小牧市の蜂の巣駆除・スズメバチ駆除は料金が安い当社にご連絡ください

蜂の巣退治・駆除を少しでも格安・低価格で依頼したい。しかし、業者・会社選びをする時に何に注意すればいいかわからない、料金の違いがわからないといったことでお悩みの方もみえるのではないでしょうか?家に蜂の巣がある・部屋や家の周りにハチが飛んでいるというのは不安なものです。またハチに刺されたら大変です。すぐに解決させるために一番安い業者に依頼をしたところ、いざ支払いになった時に予想外の値段が請求されてしまったといったトラブルも少なくありません。そこで低価格で安心してハチ駆除を解決するために、口コミ評価の高い、人気のおすすめ蜂駆除業者選びの際に知っておきたいポイントをご紹介します。まず、ハチ駆除の料金はケースによって異なります。理由として、ハチの種類(スズメバチ、アシナガバチ、ミツバチ)、巣の大きさ・場所(軒先・軒下・自宅玄関・お庭・ベランダ)・高さなどによって作業の難度が変わるためです。そこで重要となるのが、現地調査と見積もりです。適切な見積もりを取るには、しっかりとした現地調査が不可欠です。業者によっては現地調査の際に料金が必要となる場合もあるため、無料で現地調査・見積もりを利用できる業者をおすすめいたします。そして、あわせて活用したいのが相見積もりです。料金やサービス内容は業者ごとにバラつきがあるため、気軽に無料で現地調査を依頼して見積もりを複数社から取ることができれば、比較や依頼の検討がしやすくなりますね。また、見積もりを比較する際は見積もりの詳細まで確認することがポイントです。見積もりの中に、蜂の巣駆除の費用だけでなく、蜂の巣の処理費や清掃費などは含まれているか、アフターサービスなどの保証はどこまで対応してくれるかなど、料金とサービス内容をあわせて比較しましょう。このようなポイントがありますが、やはりハチ駆除といってもわかりにくいサービスかと思います。当社では、年中無休365日・通話料無料の無料相談窓口を設けております。窓口では研修を受けた自社スタッフがお客様がご安心してサービスをご利用いただけるようにちょっとした質問から料金、サービスについてわかりやすく丁寧に対応いたします。駆除料金(見積り価格・作業費用・ご請求金額)に関しましても、業界の相場、適正料金でご対応しております。ミツバチは10,000円から、アシナガバチは11,000円から、スズメバチは13,000円から駆除対応しております。もちろん現地調査・見積もりも無料でご利用いただけます。お問い合わせからはプロの自社スタッフがスムーズに駆けつけて的確に現地調査を行い、適切な対応をご提案させていただきます。作業前のキャンセル料金や追加料金といったものもございません。また、実際の作業では専用の薬剤を使用した駆除技術で戻りバチ対策の再発防止もしっかりと行います。もしハチ被害、蜂の巣駆除でお悩みの際は、お気軽に当社の無料相談窓口にご連絡ください。

小牧市で蜂の巣やハチ被害でお困りの方、ハチ退治やスズメバチ・アシナガバチ駆除・除去方法について

ハチ駆除を安心・安全・確実に行うには適切な対応が求められます。無理をせずに役所や自治体の蜂の巣駆除サービスをご利用になるのも一つの安全な対応です。役所によっては、蜂の巣駆除を無料や料金を安く行ってくれるところもあります。駆除の流れとして、日中は多くのハチが蜂の巣から離れているため、ハチが巣に戻っている夕方から夜間に駆除を行うことになります。そして、ハチが入り込まないように完全防備をしてから駆除を始めます。まず、殺虫剤を蜂の巣の表面に噴霧します。多くのハチが警戒して巣から出てきますが、長めに殺虫剤を噴霧し続けます。巣からハチが出てこなくなったら、続けて巣の内部に殺虫剤を噴霧し、巣の中から音がしなくなったところで巣の撤去に移ります。撤去の際は、巣の中でハチがまだ生きている可能性もあるため、直接蜂の巣に触れないように長い棒などで蜂の巣を落とし、ゴミ袋に移します。最後に周辺などハチが飛んでいないかを確認し、ハチ駆除は完了となります。どのハチでも基本的な駆除の方法は同じですが、スズメバチは毒が強く、どう猛で特に駆除が危険となっています。アシナガバチはスズメバチに比べ、おとなしいですが、同じように強力な毒を持っています。ミツバチは攻撃性は低いですが、大きい巣の場合、蜂の巣から蜜がもれてくるといったこともあり、処理が難しくなっています。蜂の巣が小さいうちは自分で駆除することも可能ですが、危険であることに変わりはありませんし、戻りバチといった再発もありえます。そのため、蜂の巣駆除をお考えの際はプロの業者に依頼することをおすすめいたします。

ミツバチの特性

ハチミツでお馴染みの益虫です。とてもおとなしく、毒性も低いことで知られています。毒を送り込む産卵管を持つ雌のみが刺します。針には返しがあり抜けにくく、刺した後、毒を送り続ける産卵管と針を切り離すので、ほどなくして死んでしまいます。女王バチが越冬できるため、他のハチより早く2月から活動を開始します。

アシナガバチの特性

穏やかな性格で、毒性はスズメバチより比較的弱めです。刺されると、かなりの激痛を伴うと言われています。特徴は胴体・脚が黄色で、脚をだらりと下げて飛びます。巣は、巣穴が丸見えなシャワーヘッド型で、濃灰色系が特徴です。昼行性の為、ほとんどの働きバチが活動を休止する21時過ぎに駆除するのが基本です。

スズメバチの特性

毎年多くの被害者を出す蜂です。大型で毒性も攻撃性も非常に高い上に、毒液の続く限り対象を攻撃することが可能です。秋に入るとオオスズメバチが、他のスズメバチの巣を襲撃し、幼虫や蛹を餌として持ち帰る為、全体が神経質になります。加えて、繁殖最盛期の為、働き蜂の数も最多になり、注意が必要です。