自分に合ったハイドロキノン配合の
化粧品選び

ハイドロキノン配合の化粧品はシミ消し効果が期待出来るので、シミを薄くしたい方に有効です。

紫外線が原因でできてしまったシミを消すために力を発揮してくれるので、毎日のスキンケアで上手にシミ対策ができます!

ハイドロキノン配合の化粧品選びなら


当サイトではハイドロキノン配合化粧品の口コミで評価が高かったものをランキングで紹介しシェアしますね。

ハイドロキノン化粧品ランキング

シミの目的に合わせた
化粧品の上手な3つの選び方!

ハイドロキノン配合の化粧品選びでは自分のシミのタイプに合ったものを探すことが大切なので

  1. 範囲の広さ
  2. シミの原因

なども考えて美白ケアを行いましょう

ハイドロキノンは細かいシミを消すのに役立つ成分なので、小さなシミで悩んでいる人におすすめ

選び方

1

ハイドロキノンを安定化させた製品

ハイドロキノンはデリケートな成分なので、高温多湿の場所に置くと分離してしまったり、空気に触れると酸化して威力が弱くなってしまいます。

有効成分を安定化させて長期間しっかり使えるものを選ぶことが大切

口コミの高い製品やランキングで人気のある製品は3か月くらい続けて使えて保存も比較的簡単なものが多いので、一般家庭でも安心して使用できます。

どの製品でも開封後は冷蔵庫で保存する工夫などでハイドロキノンの効果を維持できます。

選び方

2

効果を実感できる濃度で低刺激

ハイドロキノン配合の化粧品には様々な種類があり配合されている濃度が異なります。

美容皮膚科など専門医のいるクリニックでは5%以上の濃度のクリームが使われていますが、市販されている2%くらいの低濃度のものでも効果を感じられます。

ハイドロキノンは刺激の強い強力な成分なので、最初は低濃度の製品を選んで少しずつ肌を慣れさせるほうが優しくシミ対策ができます。

濃度が低いと感じたら重ね塗りをすれば倍の濃度になるので、化粧品選びのときは濃度を確認しましょう。

選び方

3

自分の肌に合うものを試す

ハイドロキノンは肌質によっては

  • 塗った部分が赤くなってしまったり
  • かさぶたのように乾燥したり肌荒れを起こしたり

もあるので本格的に始める前にサンプル・トライアルセットを使って試してみるのが理想的

ハイドロキノン配合の化粧品選びの際は、

  1. お試しセットの有無や返金保証について
  2. 本当に自分の肌に合っているか

濃度が濃ければ効果が大きいというわけではなく、安定性や保存性の良さもポイントになるので、お試しトライアル制度を活用して最適なハイドロキノン配合化粧品を選びましょう。

選び方

1

ハイドロキノンを安定化させた製品

ハイドロキノンはデリケートな成分なので、高温多湿の場所に置くと分離してしまったり、空気に触れると酸化して威力が弱くなってしまいます。

有効成分を安定化させて長期間しっかり使えるものを選ぶことが大切

口コミの高い製品やランキングで人気のある製品は3か月くらい続けて使えて保存も比較的簡単なものが多いので、一般家庭でも安心して使用できます。

どの製品でも開封後は冷蔵庫で保存する工夫などでハイドロキノンの効果を維持できます。

ハイドロキノン配合
化粧品ランキング

第1位

ビーグレン ホワイトケア

◆◆ビーグレン ホワイトケアの特徴◆◆

色々な化粧品でシミ解消を目指してきたが駄目だった方に試してほしいのがビーグレン ホワイトケア

ビーグレン独自のテクノロジーでハイドロキノンの課題を解決。肌トラブルの元まで届き解消に近づきます!

価格 お試し1800円
評価 5 ★★★★★
備考 何を使っても効果がなかった人へハイドロキノン配合化粧品

----------------------------------------------
◇ビーグレン ホワイトケアの総評
お試しトライアルは1800円送料無料で試す事が出来て、+365日返金保証もあるので安心して試す事が可能!まず1週間お試しの価値あり
----------------------------------------------

公式ページ

第2位

アンプルール ラグジュアリー

◆◆アンプルール ラグジュアリーの特徴◆◆

シミ肝斑治療センター併設の美容皮膚科総院長が開発・監修したスキンケアで、美白成分ハイドロキノンを安定化させ化粧品に配合。

乾燥しやすいというイメージを払拭する保湿力でシミとさよなら目指します!

価格 お試し1890円
評価 4 ★★★★☆
備考 皮膚科医開発のドクターズコスメがアンプルール


----------------------------------------------
◇アンプルール ラグジュアリーの総評
たっぷりと試せる6500円相当が1890円送料無料にて一人一個限定で試す事が出来る嬉しい特典が付いています。
----------------------------------------------

公式ページ

第3位

ブライトニングクリスタル

◆◆ブライトニングクリスタルの特徴◆◆
皮膚の専門家が監修をした一点の曇りのない素肌へ導くブライトニングクリスタル

合成着色料不使用、鉱物油不使用、合成香料不使用のハイドロキノン配合クリームです。


価格 4860円
評価 4 ★★★★☆
備考 純ハイドロキノン5%配合



----------------------------------------------
◇ブライトニングクリスタルの総評
安定性を高めているので常温での保存も可能に!夜スキンケアの最後に気になる部分に塗るだけとなっています。
----------------------------------------------

公式ページ

ハイドロキノンの
美白効果を解説

そもそもハイドロキノンとは?

そもそも医薬品として扱われていた、取り扱いに注意すべきハイドロキノンは天然物質です。
普段から人が口にする果物や飲み物に含まれています。

果物だとアントシアニンが豊富なイチゴやブルーベリー、穀物なら小麦、飲み物ならコーヒーにすら含まれている身近にある存在です。

美白効果が強く、他の成分と比較すると桁が違うほどに肌を白くする作用が目立ちますが、メリットが有り過ぎる変わりに単体で使用する場合は副作用の注意が必要です。

美白効果①
酸化酵素チロシナーゼの働きを抑える

酸化酵素であるチロシナーゼはモノフェノールオキシダーゼ若しくはフェノラーゼとも呼びますが、チロシン酸化酵素に該当します。

 発生する原因は紫外線やストレス、刺激や大気汚染ですが、それらの原因が出てしまうと、チロシナーゼが生産されてしまうため注意すべきです。

チロシナーゼは他の美白効果ある成分の働きを妨害ハイドロキノンを使えば疎外作用が成立して、シミや色素沈着を抑制する効果を発揮するのが強みで、基本的に他の美白成分はチロシナーゼに対しては特効を示しにくいと言えます。
salon image

美白効果②
メラニン生成の司令塔である
メラノサイトを減少

人の皮膚が黒くなる若しくは小麦色よりになる場合、必ずメラニン生成の司令塔であるメラノサイトが関与します。

言い方を変えると、メラノサイトがたくさん働いてしまった場合、シミや色素沈着がはっきりと目立つ様になるのが問題点です。

ハイドロキノンはメラノサイトの働きに制限を加えて減少させるので、メラニンが表皮に浮かびにくくなったり、それ以上はシミや色素沈着を成立させないということになるでしょう。

しかし、可能な事と不可能な事はありますので、過剰な摩擦や過度の紫外線の影響はブロック出来ない特徴があります。


salon image

美白効果③
還元作用

還元作用とは酸化した皮膚を還元させて、元の状態に戻すことを言います。


ハイドロキノンは美白作用の他に還元させる力もあるため、活性酸素の働きかけを抑制しながらサビを防ぐのは強みです。

実際に活性酸素はメラノサイトを刺激するため、結果的にシミや色素沈着を誘発させてしまいます。

salon image

効果が強いハイドロキノンには
副作用が出る場合があります

ハイドロキノンは本来、医療の世界でしか使ってはいけない成分。その理由は幾つかありますが、効果が強すぎるという理由で制限がかかっていたのは否定できません。

最近になってから規制が緩くなり化粧品メーカーが使える時代になりました

しかし、肌に合わない場合は副作用が発生します。

敏感肌の人や刺激に抵抗力が弱めな方は避けた方が無難でしょう。

副作用①
赤みや炎症

天然原料から抽出された成分、ハイドロキノンのデメリットは刺激が強いことです。

基本的に化粧水やクリームに配合されている濃度は、小数点単位から1%~%2ぐらいなります。しかし、2%でも濃度は高い方と言えますがそれだけ刺激が強い成分。また微量で肌を白くさせる力がありますから、化粧品に加える量は少なくて良いと言えるでしょう。

副作用②
色素沈着(シミ)の悪化

ハイドロキノンは表裏一体の性質を持ちます。表は美白作用や活性酸素を還元させますが、裏は皮膚を黄ばませたり茶褐色にする、シミを作るなどの要因になるります。

デメリットが発生するには条件がありますが、ハイドロキノン入り化粧品を肌に付けた状態で、紫外線に浴びると表から裏へ切り替わります。

副作用③
白班

白斑とは肌の中にある色素細胞、メラノサイトが急激に減少する、若しくは消滅してしまった時に成立させる一種の皮膚。

ハイドロキノンは白斑の原因になりますが

メラノサイトの働きを抑制させる力が非常に強く、消滅まで至らせます。使い続けると完全に色素細胞が働かなくなり、不自然な様子を示すでしょう。

予防策としてはハイドロキノンの効果により、肌が不自然に白くなった場合は使用を止めることです。

ハイドロキノン化粧品は
正しく使いましょう

ハイドロキノン化粧品は正しく使うべきです。

誤った使い方をしてしまうと、逆効果になりますから気をつける必要があります。

肌に付けたら紫外線や太陽光を浴びない、不衛生な環境の中にいないようにする必要があります。

副作用が出てしまった場合は
使用を中止し医師に相談

ハイドロキノン化粧品は刺激性の強い性質があるので、白斑以外にもかゆみや痛みが生じることがあります。
そのような症状を自覚しているにも関わらず、軽視して使用を継続すると褐色に皮膚の色の変性につながる可能性があります。

※このような症状に遭遇したら使用は中止する必要があります


ハイドロキノン化粧品の使用を中止しても、痛みやかゆみなどの刺激症状がおさまらない場合には、皮膚科を受診してお医者さんに相談するようにしましょう。

安全に使用するために
やるべき3つの事

ハイドロキノン化粧品は美白効果が高いの反面、人によっては刺激症状をきたす可能性があります。

そこでハイドロキノン化粧品には使う前にやるべき3つの事があります。

①パッチテストを必ず行う

まず使用を開始する前に必ずパッチテストを行ってください。

パッチテストで赤みが出たりひりひり痛みを感じるようであれば、使用は控えてください。


②塗るのは夜間にする事

ハイドロキノン化粧品の使用する際には徹底的な日焼け対策を忘れないようにしましょう。

日中外出するときにはサングラスや日除けの帽子などをかぶるように注意してください。

メラニン色素の生成が抑制された状態になるため、肌が紫外線によるダメージをダイレクトに受けてしまい、逆に肌の老化を早めてしまう恐れがあるからです。


③変色したら使用を中止

ハイドロキノン化粧品はメラニン色素の生成と還元作用の両面を有する点で、優れた美白作用を持っているのが特徴。
しかし効果が強いだけに常に副作用には気をつける必要があります。 

継続して使用していると美白効果が過剰に出てしまい、白斑を生じてしまうことがあります。
このように色素が抜ける状態がわずかでも観察されるようであれば、速やかに使用を中止するようにしてください。

ハイドロキノン化粧品
使用前の注意点まとめ

ハイドロキノン化粧品を使う時は

  1. 事前のパッチテスト
  2. 夜間に塗る
  3. 刺激作用に注意する

以上の使う前にやるべき3つの事を忘れないようにしてください。

シミの原因を知って
適切なケアをしていきましょう

原因①紫外線

シミが発生する原因の中で最も有名なのが紫外線です。紫外線を浴びると肌のメラノサイトが刺激され、メラニン色素が活性化してシミを作り出してしまいます。

紫外線には肌を老化させる原因にもなりますので注意が必要です。

原因②遺伝

シミやソバカスには遺伝が原因となっている場合があります。基本的には生活スタイルやスキンケアなどが原因となっている場合が殆どですが

シミができやすい肌質を遺伝によって受け継いでいる場合も少なくありません。

原因③やけど、ニキビ、かぶれなどの炎症

やけどやニキビ、かぶれ等が原因となってシミになってしまうことがあります。例えば肌に合わないスキンケア商品や薬を使用すると、肌を異物から守ろうと身体がメラニン色素を大量に生成し始めてしまいます。

その部分が黒く色素沈着を起こしてしまうのです。

ニキビで炎症を起こした後、黒いシミが残るのも実はこの為です。


範囲が広かったり色が濃かったりすることもあるので厄介なものですが、これらは肌の代謝によって除々に目立ちにくくなります。

原因④ホルモンバランスの乱れ

40代頃になると、両頬や眼窩付近に左右対称にシミが現れることがあります。
いわゆる肝斑と呼ばれるもので、特に女性に多く見られる症状です。

肝斑はホルモンバランスが乱れることが原因で起こり、まれに妊娠中や出産後の女性にも現れることがあります。


肝斑はホルモンバランスを整えることで改善することが出来ます。

単にホルモンバランスを整えただけでは肌に残ったメラニン色素を抑えることは出来ませんので、同時に肌のターンオーバーを促すよう、身体を温めて代謝力を高めることが大切です。

自分でも出来るシミ対策を行っていこう

肌にできてしまうシミは、様々なことが原因になっています。

ここではすぐに出来る対策を紹介しておきます!

対策①

正しい生活習慣の徹底とストレスのない生活

意外な所で生活習慣が影響してしまうこともありますし、ストレスによるホルモンバランスの崩れも実は関係しています。

生活習慣の見直しをすることから始め、ストレスのない生活を心がけていくようにしていきましょう。

食生活でシミを予防できるビタミンCを摂取するようにバランスの良い食事をとっていくことも、内側からのケアになりますので食事のバランスも考えていくことが重要です。

睡眠をきちんととることもお肌のために有効ですよ。

対策②

紫外線対策

紫外線対策をしていくことも大事です。日焼け止めを使う事で紫外線に対抗していくことができますが、夏場だけではなくできれば一年を通して使っていくようにしましょう。

  • 帽子をかぶったり
  • 日傘を使う
  • UVカット効果のある衣服

などの外的な所でも取り入れていくことがおすすめ

日々の心がけで、シミの原因となる紫外線対策を行っていくことができます。

対策③

食材・サプリメント

シミを予防する、蓄積させないためには内側からのアプローチも重要です。

特に有効とされている栄養素としてビタミンC、また抗酸化作用のあるビタミンEなどがあります。

また、食事で十分に摂取が出来ない場合にサプリも有効です。

手軽に毎日続けられますし、内側からのアプローチが可能です。おすすめはロスミンローヤルとかが評判高いです。

対策④

ハイドロキノン配合化粧品を使う

美白化粧品にも色々な成分が配合されています。
アルブチン、ハトムギエキス、ビタミンC誘導体はメラニン色素を増やさないということで効果がありますが、

漂白作用まで求めるのであればハイドロキノンです。


化粧品にも配合されているものがありますので、より高い効果を求めるようでしたら使ってみましょう。

美白になるコツは
毎日の美白ケアの工夫

続けられる価格帯

美白になるコツとして、10~20代と早い年代から美白化粧品を使うのがおすすめですが、無理なく使い続けることができる価格のものを選ぶことが重要。

高価な美白アイテムには効果の高い美白成分が多く含まれていますが、価格が高すぎると使用量が少なくなる傾向があります。

これにより充分に効果が得られなくことが考えられます。

高価な美白ケアアイテムを少しずつ使うより、手頃な美白アイテムをたっぷりと使用するほうが美白なるコツに繋がります。

毎日使用するのが楽なアイテム

楽に使用することができるアイテムを取り入れるのがおすすめ。

シミ予防を行い美白になるには、UV効果のある化粧下地やファンデーションなどを使うのが簡単でおすすめ。

シミを薄くする美白ケアにはビタミンC誘導体やプラセンタエキスなどが配合された化粧水や美容液を使うのが手軽です。

 
特にビタミンC誘導体はシミ予防効果もあるので、毎日の美白ケアに取り入れることで、予防と改善を有効に進めていくことが期待できます。

使用感がいいもの

美白になるコツは美白成分配合の化粧品を毎日使い続けることですが、それには使用感が良いものを選ぶことが重要です。

いくら美白効果が高い化粧水や美容液でも、自分の肌質にあっていないものでは

  • 肌の赤み
  • 腫れ
  • かゆみ


などのトラブルが起こる可能性があるからです。

使用感が悪いものを毎日無理に使い続けていると、ストレスに繋がる場合もあるので注意しましょう。 

毎日無理なく美白ケアを続けていくためには、購入する前に試供品で試してみたり、トライアルセットを購入するのがおすすめですよ。

ハイドロキノン化粧品が
効果的なシミの種類

news image

老人性色素斑

老人性色素斑は日光性黒子とも呼ばれ、長い期間にわたって紫外線にさらされることにより発生。

シミの大きさや形、濃さなどは人ごとに異なるため他のシミと判別するのが難しいとされています。

特に比較的薄い色の老人性色素斑については、雀卵斑と判別するのが難しいため専門家による診断が必要です。

ハイドロキノン化粧品は、還元作用によりメラニン色素を薄くする働きがあります。そのため老人性色素斑も効くシミに分類。
news image

肝斑

肝斑は頬骨のあたりにできる淡い色の褐色斑です。肝斑は妊娠中や出産後の女性によく現れる症状であるため、女性ホルモンがその発生に関与していると考えられていますが、はっきりとした発生のメカニズムは未だ解明されていません。

閉経した女性は、女性ホルモンが減少するため症状が改善することが知られています。

肝斑もハイドロキノン化粧品が効くシミの一つ。出来てしまったシミの色を薄くする効果があるため、ハイドロキノン化粧品を継続使用することでほとんど目立たない状態にすることができます。
news image

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着はニキビや虫刺され、切り傷などが原因で、皮膚の表面に炎症が起こったときに発生するシミです。炎症による刺激でメラニンが大量に生産されます。

 ほとんどは皮膚のターンオーバーによって体外に排出されますが、皮膚の表面にメラニンが残って沈殿してしまうこともあります。これが炎症性色素沈着

 クレンジングや洗顔などで、肌を強くこすりすぎて炎症性色素沈着が起こることもあるので要注意です。

炎症性色素沈着もまた、ハイドロキノン化粧品が効くシミの一つ
news image

炎症性色素沈着

炎症性色素沈着はニキビや虫刺され、切り傷などが原因で、皮膚の表面に炎症が起こったときに発生するシミです。炎症による刺激でメラニンが大量に生産されます。

 ほとんどは皮膚のターンオーバーによって体外に排出されますが、皮膚の表面にメラニンが残って沈殿してしまうこともあります。これが炎症性色素沈着

 クレンジングや洗顔などで、肌を強くこすりすぎて炎症性色素沈着が起こることもあるので要注意です。

炎症性色素沈着もまた、ハイドロキノン化粧品が効くシミの一つ

ハイドロキノンに関する
Q&Aで成分を詳しく知る

Q
Q.ハイドロキノンが他の美白成分と違う所は?
A

A.他の成分はシミの予防に対しての効果に優れているのに対して、ハイドロキノンは既にできてしまったシミ、くすみなどに対しても効果が期待できると言う点が挙げられます。

加えてこれ以外の成分の場合、あくまでも一般的なシミに対してのみ効果的だとされているのに対し、ハイドロキノンは一般のシミとは少し異なるシミ、肝斑に対しての効果も認められているのが違いであり特徴です。

ただこうした差良い作用が期待できる分、他の成分よりも刺激が高めになりやすいと言うのも違いとして挙げられます。

Q
Q.白斑がでてくるというのは本当?
A

A.ハイドロキノンの成分は他の成分に比べると肌の刺激になることも多く、それ故、過去にはこれを利用していた人に白斑が出現すると言うケースも発生しています。

白斑は突然、肌に白い斑模様が出てきてしまうことで、この成分の強い還元作用により全身のメラノサイトが不活性化してしまうのが主な原因とされています。

 よってハイドロキノンの成分の安全性を心配される方もいるかもしれませんが、これはあくまでも副作用リスクのひとつであると認識しておくのが適切。特に成分濃度が濃い場合は、このリスクが高くなりやすい傾向にあるので、高濃度のものを避けるのが望ましいです。

Q
Q.薬局などで購入できますか?
A

A.真っ先に薬局や市販の店舗の存在を思い浮かべる人も多いかもしれません。しかし現状、効果が期待できるくらいの成分濃度のものが販売されているのは、一部の薬局や百貨店などに限られています。ですから手っ取り早く、確実に入手したいのであれば通販の利用が最適。

ただし通販においては、使用も含めて自己責任ですから濃度や他の含有成分などには注意することが求められます。副作用や危険性などを心配される方は、皮膚科から処方してもらうのも一つ方法です。

Q
Q.ハイドロキノンは妊娠中などは使えないの?
A

A.シミのひとつ、肝斑は女性ホルモンの影響を受けやすいので、妊娠したことで急にこれが出てくると言うのも少なくはありません。そのためハイドロキノンを使って対策をしたいと思う人も多いかもしれませんが結論から言うと使用は避けた方が良いです。

特に高濃度のものに関しては、現に商品説明に妊娠中の使用は避ける旨が記載されている場合がほとんどなので、それに従って下さい。また低濃度のものでも、普段とは体もそして肌の状態も大きく異なっている妊娠中においては、どのような現象が起こり得るかは想定できないことです。
そのため利用しない方が安全だと考えられます。

Q
Q.ハイドロキノンが他の美白成分と違う所は?
A

A.他の成分はシミの予防に対しての効果に優れているのに対して、ハイドロキノンは既にできてしまったシミ、くすみなどに対しても効果が期待できると言う点が挙げられます。

加えてこれ以外の成分の場合、あくまでも一般的なシミに対してのみ効果的だとされているのに対し、ハイドロキノンは一般のシミとは少し異なるシミ、肝斑に対しての効果も認められているのが違いであり特徴です。

ただこうした差良い作用が期待できる分、他の成分よりも刺激が高めになりやすいと言うのも違いとして挙げられます。

ハイドロキノン配合の
化粧品選び まとめ

お試し品だと安価で試す事が出来るので、ぜひご自身の肌で試してみてくださいね^^