平成29年度 ものづくり・サービス補助金支援センター
平成29年度補正予算(平成30年実施) ものづくり・商業・サービス経営力向上支援補助金 特設ページ

平成29年度補正「ものづくり補助金2次公募」申請を、全力支援します。

  • 公的資格保持者(経済産業大臣登録 中小企業診断士)が必ず対応します。
  • 「ものづくり・サービス補助金」は、過去5年間で75件の申請実績があります。
  • 製造業分野においては、過去5年間の通算で、59社中48社を採択に導いています。(採択率81%)
  • 平成28年度の「ものづくり・サービス補助金」において、支援した19社中17社が採択されました(採択率89%)
  • 採択後のフォローアップも、オプションにて承ります。
  • 【申請書作成まるごとプラン】(申請書の構想設計から文書化までをワンストップで対応するプラン)の支援は、着手金20万円(税別)+成功報酬60万円(税別)です。
  • 【申請書添削プラン】(お客様が作成された申請書を、当方で添削し、ブラッシュアップを図るプラン)の支援費用は着手金10万円(税別)+成功報酬10万円(税別)です。
当事務所について

代表挨拶

中小企業ものづくり資金調達・資金繰りサポーター

当社では、公的な補助金施策や税制優遇措置を活用をご提案し、少しでも負担を軽減するべく、中小製造業の支援をしてまいりました。

製造業に対する補助金採択率、通算81%
獲得補助総額、11億6千3百万円
経営力向上計画作成実績、50件

中小企業のものづくり資金調達・資金繰りに精通したコンサルタントがお手伝いいたします。

事務所概要

事務所名 マネジメントオフィスいまむら
所在地 〒651-0094 神戸市中央区琴ノ緒町
電話番号 078-200-5974
創業 2017年11月
代表者 今村 敦剛
資格 ・経済産業大臣登録 中小企業診断士(406249)
・近畿経済産業局認定 経営革新等支援機関(近財金1第430号・20171127近畿第17号)
・中小企業基盤整備機構 経営支援アドバイザー
事業内容 融資・補助金獲得のための事業計画書作成、税制優遇措置のための経営力向上計画作成等
所在地 〒651-0094 神戸市中央区琴ノ緒町

当事務所の「ものづくり・サービス補助金」支援実績

平成28年度の「ものづくり・サービス補助金」では、19件中17件を採択に導きました。採択率は89%です(全国平均採択率が39.6%)。過去5年間の通算では、製造業分野において59社中48社を採択に導いています。(採択率81%)
これほどの高い採択率を誇る理由は、①製造業の現場改善活動をサポートしているので、現場を熟知している、②機械商社と密接に情報交換しているため、技術に明るい、③中小企業診断士として企業の経営革新を支援しているため、戦略的な観点で事業計画を言語化できる、ところにあります。
当社の「ものづくり・サービス補助金」支援内容

支援内容

当社の支援(申請書添削プラン)には以下のものが含まれます。
・お客様が作成された申請書内容の確認
・申請書内容に対する助言
 (作成・記入は当社ではいたしません)

支援費用

【申請書作成まるごとプラン】
申請書の構想設計から文書化までをワンストップで対応します。
着手金 :216,000円(税込)
成功報酬:648,000円(税込)

【申請書添削プラン】
お客様が作成された申請書を、当方で添削し、ブラッシュアップを図ります。
着手金 :108,000円(税込)
成功報酬:108,000円(税込)

アフターフォロー

採択後の事務処理にご不安があれば、アフターフォローも有償でサポートいたします。
費用:21,600円/月
・交付申請書や完了報告書等の文書作成
・毎年の実施報告
・不採択だった場合の再支援着手金無料
・翌年度以降の補助金申請リピート割引
・経営セカンドオピニオン
・当社主催研修・セミナー無料ご招待

その他

設備投資の税制優遇措置が受けられる「経営力向上計画」「先端設備等導入計画」の作成や、金融機関・税理士等への説明なども、ご要望に応じて対応いたします。
詳しくはお問い合わせください。

支援内容

当社の支援(申請書添削プラン)には以下のものが含まれます。
・お客様が作成された申請書内容の確認
・申請書内容に対する助言
 (作成・記入は当社ではいたしません)
ご契約・支援の流れ

STEP

1

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。電話でのご相談は無料です。
お電話で事業の内容や、購入したい設備の内容等をお伺いし、採択の可能性を簡易診断します。

STEP

ご契約・着手金お支払い

当社の支援にご納得いただければ。ご契約および着手金をお支払頂きます。

STEP

詳細ヒアリング

御社に訪問し、現場や現物を拝見させていただきます。申請書作成に必要な情報をヒアリングし、申請内容の基本設計をいたします。

STEP

申請書作成

現場確認した内容やヒアリングした内容をもとに、当社で申請書を作成します。作成した書類は御社へお送りし、主にメールや電話で当社で作成する書類は、様式1と様式2です。

STEP

5

確認の終了および提出

当社が確認し、提出レベルにまで仕上がった申請書類は、御社で印刷・製本の上、事務局(各都道府県の中小企業団体中央会)に御社からご提出して頂きます。

STEP

1

お問い合わせ

まずはお気軽にお問い合わせください。電話でのご相談は無料です。
お電話で事業の内容や、購入したい設備の内容等をお伺いし、採択の可能性を簡易診断します。

よくある質問

Q
全国対応は可能ですか?
A
はい、可能です。ただし当社所在地(兵庫県神戸市中央区)から片道3,000円以上の交通費がかかる場合には、交通費(場合によっては宿泊費)を頂きます。
電話・メールだけで支援するプランも別途ございますので、お気軽にご相談ください。
Q
締め切りのどのくらい前まで支援を引き受けてもらえますか?
A
【申請書作成まるごとプラン】(申請書の構想設計から文書化までをワンストップで対応するプラン)の受付は、公募締め切りの1カ月前までです。
【申請書添削プラン】(お客様が作成された申請書を、当方で添削し、ブラッシュアップを図るプラン)は、公募締め切りの2週間前までです。
Q
はじめてチャレンジするのですが、引き受けてもらえますか?
A
はい、可能です。当社にお申込みいただく企業の約半数は、初めてのチャレンジの企業です。
Q
古い設備を更新したいのですが、補助金はもらえますか?
A
古い設備の更新だけの目的では、採択の可能性はほとんどありません。「ものづくり・サービス補助金」は、革新性を問われます。革新性とは、自社にはなく、他社でも一般的ではないことに、新しくチャレンジをするということです。そのような目的の設備投資でなければ採択の可能性は薄いので、どうしても革新性が見当たらない場合は、申請を控えるように助言することもあります。
Q
赤字や債務超過の企業でも申請はできますか?
A
申請は可能ですが、財務状況は審査員によって厳しくチェックされます。過去の経験から言うと、2期連続赤字の企業や債務超過の企業は、極めて採択率が低いのが実態です。そのような場合は、申請を控えるように助言することもあります。
Q
どういう体制で申請支援をしてもらえるのですか?
A
当社は個人事業主のため、基本的には私一人で対応いたします。あらかじめご了承ください。
Q
認定支援機関確認書は作成していただけますか?
A
はい、可能です。
もちろん、当社の支援を受けながら、既存のお取引先(金融機関や税理士事務所)に認定支援機関確認書作成を依頼することも可能です。
Q
全国対応は可能ですか?
A
はい、可能です。ただし当社所在地(兵庫県神戸市中央区)から片道3,000円以上の交通費がかかる場合には、交通費(場合によっては宿泊費)を頂きます。
電話・メールだけで支援するプランも別途ございますので、お気軽にご相談ください。
当事務所は、こんな申請書を作成します(サンプル)

審査員が一読してわかる、簡潔・具体的な申請書を作成します

申請書を読む人(審査員)が最も嫌がることは「何が書いているかわからない」「どういう取り組みをするかイメージができない」ことです。
審査員はかならずしも御社の業界に精通した専門家ではありません。そのような審査員に「何を取り組むのか」「なぜ取り組むのか」「取り組みによってどんな革新性が得られるのか」が明確に伝わらなければ、採択は難しいでしょう。
当事務所は、製造業の加工現場に精通したコンサルタントが申請書の作成支援をします。加工品や加工技術を熟知しており、右のような具体的、ビジュアル的な申請書に仕上げます。