乾杯のご挨拶のポイントや例文をご紹介

結婚式の始まりの合図といっても過言ではないのが”乾杯のご発声”。
ご上司様やご友人様が行われることが多いと言われています。
通常の宴会での乾杯は「乾杯!」の一言のことが多いですが、結婚式では、挨拶やふたりへのメッセージなどを添えるのが一般的です。
ここでは、基本の構成やポイント、例文をご紹介します。

乾杯の挨拶の基本的な構成は?

まずは基本的な構成をご紹介します。
Step.1
自己紹介
まずは簡単な自己紹介を。ご新郎ご新婦様とのご関係を簡単に交えながらご挨拶をします。
Step.2
おふたりとご両家へ祝福のメッセージ
ご新郎ご新婦様へだけでなく、ご両家様にお祝いの言葉を贈りましょう。
Step.3
エピソードやはなむけの言葉
この時、ご新郎ご新婦様とご両家親御様はご起立されていますので、お話しされる前に一言「どうぞお座りください」と添えてあげるとスマートです。
また、ご挨拶をされる方によってはこのStep.3はお話しされないこともあります。
Step.4
乾杯の発声
これまでの声量よりも気持ち大きめに元気にご発声ください!
みんなでタイミングが合わせられるよう「ご唱和ください」などと言ってから乾杯の発声をしましょう。
Step.2
おふたりとご両家へ祝福のメッセージ
ご新郎ご新婦様へだけでなく、ご両家様にお祝いの言葉を贈りましょう。

挨拶のポイント

構成以外にも意識しておきたいポイントがいくつかあります。
  • 時間は長すぎず、短すぎず。1分半~3分を目安に。
  • 「離れる」や「別れる」、「重ね重ね」など、忌み言葉や重ね言葉と言われる結婚式にふさわしくない言葉は使わない。
  • 乾杯は披露宴スタートの合図です。とにかく明るく、笑顔で行いましょう。
  • 「離れる」や「別れる」、「重ね重ね」など、忌み言葉や重ね言葉と言われる結婚式にふさわしくない言葉は使わない。

乾杯挨拶例文~ご上司様編~

ただ今ご紹介にあずかりました新郎の〇〇くん同じ職場の〇〇〇〇株式会社で〇〇を担当しております〇〇と申します。
はなはだ僭越ではございますが、ご指名を頂戴しましたので、乾杯の音頭を取らせていただきます。
〇〇さん、〇〇さん、この度はご結婚おめでとうございます。ご両家のご家族、ご親族の皆様にも、お祝いを申し上げます。
よろしければおかけください。
〇〇さんが入社3年目の時に同じ部署に配属となり、上司として成長を見てまいりました。
とても慎重で細かくて、周りを見ることのできる〇〇さんだからこそ任せられるプロジェクトが多く、とても助かっています。きっと〇〇さんとの結婚生活でも、その相手のことを見て気付く力で家庭の円満へと導いてくれると思います。
〇〇さんと〇〇さんの新たな門出をお祝い出来ていることを心から嬉しく思います。本当にご結婚おめでとうございます!
それでは皆様、乾杯のご唱和をお願いします。
おふたりの前途と、ご両家のますますの繁栄をお祈りしまして、乾杯!

乾杯挨拶例文~ご友人様編~

ただいま、ご紹介に預かりました〇〇さんの友人の〇〇と申します。
諸先輩方もたくさんいらっしゃる場で僭越ではございますが、乾杯の挨拶をさせていただきます。

〇〇さん、〇〇さん、ご結婚おめでとうございます。
ご両家ならびにご親族の皆様におかれましても、心からお祝い申し上げます。
よろしければおかけください。

〇〇さんとの出会いは高校2年生のクラス替えでした。いつもはじける笑顔でみんなの中心にいた〇〇さん。私は人見知りでなかなか声をかけられなかったのですが、〇〇さんが自然と声をかけてくれてあっという間に仲良くなり、高校生活の残りの時間、そして今日までたくさんの一緒の時間を過ごしましたね。いつも笑顔な〇〇ですが、〇〇さんのことを話すときが一番良い笑顔です!
おふたりの笑顔あふれる結婚生活を本当に祈っています!友人として、今後も変わらない付き合いを願いつつ、おふたりの新たな人生のスタートを心から祝福しています!末永くお幸せに!

それでは皆さま、ご唱和をお願いします。〇〇さんと〇〇さんの幸せな未来とご両家の繁栄を祈念して、乾杯!