事業資金を調達するおすすめの方法

中小企業の経営者や個人事業主で、「事業資金が足りない」「ショートしそう」と悩んでいる方はいませんか?

自己資金だけでまかなうのがベストですが、事業の経営では思わぬ出費が出るシーンも多々ありますよね。

こちらでは、事業資金を調達する方法をまとめましたので、どれが自分に適しているか検討してみてください。

事業資金の調達方法

事業者ローンやビジネスローンは、個人のキャッシングとは違って事業を営むほとんどの方が対象になります。

資金繰りで悩む中小企業の経営者や個人事業主にとっては、非常に心強い存在です。

無事審査に通れば、限度額を上限にして融資を受けられます。

下記では、事業資金を調達するおすすめの方法をいくつか挙げてみました。

日本政策金融公庫

事業資金と一口に言っても、「起業資金」「設備資金」「運転資金」の3つにわけられます。

起業資金を調達する場合は、事業の実績がないので調達先が限られる点に注意しないといけません。

下記のようなポイントから、全額政府出資の銀行の日本政策金融公庫を利用するのがいいでしょう。

  • 小口融資や創業支援を経営目標として与えられているため、融資に積極的な姿勢を見せてくれる
  • 株主である政府から与えられた使命なので、創業者の声にも耳を傾けてくれる
  • 無担保で無保証人でも最大3,000万円まで融資してくれる新創業融資制度がある

仮にビジネスで失敗して会社が倒産しても、社長には新創業融資制度の借金を返す義務がありません。

ただし、日本政策金融公庫の審査は厳しいです。

銀行のプロパー融資

設備資金や運転資金を調達したい事業者は、銀行のプロパー融資を検討してみてください。

独立や開業したての会社はプロパー融資が難しく、それは「返ってくる可能性が低い」と判断されるからです。

一方で、ある程度事業を運営している企業であれば、審査に通る可能性は高いです。

下記では、銀行のプロパー融資で資金調達するメリットとデメリットをまとめました。

◆プロパー融資のメリット
金利が低く、一度審査に通れば信用力が格段に上がる

◆プロパー融資のデメリット
担保や保証人の縛りでお金を返済できない時は個人に迫られる

通常の資金調達において銀行のプロパー融資はメジャーですが、向き不向きがある点は気を付けましょう。

ビジネスローン

ビジネスローンは、中小企業の経営者にも個人事業主にもおすすめの資金調達法です。

ビジネスローンとは、事業性無担保ローンの総称のことで、プロパー融資では審査に通らない中小企業や零細企業、個人事業主に向いています

下記では、ビジネスローンのメリットをまとめました。

  • 担保や保証人がなくても融資を受けられる
  • 最短で申し込んだその日に融資が受けられる
  • 事業性資金であれば使途は自由
  • 審査のハードルが低く設定されている

運営間もない企業でも借り入れできる確率が高いのですが、その代わりに金利が高いのがデメリットですね。

ファクタリング

ファクタリングとは、ローンや貸金ではなく売掛金の売買による資金調達方法です。

企業が保有している売掛金を買い取り、現金化できる方法とイメージするとわかりやすいのではないでしょうか。

ファクタリングを利用するメリットは次の3つです。

  • 最短で1日で現金振り込みをしてくれるため、資金の調達スピードが非常に早い
  • 売掛金の存在証明や売掛先企業の安定性を説明すれば、返済や未払いの融通が利く
  • 万が一売掛先が未払いや破綻を起こしても責任を負わずに済む

ファクタリング会社は審査が甘いので、資金繰りで悩む事業者の心強い味方になります。

しかし、銀行よりも高い金利手数料が発生することはデメリットと言えるでしょう。

最後のまとめ

事業資金を調達するにあたり、様々な方法があることをおわかり頂けたのではないでしょうか。

「日本政策金融公庫」「銀行のプロパー融資」「ファクタリング」「ビジネスローン」は、事業者によって向き不向きがあります。

金利の安さを重視しているのであれば、日本政策金融公庫や銀行のプロパー融資、実績のない会社が資金を借りたいのであればビジネスローンがおすすめです。

中でも、アイフルビジネスファイナンスは「来店不要で無担保無保証」「審査後1~3日で融資可能」「最大融資額1,000万円」とメリットが多いです。

もし、ビジネスローンの審査に落ちてしまった場合は、チョウタツ王の一括査定サービスを利用してファクタリング会社に申し込んでみるといいでしょう。

どの資金調達法にもメリットとデメリットがありますので、申し込む前にしっかりと比較してみてください。