このブロックは画面サイズに応じてボタンの位置、大きさが変化する特殊なブロックです。PCサイズでは上部固定、タブレット、スマートフォンではヘッダー部分が上部固定され、ボタン部分が画面最下部に固定されます。編集画面は実際の表示と異なります。プレビュー画面もしくは実際の公開ページでご確認ください。編集についてはヘルプ記事の「フローティングヘッダーブロックの編集」もご覧ください。
株式会社分析屋
   会社概要   

ファクトリーオートメーションの次世代化
AIによる自動化

まだまだできる!
工場の最適化でビジネスを強化

工場のレベルアップ


手作業の課題が多く残っていませんか?

  • 制御パラメータの調整を人手で行っている。
  • 異常の検出を人手で行っている。
  • 熟練工のノウハウの依存度が高く、
    教育コストが高い
  • 報告書の作成の事務作業に時間がかかっている。
    手入力が減らない。
  • 保全業務は、事後保全のみしかできていない。
  • コストダウンや改善のためのデータを
    集めるのが難しくなってきている。
  • 異常の検出を人手で行っている。

そのお悩み、解決できるかも?

工場の次世代化
サービスご案内

弊社分析屋は、データ分析の専門会社です。
データを活用のための業務自動化も得意としています。


こんな方は、ぜひご検討を!

  • AIを使って、手作業での業務を自動化したい
  • センサーデータを使って、業務の改善に活かしたい
  • センサーデータを使って、業務の改善に活かしたい

工場の次世代化サービス
ご依頼流れ

Step.1
お問い合わせ
まずは、お問い合わせフォームより問い合わせください。
よくある質問と回答をページの下に載せておりますので、問い合わせ時の参考にしてください。
Step.2
ヒアリング
どのような業務を行っているのかヒアリングさせていただきます。

本サービスの内容に関してもご説明いたします。
Step.3
ご提案とお見積り
ヒアリング内容をもとに、弊社から提案を行います。

また、この提案でのお見積りをいたします。
Step.4
ご依頼
お見積りに問題が無いようでしたらご依頼ください。

Step.5
プロジェクトの開始
ご提案内容をもとに、プロジェクトを開始します。

お客様と定期的なミーティングを行い、進捗と成果の確認を行います。
Step.6
納品とお支払い
納品いたします。検収をお願いいたします。

検収完了後、費用のお支払いとなります。
Step.2
ヒアリング
どのような業務を行っているのかヒアリングさせていただきます。

本サービスの内容に関してもご説明いたします。

事例紹介

 作成したAI例のご紹介 

溶接異常検知AI
生産工場で行われる溶接工程では、
一定の割合で異常が発生します。

この 異常を検出 するAIを作成しました。

このAIは、溶接ラインに設置された監視カメラの画像から、異常の発生を検出してくれます。リアルタイムで検出することが可能です。

よくある質問と回答

  • Q
    費用感を教えて下さい
    A

    ご依頼頂く内容によります。

    プロジェクトとしては最低一ヶ月程度はかかるとお見積りください。
    費用は、月あたり100万~300万の金額となります。

    例:3ヶ月なら300万~900万

    費用のばらつきは、プロジェクトに参画するものの役割や人数によるものだとお考えください。
    費用のご相談はできますので、お問い合わせください。

  • Q
    いわゆるPoC(概念実証)は扱っていますか?
    A
    はい。
    PoCとしてのプロジェクトは使っております。ただし、検出精度を保証するものではありません。
    プロジェクトの期間等は、協議の上で決めることになります。
  • Q
    AIを作成したあとで、基幹システムや実際の業務でどのように使用するのかまでご相談は可能でしょうか?
    A
    はい。

    AIの機能を、業務にどのように組み込むかまでご依頼可能です。

    RPAや専用のシステムやソフトウェアの開発により、AIを用いて既存業務を効率化するところまで、対応可能です。
    既存のシステムとAIを連携するようなケースでも対応可能です。
    開発内容としては、Windowsアプリケーション(C#)やWebシステムが対応可能です。
  • Q
    作成したAIのメンテナンスは行っていただけますか?
    A
    はい。
    新たなデータが利用可能になった等で、AIの精度向上の可能性が出てくることもあるかと思いますので、対応可能です。
  • Q
    AIは何を用いて開発するのでしょうか?
    A
    基本的には、Pythonで作成します。
    精度は良いが、処理速度に課題がある場合には、他の言語(C++等)で作成しなおすようなケースでも対応可能です。
  • Q
    ディープラーニングは使いますか?
    A
    はい。
    状況によりますが、有効だと思われる場合は、使うことは可能です。
  • Q
    データを収集するフェーズから行う場合、カメラといったデバイスの選定や画像・動画取得アプリケーションの作成から対応していただくことは可能でしょうか?
    A
    はい。可能です。
  • Q
    AIルゴリズムの内容に関して、社内に知見を蓄えるために、解説の資料と説明を行っていただくことは可能でしょうか?
    A
    はい。可能です。
    資料作成の費用は発生いたしますので、ご留意ください。

ここまでお読みいただきありがとうございます!
ご興味がありましたら
お問い合わせをお願いいたします!

お問い合わせフォーム

弊社サービスに少しでもご興味をお持ちいただけましたら、下記フォームよりお問い合わせください。
お電話・メールにて担当よりご連絡させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

会社概要

会社名
株式会社分析屋
会社概要 https://analytics-jp.com/about-us/
住所 〒251-0052 神奈川県藤沢市藤沢484-1
藤沢アンバービル4F
電話番号
0466-90-3288
※新型コロナウィルス感染症対策のため、当面はメールフォームでのお問い合わせをお願いいたします。
プライバシーポリシー
https://analytics-jp.com/privacy/
電話番号
0466-90-3288
※新型コロナウィルス感染症対策のため、当面はメールフォームでのお問い合わせをお願いいたします。