コンセプト

私たちは、いま歴史的な出来事の只中にいて
今しか作れないものが、きっとある。

俳句は、たった17音で、「今」を切り取り、
鮮やかなままに残すことができます。

作るときは、
自分の「今」を見つめ、深く向き合う。

取り出された言葉は、
その言葉以上の世界を、他の誰かに伝える。

形となった一人一人の「今」は、
未来の大事な資産となる。

俳句で、いろいろな人たちと「今」を見つめ、
「今」を残していきたいと思っています。

俳句ワークショップ #06

未定(2020年10月予定)
オンライン開催

・前半で俳句の基本や作り方をお伝えし、後半で実作していただきます。
・経験は不問です。未経験でも、俳人(講師)のアドバイスや指導が受けられます。
・紙とペン(お持ちの方は、国語辞典と歳時記)をご用意ください。
・一人でも、どなたかと一緒でも参加いただけます。お子様も。
 ※プライベートやグループでの実施をご希望の場合、別途ご相談ください。
・定員:3~5人くらい
・参加費:1,500円/人


※お申込みされた方に、Zoomリンクとお支払い方法をご連絡します。
※このワークショップで作られた俳句(1人1句)は、この活動の中で使用させていただくことを予めご了承ください。

主催者:今尾 江美子
Supported by GEMSTONE / K-three

これまでの記録

暦の上では秋 2020年8月10日(月・祝)

俳句ワークショップ #05

暦の上では秋ですが、東京は「そよりともせいで秋たつ事かいの 鬼貫」に深くうなずきたくなる日でした。参加者は、東京、神奈川、沖縄から。少しずつ違う場所の、少しずつ違う季節。

仲夏 2020年6月6日(土)

俳句ワークショップ #04

仙台とロンドンから参加してくれました。それぞれの季節が、空間を超えて共有されました。このWSの面白さが、俳句をつくる「プロセス」に着目しているところにあることも、参加者の声で気づかされました。

初夏 2020年5月23日(土)

俳句ワークショップ #03

今、自分の心はどこを向いているのか、何に動くのか、それを見つめる。離れている家族、一緒にいる家族に心を寄せ、それにつながる自分の心の声を聴く。そこから生まれた作品たちです。

 

note

初夏 2020年5月5日(火)

俳句ワークショップ #02

普段なら、もっと町が子供で賑わうはずの子供の日。大人は、そんな子供たちの声や姿から、生き生きとしたエネルギーを受け取る日かもしれません。けれど、今年は静まり返っている。窓の外から聞こえてくるはずの元気な声はない。でも、そこに吹く風は、確実に明るさを増していて、それは希望の色にも感じられる。子供はきっと、家の中で元気に遊び、着々と成長している。どれもこれも、今年の今日しか読めない、尊い作品です。

 

note

晩春 2020年4月29日(水)

俳句ワークショップ #01 (トライアル)

外出自粛で会えない人を想ったり、空がいつもより広く感じたり、子供の成長の早さに驚かされたり、家にいて心は羽ばたく自分を感じていたり。ここに、それぞれのかけがえのない「今」が刻まれました。俳句の読み方は自由。ここから、どんな「今」を受け取るでしょうか?

 

note