薄い肌を厚くする方法!スキンケアで改善できる?

薄い肌は、トラブルを起こしやすい傾向があります。敏感肌や乾燥肌、シワやたるみ、赤ら顔なども顔の皮膚の薄さが、関係しています。そんな薄い肌を厚くする方法を紹介します。スキンケアで、改善できるのでしょうか?

薄い肌はトラブルのもと!こんな症状に要注意!

肌が薄いために起きる症状には、主に以下のものがあります。

・外的な刺激に弱い(敏感肌)
・肌が乾燥しやすい(乾燥肌)
・紫外線に弱い
・シワができやすい
・肌がたるみやすい
・ハリがない
・赤ら顔
・クマができやすい

皮膚が薄いとキメが細かく、透明感があるように見えるメリットもあります。

しかし肌が薄いということはメリットよりも、肌トラブルの危険性のほうが、圧倒的に多いです。



肌が薄いとはどんな状態なのか?

肌が薄いと言っても、実際に肌の厚さを測定している人は、いないのではないでしょうか。

肌が敏感だとか乾燥しやすい、毛細血管が透けて見える赤ら顔だから、肌が薄いと結論づけているのでしょう。




人間の皮膚は約2mmしかなく、最外部の角層は0.02~0.03mmしかありません。

人によっては角層の厚みを指して、肌が薄いと言ってるようです。

しかし元から0.02~0.03mmしかない角層が、暑いか薄いかなんて誤差の範囲です。



実質的には肌の厚さと言うよりも、角層のバリア機能が弱くなっていることが問題です。

つまり角層が薄くなることで、肌のバリア機能が低下して、弱い肌になってると考えてください。



肌が薄くなる原因とは?

肌が薄くなる原因は、主に以下の3つです。

・間違ったスキンケア
・生まれつき(遺伝など)
・加齢による老化

間違ったスキンケアとは、洗顔のし過ぎやピーリングなどです。

ゴシゴシと力を入れて肌をこすると、角質が剥がれ落ちてしまいます。

洗顔は1日2回までとして、洗顔料をよく泡立てて、泡のクッションで優しく洗ってください。


ピーリングは文字通り、皮膚の表面の角質を剥がす行為です。

ピーリングをしすぎれば、肌が薄くなるのは当たり前です。


まずは洗顔やピーリングなど、肌が薄くなる行為を見直しましょう。

間違ったスキンケアを見直せば、自然治癒力で肌が厚くなる(元の厚さに戻る)ことが期待できます。


生まれつきと老化に関しては、肌を厚くするのは難しいかもしれません。

しかし肌を厚くできなくても、角層のバリア機能を強化して、健やかな肌を目指すことはできます。




クレンジング・洗顔を見直そう!

肌を薄くする原因の中で、一番厄介なのがクレンジングと洗顔です。

女性であれば、ほぼ毎日メイクをするのが当たり前!

メイク残りも肌に悪いので、キレイに落とさなければなりません。

汚れをキレイに落とそうとしてしっかり洗えば、肌が薄くなるというジレンマに陥ります。


そこでいま女性の間ではやっているのが、ミラブルというシャワーヘッドです!
ここをクリックして表示したいテキストを入力してください。テキストは「右寄せ」「中央寄せ」「左寄せ」といった整列方向、「太字」「斜体」「下線」「取り消し線」、「文字サイズ」「文字色」「文字の背景色」など細かく編集することができます。

肌を厚くするスキンケアとは?

肌を厚くするというのは、皮膚の表面の角層を整えて、バリア機能を強化することです。

バリア機能を強化するには、肌の保湿がかかせません。

角層は乾燥すると剥がれやすくなり、バリア機能が低下します。



私が試した中で特に保湿力が高く、肌を厚くするのにいいと思ったシロメルという化粧水を紹介します。
シロメルは赤ら顔ケア用の化粧水というコンセプトで、販売されています。

赤ら顔ケア用のコスメって、珍しいなと思って調べてみると、高保湿の化粧水だとわかりました。

赤ら顔の原因も、肌が薄いことですから。


シロメルを実際に使ってみると、その保湿力の高さに驚きます。

普通は化粧水を付けた後は、乳液やクリームを付けないと、肌の潤いはキープできません。

しかしシロメルは乳液やクリームなしでもいいくらい、保湿力が高いんですよね。


赤ら顔に関しては、徐々に赤みが引いていく感じでした。

シロメルの口コミでは、使ってすぐに赤ら顔に効果があったという人もいるので、個人差があるのでしょう。

赤ら顔が良くなってくるということは、肌が厚くなってきたということかもしれません。


シロメルの詳細は、下のボタンから公式サイトに移動して確認できます。

肌を厚くするには生活習慣も大事!

薄い肌を厚くするには、スキンケアだけではなく、生活習慣も大事です。

生活習慣の中で特に大事な、食事、睡眠、運動の3つについてお話します。



食事は、栄養のバランスが大事です。

5大栄養素と言われている、炭水化物、脂質、タンパク質、ミネラル、ビタミンをバランス良く摂取してください。

5大栄養素の中で、肌を厚くするのに特に大事なのがタンパク質です。

タンパク質は、肌を作る材料になります。

私の場合は肉よりも、大豆のほうが相性がいいみたいで、毎日納豆を食べています。

大豆にはイソフラボンという、女性に嬉しい栄養が含まれているのが、関係しているかもしれません。



食事でどんなに栄養をとっても、きちんと睡眠を取らなければ意味がありません。

なぜなら人間の体の細胞は、寝ている間に修復されるからです。

肌を厚くするには、寝ている間に肌細胞が修復されなければいけません。

睡眠は時間よりも、質が大事だということが、最近の研究でわかってきました。

質のいい睡眠を取るには、朝起きたときに太陽の光を浴びて、体内時計をリセットすることです。

朝に体内時計をリセットすれば、夜には自然と眠くなって、質のいい睡眠が取れます。



運動を適度にすることで、血行が促進されます。

血行が促進されれば、肌の細胞にも酸素や栄養が、きちんと行き渡ります。

また運動をすることで、成長ホルモンの分泌も良くなります。

運動をして適度に疲れると、夜もぐっすり眠れるようになります。