【2018年】育毛剤+発毛剤おすすめランキング!

男性向け商品バージョン

こんな方に読んでほしい

当ページでは20代から60代まで、年代を問わずに抜け毛や薄毛に悩む方を想定して情報を発信しています。

・抜け毛の原因や対策を知りたい方
・育毛剤や発毛剤を検討している方
・これから何をすれば良いか分からない方

育毛剤は副作用がなく毎日の生活に取り入れて対策を取ることができるため、
「育毛剤とはなにか?」や「育毛剤の選び方」などを知りたい方はぜひ参考にして頂ければと思います。

お時間のない方へ

今すぐ育毛剤を見つけたいなら「男性はチャップアップ」

↓チャップアップはこちらから↓


男性の毛の悩み

男性の毛の悩みはAGAが代表的ですが、生活習慣でもお酒やタバコをたしなむ方が多いことからも、栄養の偏りや血流の滞りによって薄毛に悩む方は少なくありません。

また、女性に比べると男性は薄毛になりやすい傾向があり、一般的にいう「若ハゲ」も男性に見られることが多いです。
早い方だと20代あたりで症状が見られることもあるので、薄毛やハゲは中年層の悩みといった概念を強く持ってしまうのは避けたいところです。

育毛剤には抜け毛予防の効果もあるため、20代や30代と若い年代で前兆が見られる方は早めに対策しておく方が安心です。


性別が関係しない脱毛症

男女それぞれの毛の悩みは、性別が関係しない脱毛症にも気を付けておきたいところです。

・円形脱毛症:ストレスや免疫疾患で発症しやすい
・脂漏性脱毛症:過剰な皮脂分泌で発症しやすい
・ひこう性脱毛症:大量のフケで発症しやすい
・加齢による脱毛症:老化現象でヘアサイクルが乱れる

円形脱毛症をご存知の方は多いと思いますが、脂漏性脱毛症やひこう性脱毛症も生活習慣や頭皮ケアによって起こることがあります。

また、男女ともに最大の悩みとなるのが加齢による脱毛症ですが、こればかりは自然現象なので何かしらの対策を取らなければヘアサイクルを正常化させることは難しいです。

育毛剤は抜け毛予防や発毛促進といった効果からヘアサイクルの正常化を促すことができ、購入者の多くは加齢による抜け毛に悩んでいる方です。

加齢による抜け毛は自然にヘアサイクルを戻すことが難しいため、1つの対策として育毛剤の使用を検討しておきましょう。

育毛剤や発毛剤とは?

育毛剤や発毛剤は自分に合った商品を見つけることがポイントでもありますが、その際に色々と疑問が湧くと思います。ここでは育毛剤と発毛剤の違いを交えて良くある疑問の答えを紹介します。

1.育毛剤と発毛剤の定義
2.育毛剤とは?
3.発毛剤とは?
4.ミノキシジルが必要でない限りは育毛剤がオススメ

POINT
1

育毛剤と発毛剤の定義

当ページでは育毛剤と発毛剤を以下のように定義づけています。

・育毛剤(副作用なし):新しい髪の毛が生えるのを促進する
・発毛剤(副作用あり):新しい髪の毛を実際に生やす(個人差はある)

育毛剤や発毛剤に関する話題で「副作用が危険」という情報を目にしたことがある方は多いと思います。

当ページでは、育毛剤と発毛剤の副作用に関して分かりやすく正しい情報を伝えるために上記の定義を採用しており、これは読者の皆様もぜひ参考にして頂きたいと思います。

育毛剤と発毛剤の違い

当サイトでは、育毛剤と発毛剤をあえて区別して紹介していますが、一般的には製品名称に育毛剤と書かれていれば育毛剤と認識、発毛剤と書かれていれば発毛剤と認識すれば問題ありません。

・医学的な定義はない
・法律における定義もない

現状、育毛剤で副作用があるとされる市販製品は存在しませんが、発毛剤で副作用がある製品は大正製薬のリアップシリーズが該当します。

また、発毛剤という名称でリリースされている製品の半数以上は大正製薬のリアップシリーズが占めており、その他の発毛剤は副作用がない製品が極少数あります。

その少数の発毛剤は副作用がなく配合成分から見ても育毛剤との違いがありませんが、リアップシリーズが発毛剤の代名詞であることからも、副作用の懸念がある発毛剤を育毛剤と同じ扱いにするのは間違った認識を与えてしまう可能性があるわけです。

つまり、一般的に育毛剤と発毛剤が混同されて「副作用に注意」と言われることが多いですが、育毛剤と発毛剤の現状からすると大正製薬のリアップシリーズを選ぶ時だけ副作用に気をつければ問題ありません。

※大手通販サイトで発毛剤を検索すると、ヒットする商品の9割以上は大正製薬のリアップシリーズです。
(amazon調べ、楽天調べ)

ミノキシジルの副作用

大正製薬のリアップシリーズに副作用がある理由はミノキシジルです。

ミノキシジルは血管拡張や細胞活性によって発毛効果があり、世界90ヵ国以上で有用性が認められている成分です。

その一方で、以下のような副作用があります。

・かゆみ
・ふけ
・頭痛
・胸の痛み
・めまい

また、ミノキシジルは元々血圧を変化させる薬だった為、リアップシリーズに関しても高血圧の人や低血圧の人などは医師や薬剤師に相談してから使用することが推薦されています。

POINT
2

育毛剤とは?

育毛剤というのは、皮脂の抑制や血流改善などによってヘアサイクルの正常化を促すことができる商品です。

一般的に育毛剤を使えば髪が生えると勘違いしている方が多いと思いますが、目に見えるように髪を生やすためには増毛や植毛しか手段がありません。

処方箋医薬品として使用できるAGA治療でも、薬効薬理で髪を生やすことができるという効果はありません。また、ミノキシジルについても発毛促進効果を得られるものの、髪を生やせる成分ではありません。

どのようなアイテムを使うにしても原因を抑制してその延長にヘアサイクルの正常化があるため、育毛剤を使用するメリットは副作用のリスクがないという点に収束されます。

また、AGA治療薬やミノキシジルは副作用があることからも抜け毛の予防として早期使用することが難しいですが、育毛剤なら副作用がないので早期対策としても実用的です。

増毛や植毛とは?

増毛や植毛というのはアデランスやアートネイチャーでお馴染みの施術によって人工的に髪の毛を作り上げるサービスです。

施術範囲によっては何百万円というコストが掛かり、特に植毛に関しては身体的な負担も大きいことから安易に決断することができません。

※合わせて読みたいページ
自毛植毛ってそもそも何?【特徴や費用、施術内容やメリットデメリット解説】

POINT
3

発毛剤(ミノキシジル)とは?

大正製薬のリアップシリーズは、ミノキシジルによって壮年性脱毛症を遅延させたり改善できる商品です。

・男性の壮年性脱毛症:加齢による額や頭頂の抜け毛
・女性の壮年性脱毛症:加齢による頭頂の抜け毛

リアップシリーズは数種類がラインナップされていますが、男女それぞれ対象製品が異なります。また、副作用以外にも使用上の注意から自分が対象者であるかどうかを確認しておく必要があります。

・20歳以下は不可
・妊娠中は不可
・65歳以上は相談使用
・高血圧や低血圧の人は相談使用
・壮年性脱毛症だけに有効

リアップシリーズは通販サイトなどでも購入できますが、副作用の懸念から正しい知識で適切な使用が求められることは覚えておいてください。

その他の発毛剤は?

リアップシリーズ以外の発毛剤については育毛剤と同じ扱いで問題ありませんが、リアップシリーズを除外すると非常に選択肢が少なくなります。

市場動向として発毛剤という名称でリリースしている製品が極端に少ないため、リアップシリーズを除外して発毛剤探しをすると自然と育毛剤に着地します。

※合わせて読みたいページ
コスパ最高・安くても効果の高い発毛剤6選!【効果・副作用についても解説】

POINT
4

ミノキシジルが必要でない限りは育毛剤がオススメです!

育毛剤と発毛剤の違いや現状をご理解頂いたところで、ミノキシジルが必要でない限りは育毛剤がオススメとなります。

ミノキシジルに関しては壮年性脱毛症だけに有効とされているので、生活習慣によってヘアサイクルが乱れた場合は効果を得られないことになります。

また、育毛剤にも血液の流れを改善させる作用があり、副作用がないことから将来の抜け毛に対して先手を打つこともできます。
毎日の生活に育毛剤を取り入れて健康的な生活習慣を心がけることからスタートしてみましょう。

育毛剤の選び方・知っておきたい5つのポイント!

最適な育毛剤を見つけるためにも、以下の5項目を抑えておきましょう。

1.ランニングコスト
2.特典
3.表記区分
4.副作用
5.配合成分

POINT
1

ランニングコスト

育毛剤は副作用なしでヘアサイクル正常化を促進できる便利なアイテムですが、継続使用が根底にあるので毎月のコストを考慮しておかなければなりません。

商品によって推薦されている使用期間の目安は異なりますが、大よそ約6ヶ月というのが1つの指標でもあります。また、頭皮環境や抜け毛の原因は個々によって異なるので、継続するほど効果がみられる可能性が高くなることも覚えておきたい知識です。

長期に渡って継続使用するとなれば、自分の予算に見合った育毛剤を選ぶことも大切ですね。
6ヶ月から1年ほどのランニングコストを試算しながら育毛剤を選んでみましょう。

POINT
2

特典

育毛剤はどこでも購入することができますが、購入先によって価格が大きく変わります。

基本的に公式から定期購入すると特典によって割引を受けられる育毛剤が殆どなので、長期使用を検討している方ほど定期購入がオススメです。

■特典の恩恵を1年間でシミュレーションしてみよう

大人気の育毛剤チャップアップで1年間のランニングコストをシミュレーションしてみましょう。
・通常価格:7,400円

・2本定期便:通常14,800円→12,000円
・サプリセット:通常20,760円→9,090円
・サプリ&シャンプーセット:通常35,560円→13,840円

プランによって割引率が異なりますが、特典の恩恵が分かりやすい2本定期便で計算してみます。
・単品購入:7,400円×12ヶ月=88,800円(1年間で12本)
・2本定期便:12,000円×12ヶ月=144,000円(1年間で24本)単品購入を2年間継続した場合は「88,800円」×「2年間」=「177,600円(2年間で24本)」となり、2本定期便との差額は「単品購入・177,600円(2年間で24本)」-「2本定期便・144,000円(1年間で24本)」=「33,600円」となります。

つまり、公式から2本定期便で購入していくと長期継続するほどランニングコストが安く付くので非常にお得です。


POINT
3

表記区分

育毛剤の表記区分は、今のところ医薬部外品か化粧品のみです。発毛剤のリアップシリーズのように規制区分が厳しい商品は見当たりません。

医薬部外品は医薬品と化粧品の中間という位置づけであり、化粧品というのは表記区分において医薬品でも医薬部外品でもない商品を指すために使われる言葉です。

育毛剤に関して医薬部外品と化粧品は一長一短ですが、一般的には医薬部外品は厚生労働省から認可されているので期待値が高いという理由から人気な傾向があります。

当サイトから申し込まれる育毛剤もチャップアップやベルタ育毛剤など、やはり医薬部外品の育毛剤が選ばれやすいです。

配合成分や効果効能が良く分からないという時は、表記区分を見ながら商品を選んでみてはいかがでしょうか。

POINT
4

副作用

ここで紹介している育毛剤は、発毛剤リアップシリーズを除いてすべて副作用がありません。

育毛剤はミノキシジルやAGA治療薬のように強い副作用は一切ありませんが、使用上の注意だけは目を通しておきましょう。

例えば、頭皮に異常がある状態で使用したり、使用後に何かしらの症状が出た時は医師に相談することが大切です。

POINT
5

配合成分

育毛剤選びでは配合成分に注目される方が多いです。

・医薬部外品:医薬品医療機器等法で有効成分が表示される
・化粧品:全成分を表記しなければならない

基本的に化粧品の育毛剤でも医薬部外品と同じような成分が入っている商品も多いですが、表記ルールとしては上記のような違いがあります。

育毛剤の配合成分は、育毛有効成分としてセンブリエキスやグリチルリチン酸など、殆どの製品は同じ成分が使われています。そのため、定番成分以外にプラスαとなるポイントを見つけることが決め手でもあります。

例えば、チャップアップやBUBKAのように配合成分の種類が多いと期待が膨らみますし、マイナチュレのように圧倒的なランニングコストの安さも良い決め手となりますね。

化粧品区分では、法的に医薬部外品より見劣りするところは否めませんが、キャピキシル配合の育毛剤は良く注目されます。
当ページで紹介している育毛剤の中では「スカルプ5.0C」が該当するので、医薬部外品との比較としてチェックしてみてくださいね。

■AGAの方はホルモン対策ができる育毛剤を選ぼう

AGA対策として育毛剤を検討している方は、AGAの原因である5αリダクターゼを抑制できる成分が含まれているかどうかを見ておきましょう。

AGAはホルモン対策をしなければ抜け毛の進行を遅延させることが難しいため、チャップアップのようにホルモン変化にも対応している商品を選んでおきたいところです。

また、すでに専門クリニックでプロペシアやザガーロなどの治療薬を処方してもらっている方は、それらの治療薬と育毛剤を併用しても問題ありません。

逆に育毛剤と育毛剤を併用したり、育毛剤と発毛剤を併用することは避けましょう。これは各メーカーによって多少説明が異なりますが、他製品の成分によって自製品の効果が阻害される可能性があるため、推薦はできないという説明が多く見られます。


【男性用】育毛剤ランキングTOP5!

育毛剤は非常に種類が多いですが、成分や価格などを吟味して男女それぞれ5つの育毛剤を激選しました。

男性編では、チャップアップが圧倒的な人気を誇っており、20代から60代まで世代を問わずにユーザー層が広いです。

※全成分の数は製品表記されている内容を数えています。

1位・チャップアップ

通常価格 7,400円(120ml)
特典 2本定期便で12,000円!
表示区分 医薬部外品
副作用 なし
配合成分 センブリエキス・グリチルリチン酸・ジフェンヒドラミンHCなど・全81種

☆チャップアップの特徴と効果
チャップアップは医薬部外品として3つの有効成分が入っており、その他成分を合わせて計81種の成分で構成されています。
・センブリエキス:血行促進や保湿効果など
・グリチルリチン酸:過剰皮脂分泌の抑制など
・塩酸ジフェンヒドラミン:血行促進や抗炎症効果など
有効成分によって血行促進や過剰皮脂の抑制から頭皮環境を整えることができるため、身近な毛の悩みに対応できるのが嬉しいポイントです。
その他成分では、過剰皮脂抑制のサポートでダイズエキスやドクダミエキスなどが配合、血流改善を目的にセンブリエキスを含めて20種の成分が入っています。頭皮硬化やアミノ酸補給など、配合成分が多いことから幅広く薄毛の原因にアプローチできることが人気の秘訣です。
また、AGAの原因である5αリダクターゼを抑制する目的として、オウゴンエキスやチョウジエキスなど計8種類の成分が配合されています。5αリダクターゼの抑制はジヒドロテストステロンの抑制に繋がるため、AGA対策として使えることもメリットです。
 
☆チャップアップはどんな人に向いている?
チャップアップは皮脂や乾燥など身近な原因に対応でき、さらにAGAにも対応できます。男性を悩ませる様々な原因に対応してヘアサイクル正常化を促すことができるため、世代を問わずにすべての男性にオススメな育毛剤です。
育毛剤は配合成分や効果効能が似たような記述であることからも、一般的に商品選びで迷います。そこで、最終的には人気や口コミで決めることが良くあるため、総評してチャップアップは無難な選択となりやすいです。
他の製品と比較した場合にどれも決め手に欠けるというならば、コストを踏まえてもチャップアップは強くオススメできます。
☆チャップアップをお得に購入する方法
チャップアップは定期便で安く購入することができますが、定期便にはいくつかの選択肢があります。 まず、チャップアップだけをお得に購入したいなら「2本定期便・12,000円」がお得です。2本定期便だと1本あたり6,000円で購入することができるので、大変お得な価格です。
・通常購入の年間費用:7,400円×12ヶ月=88,800円(12本)
・2本定期便の年間費用:12,000円×6ヶ月=72,000円(12本)
他にはサプリメントやシャンプーも合わせて用意したいという場合、それぞれのセットが用意されているため、単品で購入するよりもお買い得となります。

☆合わせて読みたい
◇【チャップアップは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】

2位・ポリピュアEX

通常価格 7,800円(120ml)
特典 定期コースで12%OFFの6,800円!
表示区分 医薬部外品
副作用 なし
配合成分 ニンジンエキス・センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウムなど・全20種

 
☆ポリピュアEXの特徴と効果

ポリピュアEXは医薬部外品として4つの有効成分が入っており、その他成分と合わせて計20種で構成されています。
・センブリエキス:血行促進や保湿効果など
・パントテニルエチルエーテル:細胞活性や保湿効果など
・ニンジン抽出液:血行促進や抗菌作用など
・グリチルリチン酸ジカリウム:抗炎症作用や抗アレルギー作用など
ポリピュアEXは有効成分パントテニルエチルエーテルが追加されてリニューアルしており、さらにバイオポリリン酸とバイオパップスのメカニズムが特徴です。
バイオポリリン酸やバイオパップスは酵母エキスで保湿効果があり、ナノ単位で配合成分の浸透力が高いとされています。
☆ポリピュアEXはどんな人に向いている?

ポリピュアEXは4つの有効成分から血行促進や抗菌作用で頭皮環境を整えることができ、バイオポリリン酸のメカニズムによって成分の浸透や保湿効果にも期待を持てます。
乾燥やフケなど頭皮ケアが気になる方に向いている育毛剤であり、さらに他製品との比較では浸透力という点に大きな期待があります。
☆ポリピュアEXをお得に購入する方法

ポリピュアEXは定期購入でお得に購入することができますが、こちらもプランがいくつか用意されています。 ポリピュアEXだけを購入したいという方は、「定期コース・6,800円」がオススメです。
・通常購入の年間費用:7,800円×12ヶ月=93,600円
・定期コース:6,800円×12ヶ月=81,600円
また、シャンプーやサプリメントのセットもそれぞれを単品で買い揃えるよりお買い得なので、そちらも合わせて検討してみてくださいね。
☆合わせて読みたい
◇【ポリピュアEXは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】

3位・BUBKA

通常価格  16,200円(120ml)
特典 定期初回だけ5,980円・2回目以降は11,664円!
表示区分  医薬部外品
副作用  なし
配合成分  センブリエキス・グリチルリチン酸ジカリウム・クジン抽出液・など全74種

☆BUBKAの特徴と効果

BUBKAは医薬部外品として4つの有効成分が入っており、その他成分と合わせて計74種で構成されています。
・クジン抽出液:血行促進や細胞活性など
・酢酸dl-αトコフェロール:血行促進や抗酸化作用など
・グリチルリチン酸2k:抗炎症作用など
・センブリエキス:血行促進や保湿効果など
BUBKAは安定の有効成分をビワ葉エキスやローマカミツレエキスなど多種の成分からサポートしており、特に注目度の高い成分はM-034です。 M-034は昆布など海藻類にたくさん含まれている成分で、栄養の浸透や頭皮の潤いなどから育毛促進や毛髪成長などへアプローチできます。 含まれている成分が多いことから自然と期待値が高くなる育毛剤です。
☆BUBKAはどんな人に向いている?

BUBKAは4つの有効成分とM-034をベースとして、多岐に渡る成分から頭皮環境を万全に整えていきたい方にオススメです。 配合成分が多いと様々な作用を得やすいというシンプルな考え方では、チャップアップと並んでBUBKAは検討しやすい育毛剤となります。 また、BUBKAも丁子エキスや地黄エキスなどから5αリダクターゼの抑制が見込めるため、AGA対策の育毛剤としてもオススメです。
☆BUBKAをお得に購入する方法

BUBKAは定期購入でお得に購入することができ、定期購入の初回だけは破格な割引となっています。
・通常購入の年間費用:16,200円×12ヶ月=194,400円
・定期購入の年間費用:初回5,980円+11,664円×11ヶ月=128,304円
他製品に比べるとBUBKAは定期購入の割引率が高いので、継続性を考えると絶対に定期購入を抑えておきたいところです。
☆合わせて読みたい
◇【BUBUKAは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】

4位・スカルプ5.0C

通常価格 15,000円(80ml)
特典 定期初回4980円・2回目以降は10,000円!
表示区分 化粧品
副作用 なし
配合成分 センブリエキス・グリチルリチン酸2k・オクタペプチド-2など・全47種

☆スカルプ5.0Cの特徴と効果
スカルプ5.0Cは化粧品として4つの注目成分がはいっており、計47種で構成されています。
・センブリエキス:血行促進や保湿効果など
・グリチルリチン酸2k:抗炎症作用など
・オクタペプチド-2:頭皮環境を整える
・オリゴペプチド:毛髪環境を整える
スカルプ5.0Cは化粧品区分の育毛剤ですが、センブリエキスやグリチルリチン酸2kなどお馴染みの成分が配合されており、何よりもキャピキシル5%配合という大きな特徴があります。 キャピキシルは「アセチルテトラペプチド-3」と「アカツメクサ花エキス」を掛け合わせた成分で、ミノキシジル(血管拡張や血流改善)の3倍の効果があると称されている注目成分です。 頭皮の血流悪化など良くある抜け毛の原因に対してアプローチしやすい育毛剤なので、化粧品だからといって侮れない強者です。
☆スカルプ5.0Cはどんな人に向いている?
スカルプ5.0Cはキャピキシルに期待を抱きたいところなので、発毛剤リアップシリーズの副作用を懸念している方にオススメです。 ミノキシジルを超えるという情報も多く散見されるため、副作用なしで同じような効果を得られるのであれば最高の結果となります。
☆スカルプ5.0Cをお得に購入する方法

スカルプ5.0Cも定期購入がお得です。
・通常購入の年間費用:15,000円×12ヶ月=180,000円
・定期購入の年間費用:初回4,980円+10,000円×11ヶ月=114,980円
定期購入は初回限定として定期購入価格の半額4,980円となっており、その後は通常15,000円のところが10,000円で購入することができます。 他製品と同じようにランニングコストを考えると、絶対に定期購入を抑えておきたいところです。
☆合わせて読みたい
◇【スカルプ5.0Cは効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】

5位・イクオス

通常価格 12,800円(120ml)
特典 定期コースなら5,980円!
表示区分 医薬部外品
副作用 なし
配合成分 グリチルリチン酸ジカリウム・塩酸ジフェンヒドラミン・センブリエキスなど・全69種

☆イクオスの特徴と効果
イクオスは医薬部外品として3つの有効成分が入っており、その他成分を合わせて計69種で構成されています。
・センブリエキス:血行促進や保湿効果など
・グリチルリチン酸2k:抗炎症作用など
・ジフェンヒドラミンHC:抗アレルギー作用や抗炎症作用など
イクオスは有効成分によってフケやカユミなどを抑えることができ、保湿や血行促進に作用する多種成分からヘアサイクルを促すことができます。 また、イクオスはオウゴンエキスやダイズエキスなど5αリダクターゼ抑制に作用する成分が含まれているので、こちらもAGA対策としては検討の余地があります。 配合成分が多いことからもチャップアップやBUBKAに近い育毛剤です。
☆イクオスはどんな人に向いている?
イクオスは5αリダクターゼ抑制と関連因子をブロックするというのが特徴でもあるため、AGAの方にオススメな育毛剤です。 また、AGA対策と合わせてセンブリエキスなど定番成分が配合されているので、男性の抜け毛にバランスよく対応できることがメリットです。 成分や効果は十分に魅力的であり、さらに定期購入からランニングコストを安く抑えることができます。 市場動向では影を潜めている雰囲気がありますが、ランニングコストを踏まえるとチャップアップに並ぶほどの育毛剤です。
☆イクオスをお得に購入する方法
イクオスも定期購入が用意されており、いくつかのプランがあります。
・通常購入の年間費用:12,800円×12ヶ月=153,600円
・定期購入の年間費用:5,980円×12ヶ月=71,760円
オススメなのは「イクオス定期コース」です。 イクオス定期コースでは、2回目以降もずっと5,980円で購入できるため、男性編で紹介した育毛剤の中で最もランニングコストが安い商品です。
シャントリ白ボトル
☆合わせて読みたい
◇【IQOS(イクオス)は効果があるの?【成分・口コミ・副作用・値段・特徴から解説してみた】

迷ったらチャップアップから始めよう!

ここで紹介している育毛剤と発毛剤だけでも12種類があり、それぞれを比較検討しても「まだ決めかねる・・・」という方もおられると思います。 ・男性の育毛剤:総合的にチャップアップが魅力的 ・女性の育毛剤:総合的にベルタ育毛剤が魅力的 ランキングどおり、男性は「チャップアップ」、女性は「ベルタ育毛剤」がやっぱり魅力的です。 もう一度、トップ製品の内容をおさらいしておきましょう。

■チャップアップの総評

チャップアップは医薬部外品という安心感に加えて配合成分の種類が多いことが特徴です。多岐に渡る成分では、センブリエキスやグリチルリチン酸などから身近な抜け毛の原因でもある血流悪化や乾燥などに対応することができ、さらに男性の大きな悩みでもあるAGA対策としても有用です。 一般的にこれらのポイントからチャップアップを選ぶ方が多いですが、何気にランニングコストが安いことも大きな魅力となっています。通常価格は7,400円と他より安い価格設定ですが、2本定期便だと1本あたりのコストが6,000円まで下がります。 ランニングコストが安い上に配合成分も充実しており、総評して非常に選びやすい育毛剤です。男性の育毛剤で迷った時はチャップアップで決まりです。