なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

本州四端への旅

 
 日本国最大の島である本州。
 弓状に広がる独特の形状をした本州という島。
 その東西南北四つの先端部は一体どういった所なのか。
 「ちょっと違う旅がしてみたい」とお思いの方、「普通の旅行はもう飽きた」とお思いの方。これら四つの先端部を目指し、完全制覇に挑戦してみるのはいかがでしょうか。


まずご紹介するのは、和歌山県串本町に位置する、紀伊半島最南端にして本州最南端の地である『潮岬』。

本州最南端の碑
潮岬灯台
潮岬観光タワー
潮岬観光タワー

続いて紹介するのは、青森県大間町に位置する、下北半島最北端にして本州最北端の地である『大間崎』。

本州最北端の碑
大間崎灯台
仏ヶ浦
青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に所在する景勝地。
仏ヶ浦
青森県下北半島西岸の下北郡佐井村南部に所在する景勝地。
  三つ目にご紹介するのは、山口県下関市に位置する本州最西端の地『毘沙ノ鼻』。
本州最西端の碑
火の山
山口県下関市椋野にある山。山頂からは関門大橋・瀬戸内海が一望できる。火の山からの夜景は日本夜景遺産にも認定され、1000万ドルの価値があると言われています。
角島大橋
山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。
角島大橋
山口県下関市豊北町神田と同市豊北町角島間の海士ヶ瀬戸に架かる橋。
そして最後にご紹介するのは、岩手県宮古市にある本州最東端の地『トドヶ崎』。
本州最東端の碑
トドヶ崎灯台
浄土ヶ浜
岩手県宮古市にある海岸。国の名勝に指定されている。
浄土ヶ浜
岩手県宮古市にある海岸。国の名勝に指定されている。