責保険の原本
・リサイクル券

③お車の引き渡し

お車の引き渡し時に必要書類もお渡しください。
買い取り代金をお支払いいたします。
必要書類が引き渡し当日に間に合わなくても大丈夫です。
スタッフにご相談ください。

また当店では、お忙しいお客様のために、
首都圏(東京・千葉・埼玉・神奈川・茨城)自走可能であれば、お車のお引き取りを無料で承っております。
その他の地域のお客様、不動車・事故車のお客様は別途ご相談に乗ります。

④抹消証明書のご郵送

お車のお引取りと書類到着から約2週間以内に、名義変更して抹消手続きをします。
その後、抹消手続き完了の証明書のコピーをお客様へご郵送致します。
各種保険の解約につきましても通常通り出来ますのでご安心ください。

【よくあるご質問】

車検切れ、車が動かない場合はどうすればいいですか?
当店に引き取り依頼してください。
車が動かない場合、有料ですが、当店提携業者のレッカー車で引き取りにうかがいます。
バッテリーがあがっている・・・、事故で足まわりがダメ・・・、など不動な理由を詳細に教えてください。
また、陸送料の節約を希望の方は、仮ナンバーをつけて走行することができます。
地元の区(市)役所で仮ナンバーを申請すれば、即日仮ナンバーが発行されご利用いただけます。
仮ナンバー申請に必要な書類は以下の通りです。
・自動車損害賠償責任保険証明書の原本
・自動車車検証(既に抹消している場合は抹消登録証明書)
・自動車運転免許証
・認印
・申請費用(800円ほど)
ご面倒な方は、当店に引き取り依頼してください!
車の名義が自分ではない時はどうすればよいですか?
自分が所有者でない車でもだいじょうぶです。
所有者の方の印鑑証明書、委任状、譲渡証はご用意ください。
※所有者がディーラーや信販会社の場合
「必要書類と手続き」ページの“車検証に記載されている所有者がディーラーや信販会社の場合”をご覧ください。
すぐに車を撤去したい・どかしたい
まずは車を引き取りしてからあとから書類をいただくこともできます。
しかし書類がそろわないと税金の還付金が少なくなりますので早めに郵送してください。
ローンが残っていますが廃車できますか?
まずは信販会社やディーラーに連絡をして、必要書類を発行してもらってください。
必要書類を発行してもらえなかった場合は、当店にご相談ください。
部品の取り外しはしてもらえますか?
オーディオやタイヤなどの返却にも対応します。
引き取り時の取り外し対応は出来ませんので、後日取り外してご返送いたします。
(宅急便着払い対応になりますので、ご自身で取り外される手配が望ましいです)
他県ナンバーの廃車方法は?
引越しなどで、ナンバーが他県ナンバーのままになっている場合でも近くの陸運局で手続きできます。
お気軽にご相談ください。
自動車税が未納の場合でも大丈夫?
自動車税が未納でも廃車できます。
廃車手続きをした月までの税金の請求書が自動車税事務所から届きますのでその時にお支払いください。
結婚して苗字が変わっちゃったんですけど・・・
この場合は本籍地の役所で戸籍抄本か戸籍謄本を取ってください。
また、引っ越しもしている場合は、戸籍の附票も取ってください。
その際は住民票は必要ありません。
下取価格が0円と言われたらどうしたらいいですか?
当店では車検切れで各種税金や保険料の還付がなくどんなに古い車、不動車、事故車でも、
最低買い取り保障金額以上で買い取りいたします。
どうして買い取れるの?
各種税金の還付金等があるからです。
くわしくは「なぜ買い取れるか」ページをご覧ください。
どんな車でもいいのか
事故車・不動車等、基本的に買い取れます。
事故車でも高年式であれば買い取り金額を上乗せさせてもらうこともあります。
廃車のお見積もりにてお気軽にお問い合わせください。
お見積りはこちらから
廃車で返金になるものってなんですか?
車検が1ヶ月以上残ったまま廃車した場合、重量税と自賠責保険が返ってきます。
また、普通車の場合、年度の途中であれば自動車税も戻ってきます。
(ただし3月に廃車した場合は自動車税の還付はありません)
排気量別の買取金額っていくらですか?
「排気量別の買取金額一覧」にてすぐご確認いただけます。
排気量別最低買取金額一覧はコチラ
バイクも引き取り可能ですか?
可能です。引き取り依頼時にご相談ください。
すぐに車を撤去したい・どかしたい
まずは車を引き取りしてからあとから書類をいただくこともできます。
しかし書類がそろわないと税金の還付金が少なくなりますので早めに郵送してください。




廃車買取、廃車引取り、廃車手続き代行

少しでも当店に興味を持ったらお気軽にお問い合わせください。
メール一本でお見積りさせていただきます。
↓↓↓↓↓
↓↓↓おクルマの廃車買取相談およびオークション代行中古車のご用命等↓↓↓
おクルマ全般のご用命、ご相談はぜひ当店へ
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

会社概要

JUC CarTrade NoLimits 
カートレード ノーリミッツ
会社名 JUC CarTrade NoLimits
カートレード ノーリミッツ
所在地(事務所) 〒290-0141
千葉県市原市ちはら台東1‐21‐1
連絡先 t.oikawa@cartradenolimits.twinstar.jp
代表者 及川 剛史
設立 2013年11月設立
古物商許可番号 千葉県公安委員会 第441260001715号
事業内容 中古車販売 オートオークション代行販売 中古車買取 廃車代行
古物商許可番号 千葉県公安委員会 第441260001715号

【必要書類と手続きについて】

1. 乗用車の場合




必要書類は以下のものです。

・車検証原本

・依頼された方の免許証のコピー

・ナンバープレート (前後2枚。)

・車検証記載の所有者の印鑑証明1通 (発行から3ヶ月以内のもの) → 車検証の見方はこちらから

・印鑑証明書と同一の実印

・自賠責保険の原本 (車検が1か月半以上残っている場合)

・リサイクル券 (無くても可)

■車検証の住所と印鑑証明書の住所が異なる場合、上記の書類に加えて以下の2点が必要になります。

・住民票 (1回だけ引越しをされている方)

・戸籍の附票 (2回以上引越しをされている方)
(戸籍の附票に直前の住所が記載されていない場合は住民票と戸籍の附票の2つが必要になります)
(戸籍の附票は本籍地の役所で発行されます。郵送で取り寄せることもできます)
※結婚等で苗字が変わっている場合は、戸籍抄本等で変更が確認できる書類が必要です(戸籍抄本は本籍地の役所・郵送可)。

2. 軽自動車の場合




軽自動車の場合は、所有者の認印でOKです。印鑑証明書や実印はいりません。

必要書類は以下のものです。

・車検証原本

・依頼された方の免許証のコピー

・ナンバープレート (前後2枚)

・車検証記載の所有者と同一の認め印

・自賠責保険の原本 (車検が1か月半以上残っている場合)

・リサイクル券 (無くても可)

軽自動車の場合
※引越し等で住所が変わっていたり、所有者が亡くなっている場合でも上記の書類のみで手続きできます。


3. 所有者がディーラーや信販会社の場合


乗用車も軽自動車も手順は同じです。

必要書類は以下のものです。

・車検証のコピー

・使用者の委任状(PDFPDF:18KB)(実印を押す)

・印鑑証明書

・身分証(免許証など)のコピー

・今年度の自動車納税証明書

・ローン完済証明

上記の書類を、ディーラー・信販会社に郵送すると、所有者の『委任状』『譲渡証』『印鑑証明書』が送られてきます。
(信販会社等により必要書類が違う場合がありますので、一度連絡することをおすすめします。)

ナンバーと車検証と上記3つの書類があれば手続きできます。
※必要書類が揃わない場合は、ご相談ください。

このほかに、〔所有者が亡くなっている〕・〔所有者の印鑑証明書が取れない〕ような場合でも大丈夫です。お気軽にご相談ください。