学校外で学ぶ子どもの力を 地域の力へ
「コドモギルド 」

地域の課題にチームで取り組む

プロジェクトベースドラーニング(PBL)を取り入れた
リアルな学び場 




「コドモギルド」とは?


自分達の住む地域が抱える課題を解決する為集まった、
子ども達のチームのことです。

活動報告はこちらから



<今回の活動内容>

「おうちにいながらみんなが楽しめるイベントを企画しよう」
※今回は臨時として中高生向けにオンラインで行います。

コロナウイルス感染拡大予防のため、家で過ごす時間が増え、落ち着かない毎日の生活に不安やストレスを感じている人も多いのではないでしょうか?こんな時こそ、コドモギルドの出番です!!みんなの気持ちがぱっと明るくなるような企画を埼玉大学生と一緒に考えませんか?


この活動のねらい

◯子どもたち一人ひとりが持つ才能や力を発揮できる場所を提供すること。

◯孤立しがちな学校外で学ぶ子どもたち同士の繋がりができること。

◯地域の住民と子どもたちの繋がりが出来ること。
 →学校外で学ぶ子どもたちへの理解者が増える。
 →地域で子どもたちの学びや成長を見守る事ができる。

◯これから社会に出て子どもに関わる仕事に就く大学生にとっての学びの場を提供すること。

どうしてチームなの?

〈 チームの利点 〉

・みんなが完璧である必要が無いこと。
・それぞれが自分の力を持ち寄って、助け合い補い合うことができること。
・お互いの違いを力に変えられること。

子どもたち一人ひとりが持つ力に注目

全国で約16万人の子どもたちが学校外で学び育っているのをご存知ですか?そのうちの約90%の子どもたちは、フリースクールやフリースペースに通わず家で過ごしています。

子どもたちは一人ひとり違っていて、一人ひとりが特別な力を持っています。
その力が学校で発揮できる子もいれば、学校では上手く発揮できない子もいます。子どもたちの才能や力は色とりどりで、様々な分野にわたっているので、それを発揮できる場所は一つではありません。

学校が合わないという理由で、子どもたちの持つ才能や力が埋もれてしまうのは勿体無い!

私たちは子どもたちが学校に行く行かないに目を向けるのではなく、彼ら一人ひとりが持つ才能や力に注目し、それらを集めて地域の力に変えられないかと考えました。

子どもたちそれぞれが持つ力を持ち寄って、自分たちの地域をより良くするために行動する時、その力が誰かの役に立つということにとどまらず、その経験自体が子どもたちの自己肯定感を高め、自分らしさを大切に成長していくきっかけとなってくれればと思います。

参加するとどんな事が得られるの?

私たちはこの活動に参加した子どもたちに、具体的なゴールは敢えて設定しておりません。
この活動は、子どもたち自身が考え、計画を立て、行動していきます。スタッフは子どもたち一人ひとりの力を引き出せるようにサポートします。
子どもたちが主体的に行動する活動の過程には、挫折や失敗もあるでしょう。思い通りに行かない事の方が多いかもしれません。でも、それこそが経験となり、それこそが学びだと考えています。ですから、必ずしも保護者の方が期待している結果は得られないかもしれません。
子どもたち一人ひとり、この活動に参加して得られるものは違うと思います。子どもたちが感じた事、経験した事の全てが収穫です。

活動内容&スケジュール

<活動内容>
『おうちにいながらみんなで楽しめるイベントを企画しよう』
という課題に、メンバーたちのアイデアで挑みます。

<活動目的>
こんな時期だからこそ、みんなの気持ちが明るくなるような企画を考えよう。

<スケジュール>
2020年 4月20日(月)14:00~16:00 チーム顔合わせ・作戦会議
2020年 4月23日(木)14:00~16:00 フリー(メンバーたちの立てた計画に沿って活動)
2020年 4月27日(月)14:00~16:00        〃  
2020年 4月30日(木)14:00~16:00        〃  
2020年 5月05日(火)11:00~12:00 イベント準備 
2020年 5月05日(火)13:00~17:00 イベント開催&振り返り

〈場所〉
今回はZoomを利用したオンラインで開催します。
(詳細は参加者に追って連絡いたします。)

拠点:さいだい交流ひろば(埼玉大学構内)
※子どもたちの活動状況によっては、活動時間・日程が変更になる可能性もあります。その場合の日程は、子どもたちと相談の上決めたいと考えています。

埼玉大学へのアクセス
・JR京浜東北線「北浦和駅」西口下車→バス「埼玉大学」ゆき(終点) 約15分
・JR埼京線「南与野駅」下車→北入口バス停から「埼玉大学」ゆき(終点) 約10分
・JR埼京線「南与野駅」下車→西口バス停から全ての便が埼玉大学を経由します 約10分
・東武東上線「志木駅」東口下車→バス「南与野駅西口」ゆき(「埼玉大学」下車)約25分

埼玉大学 アクセスマップ
http://www.saitama-u.ac.jp/access/accessmap/

参加条件&参加方法

◆対象&条件: 中学1年生以上、必ず本人がプロジェクトへの参加を希望していること。また、Zoomを用いることができるオンライン環境が必要です。
※子どもたちが一から話し合いながら活動を進めていきますので、活動報告などを見てお子様とご相談の上、参加をご検討ください。

◆定員: 先着9名

◆登録費用: 0円(必要に応じて活動費が必要になる可能性があります。)
※今期は試験的にオンラインで行うため、普段いただいている登録料(名札代、名札に着用する多様な学びロゴバッチ代、保険代、活動費等)などはいただきません。

◆応募方法: 下記のフォームに必要事項をご記入下さい。応募者には後日詳細メールを発送させて頂きます。

◆応募締切: 2020年4月18日(土)

スタッフ紹介

萩原 裕子
(コドモギルド代表)
多様な学びプロジェクト副代表。看護師。
2児の母。

子育てをきっかけに、子どもの個性が輝く社会を作りたいと思い、子どもに関わる活動を始める。
プロジェクトチーム「GIFT」、「さいたま不登校親の会 きりかぶ」、子ども食堂「こもれび」の立ち上げに携わり、2017年夏より「多様な学びプロジェクト」の運営に携わる。

「コドモギルド」は、私がこれまでの活動の中で不登校の子どもたちと関わり、彼らの素晴らしいポテンシャルを目の当たりにする中で、世の中の「不登校=支援」という流れに疑問を抱いたところから始まっています。子どもたちを支援される対象と見るのではなく、素晴らしい未来の担い手として、もっと彼らの力を引き出せたらと思っています。
青木 和也
埼玉大学大学院教育学研究科教育学専攻修了。
edcamp さいだい。学習支援。塾講師。

こちらが面白いと思ってやっていなければ来てくれる子どもも面白いなんて思えないと思うので、独りよがりにならないように気をつけながら、どんどん楽しいこと、びっくりすることをやっていきたいと思います!活動中は基本的にゴロゴロしながら子どもよりも低い目線で見守っています。
原 真尋
埼玉大学理学部数学科4年。
学習支援。焼き肉屋バイト。

コドモギルドの活動は、地域の課題に取り組むことで貢献感を味わい、子どもたちが自分の居場所と感じられるところを広げていける活動だと考えています。私は、子どもたちが居場所の中で生き生きと広く学ぶ瞬間に関わっていくつもりです。町全体が安心できる学び場になったら、素敵だと思いませんか?
小柴 萌子
埼玉大学理学部生体制御学科3年。
発達障がい児・者余暇支援サークル かやの木、ロッキー。ロボット教室。割烹料理屋バイト。

第3期から参加させて頂いています。コドモギルドへの初めての参加は子どもたちにとって大きな挑戦だと思いますが、ここでの出会いや経験が、さらに他の場所へ挑戦する際の支えとなれば良いなと思っています。
今期も子どもたちに元気をもらいながら一緒に楽しみたいと思います!
よろしくお願いします。
藤澤 りみり
埼玉大学理学部分子生物学科3年。
女子ラクロス部。有機農業研究会。
さくら猫。お好み焼き屋でバイト。

去年から参加してます。子供のパワーに押され気味なところも多々ありますが、コドモギルドがそんなパワーを存分に活かせる場になれば良いと思っています。
よろしくお願いします。
山本 真由
埼玉大学教育学部養護教諭養成課程3年。
有機農業研究会。

コドモギルド4期から参加させて頂いています。子どもたちは一人一人、本当に個性豊かです。毎回みんなの言葉に驚いたり笑ったりして、とても楽しい時間を過ごさせてもらっています。これからも、子どもの一言一言に耳をすませながらやっていけたらいいなと思います。よろしくお願いします!
原 真尋
埼玉大学理学部数学科4年。
学習支援。焼き肉屋バイト。

コドモギルドの活動は、地域の課題に取り組むことで貢献感を味わい、子どもたちが自分の居場所と感じられるところを広げていける活動だと考えています。私は、子どもたちが居場所の中で生き生きと広く学ぶ瞬間に関わっていくつもりです。町全体が安心できる学び場になったら、素敵だと思いませんか?

Q & A

Q. 全日程参加が条件ですか?
A.全日程参加が理想ですが、もし参加できない日がある場合は、チーム内で話し合って役割を分担する事も可能です。学びは活動日だけでなく、それ以外の日も各自がそれぞれの役割に従って個人で進めていく形となります。

Q. 保護者の見学・付き添いは可能でしょうか?
A.可能です。ただ子どもが中心になって活動していくことを目指しておりますので、見学・付き添いの際はできるだけ活動の妨げにならないようにお願いします。毎回、付き添いがなければ参加が厳しい場合はスタッフまで、ご相談ください。

Q. 車で送迎しますが、近くに駐車場はありますか?
A.埼玉大学構内に駐車スペースはございません。少し離れたところにコインパーキングがございますので、そちらをご利用ください。

Q. 活動の安全面が心配なのですが...
A. スタッフ一同、子どもたちに事故や怪我などが起きないよう細心の注意を払って活動を進めてまいりますが、100%大丈夫ですと断言することはできません。万が一事故や怪我が起きてしまった場合、こちらでは責任を負うことができませんので、その点をご理解の上、ご参加をご検討下さい。念のため、活動中はスタッフと子どもともにボランティア保険に加入する予定です。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせ

ご不明な点、ご質問等ございましたら、下記アドレスまでご連絡下さい。

napualani66@gmail.com 

埼玉大学が行っているものではありませんので、大学へのお問い合わせはくれぐれもご遠慮下さい。