今更聞けないテーブルマナー教えます

結婚式の参列において、楽しみの1つである当日のお料理。
そんなお料理をお召し上がりいただく時のマナー、分かっているようで分かっていないことも。
お料理をよりスマートに楽しめるよう、テーブルマナーについて簡単にご紹介いたします。

まずはナフキンのマナー

ナフキンを広げることは食事を始める合図と言われています。
結婚式においてナフキンを取るタイミングは乾杯が結んで、着席したタイミングがスムーズです。主賓のゲストがナフキンを取ってからだとより良いと言われています。
※テイクアンドギヴ・ニーズの式場ではお食事のコースにより乾杯前にお料理をお出しすることもあります。その際はスタッフよりお声がけいたしますのでご安心くださいませ。

広げたナフキンの置き方は内側に折り、折り目をお腹側にして膝の上に乗せます。

ご披露宴中にご新郎ご新婦様のお席へ行かれたり、お手洗いなどでお席を立つこともあるかと思います。
そんなときのナフキンはご自身の椅子に簡単に畳んでおいておくとスマートです。

食事が済み、会場を出られるタイミングでナフキンはテーブルに置くようにしましょう。
この時、綺麗に畳んで置いてしまうと、”食事に満足していない”という意味になってしまうので、汚くない程度にテーブルに置くと良いでしょう。

カトラリーの使い方

カトラリーとは、お食事の時に使うナイフやフォーク等の総称です。
会場によって一部異なる場合がありますが、お席に進むと、ナイフやフォークがずらっと並んでいることが多くなっています。端から順々に使っていきましょう。
基本的には1皿お召し上がりいただくにつき、1セットのカトラリーを使用します。
もし間違ったカトラリーを使ってしまっても、スタッフがしっかり新しいものをお持ちいたしますのでご安心くださいませ。
お話しに集中される際やお食事中に離席をするタイミングでカトラリーを置く場合は、ハの字でお皿に置くと、「まだ食事中です」のサインとなりますので、スタッフから下げられてしまうこともありません。
ハの字でカトラリーを置く際、ナイフの刃は内側に来るようにしましょう。
食事を終えた時のサインはカトラリーを揃えて、お皿を時計に見立て、4時の方向に置きます。
フォークを手前、ナイフを奥側にし、ナイフの刃は食事中のサインの時と同様、内側に向けましょう。
苦手な食材やもう食べられない時に、このようにカトラリーを置いておくと、スムーズにスタッフがお皿を下げてくれます。

最後に・・・

いかがでしたか?
レストランでのお食事とは異なり、離席のタイミングなども多いのが結婚式。
マナーに縛られすぎて楽しめないのは本末転倒ですので、今回ご紹介したナフキンとカトラリーのマナーだけでもぜひ使ってみてくださいね。