参列するときのマナーって?

結婚式に参列するときのマナーって、なんとなく聞いたことはあるけど、どれが正解か分からない、そんな方も多いのではないでしょうか。

結婚式に初めて参列するという方から、何度も列席経験のある方まで、これさえ読めば大丈夫!おさえておきたい基本のマナーをご紹介します。

服装マナー

結婚式は、幅広い年齢のゲストがドレスアップして集まる華やかな場です。
せっかくだからおしゃれして行きたいところですが、
一方でフォーマルな場でもありますので、ふさわしい装いを心掛けたいところです。

まずは基本とされている服装マナーをご紹介します。


基本の服装

女性の場合
洋装なら、フォーマルなワンピースやドレスが基本。
最近では、オールインワンやセットアップのパンツドレスも多く見かけるようになりましたが、
正式には準礼装にあたるため、主賓や親族として参列する場合には、避けた方が安心です。
和装なら、未婚女性は振袖、既婚女性は訪問着や付け下げ・色無地が一般的です。
男性の場合
男性の場合、一般的にはブラックスーツやダークスーツにホワイトのシャツを合わせます。
ネクタイは、白やシルバーなどのフォーマルタイが基本です。
ただし、最近ではカラーシャツや蝶ネクタイ、チーフなどでおしゃれを楽しむ方も増えています。
男性の場合
男性の場合、一般的にはブラックスーツやダークスーツにホワイトのシャツを合わせます。
ネクタイは、白やシルバーなどのフォーマルタイが基本です。
ただし、最近ではカラーシャツや蝶ネクタイ、チーフなどでおしゃれを楽しむ方も増えています。

基本の靴

女性の場合
女性はパンプスが基本。
つま先やかかとの出るものカジュアルなのでNGとされています。フォーマルな場ですので肌色のストッキングを履きましょう。
寒い時期のブーツやタイツはカジュアルな印象を与えるため注意が必要です。
男性の場合
紐のある黒の革靴が基本です。
デザインは爪先に横線が入ったストレートチップ、または何も飾りのないプレーントゥがお勧め。
また、小さな穴が開いたメダリオンタイプやくるぶし丈や黒以外の色の靴下はカジュアルになるため本来はNGなものですが、 最近ではおしゃれとして取り入れる方も増えてきました。
男性の場合
紐のある黒の革靴が基本です。
デザインは爪先に横線が入ったストレートチップ、または何も飾りのないプレーントゥがお勧め。
また、小さな穴が開いたメダリオンタイプやくるぶし丈や黒以外の色の靴下はカジュアルになるため本来はNGなものですが、 最近ではおしゃれとして取り入れる方も増えてきました。
続いて、服装で注意するポイントをご紹介します。



■新郎新婦より目立たない
結婚式の主役は新郎新婦です。そのため、その新郎新婦より目立つのはNGとされています。
あくまでも主役の2人をお祝いするために参列することになりますので、華やかすぎるドレスや、個性的すぎる服装は目立ってしまいますので、控えた方が安心です。
■とはいえ華やかさも大切
フォーマルさを意識すると、全身黒のコーディネートになりがちですよね。でも全員そうなってしまうと、まるでお葬式・・・
アクセサリーや小物で全身黒にならないようにするか、できるだけきれいな色のドレスや、カラーシャツなどを選んで華を添えましょう。
■白は花嫁カラー
「白は花嫁の色なので避ける」これは覚えておきましょう。
真っ白だけでなく、淡いベージュなど、写真映りが白っぽく見えるものも避けた方が無難です。
■露出は適度に
儀式の場でもある結婚式では、過度な露出はNGとされています。肩や腕の出るドレスの場合は、ショール等を羽織るといいですね。
最近では長袖のドレスも流行っており、おしゃれさを兼ね備えることもできます。
同様に過度なミニスカートも避けた方が無難です。
■ファー素材、アニマル柄は注意
ファー素材やアニマル柄・毛皮などは殺生を連想させるため、お祝いの席にふさわしくないとされてきました。
また、毛が抜けやすい素材については、ゲストの服についたり、料理のお皿に入ったりしてしまうかもいれないので、注意も必要です。
ですが、最近では季節感を出したり、おしゃれとして服装に取り入れる方も増えてきました。
身に着けるのであれば、そもそもはふさわしくないとされていたことを理解した上で、ゲストの層や雰囲気に合わせて、適度に取り入れることが重要です。

突然の欠席や遅刻!どうする?

いざ当日!
でも、やむを得ず当日になって遅刻や欠席をしてしまう場合もありますよね。
そんなときは、まずは急いで会場に連絡をしましょう。

結婚式当日の新郎新婦は、打ち合わせやリハーサルなどで忙しいので、直接連絡するのは避けた方が無難です。
一緒に出席する予定の友人がいる場合、心配されないようにそちらにも連絡を入れておくといいですね。

遅刻して会場に着いたら、係の人に知らせて指示に従ってください。

欠席してしまった場合は、後日改めて新郎新婦にお詫びをし、ご祝儀を渡すのを忘れずに!
ご祝儀は、当日の飲食代として1万円を抜いた額、と言われていますが、
当日欠席になってしまった場合は、お料理のキャンセルもできないはずなので、
参列するときと同額おお渡しするのがマナーです。


ネットに無断で写真のアップはNG

もう1つ気を付けたいのが、結婚式で撮った写真をSNSなどネットにアップすること。

結婚式は、新郎新婦が親しい人を集めたプライベートなものです。
無断でネットにアップすることで、新郎新婦が知られたくなかった人にまで、写真を見られてしまう可能性があります。
新郎新婦や他のゲストの許可なく、勝手に写真をネットにアップするのは控えたほうが無難です。



いかがでしたでしょうか。
結婚式はフォーマルな場であり、冠婚葬祭として古くからの習わしもありますが、
時代によって、形を変えてきているものもあります。
また最近では、堅苦しくしたくない、というご新郎ご新婦も多くいらっしゃいます。
本来のマナーを理解した上で、ゲストの年齢層やご新郎ご新婦のご意向によってアレンジできると素敵ですね。