保育時間
保育料

企業主導型保育事業の助成決定に伴い、保育時間や保育料、入園条件等に変更点がございます。企業主導型保育事業についての詳しい説明はこのページの下部に掲載しております。ご不明な点やご質問等ございましたら、お気軽にお問い合わせください。

保育料

入園金/30,000円(企業提携をしていただけますと、入園金は半額となります。)
0歳児/45,900円 1.2歳児/45,700円 3歳児/40,600円 4歳児以上/37,100円(月極保育料)

※上記の金額には、給食費(離乳食費)、外部講師費、その他諸経費などがすべて含まれています。
※来年度の企業主導型保育事業の要項によって、若干金額が変更になる可能性があります。

保育定員

【西池袋園】
0歳児/3名、1歳児/5名、2歳~5歳児/12名、計20名
【東日本橋園】

0歳児/4名、1歳児/7名、2歳~5歳児/13名、計24名
※実際の入園希望者の年齢によって、調整・変更して参ります。

保育日

月曜日から土曜日まで
※国民の祝日、年末年始を除きます。

保育時間

7:00~20:00
※時間外の延長保育は、やむを得ない緊急のときのみ受け付けております。

一時保育

1,000円/1時間、9:00~18:00(給食費は一食300円となります。)
※定員に空きがあるときのみ受け入れ可能です。

その他費用

基本的にはかかりませんが、必要に応じて個人用教材などの購入費用をご負担いただく可能性があります。

給食

お子様の健康と健やかな成長を考え、食品1つ1つにもこだわりをもっております。
こどもの王国ファームで採れた無農薬米を使用し、お野菜もこどもの王国ファームで採れた無農薬野菜や、無農薬/低農薬野菜のみを扱う提携先の八百屋さんのお野菜をできる限り使用しています。
その他の食品も、添加物を極力使用していないものやGM対策(遺伝子組み換え対策)済みの食品を使用しています。
※お弁当をご希望の方は、お弁当をご持参いただくことも可能です。
※午前中および夕方のおやつは本園より提供いたします。

説明会

【西池袋園】
2019年1月19日(土)10:00~
【東日本橋園(2019年4月開園予定)】

22日(土)10:00~
※22日は満員のため、締め切りました。
2019年 1月12日(土)8:30~ 15日(火)10:00~  22日(火)13:30~ 27日(日)18:30~  31日(木)10:00~

・全体の説明は1時間弱の予定です。終了後は個別の相談の時間もございます。
・西池袋園の定員は現在のところは満員でございますが、説明会は随時受け付けをしております。状況は日々変わりますので、最新の状況につきましては、お電話にてお問い合わせください。東日本橋園に関しては、随時お申し込みを受け付けております。
・西池袋園の来年度のご入園者の最終決定は2019年2月以降になる予定です。入園申込書は随時受け付けておりまして、ウェイティングリストに記載させていただいております。

※その他ご質問等がございましたら、こちらからお気軽にお問い合わせください。

年間行事予定

田植え体験&バーベキュー大会2018での集合写真

こどもの王国の毎日

私たちが意識している「8つの大切」の理念に基づき、毎日の生活の中でも子どもたちが常に「自分の頭で考えて」生活できるよう、場を整えています。

遊び方やお散歩の行き先なども子どもたち自身に考えさせ、可能な限り子どもたちの自己決定に沿えるような保育をしています。保育者は、基本的に「~してはいけません」という接し方をせず、こどもたちの「やりたい!」という気持ちを最大限に尊重します。

こどもの王国保育園の周辺にはたくさんの公園があるので、外遊びには困りません。基本的には毎日外に出て、元気いっぱいに遊んでいます。また、屋上も使用できるので、夏は屋上でプール遊びも楽しんでいます。

企業主導型保育事業についてのご案内

企業主導型保育事業についての簡単にご説明を以下に掲載しております。保護者の皆さまにお願いをさせていただきたいこともございますので、ご一読ください。

企業主導型保育事業とは

2016年度より内閣府が始めた取り組みで、多様な働き方に対応した保育サービスを拡大することで待機児童問題を解消し、仕事と子育ての両立を支援するのが目的の制度です。

※「内閣府」および「公益財団法人児童育成協会」のホームページのものが正式な情報です。
http://www8.cao.go.jp/shoushi/index.html (内閣府 子ども・子育て本部)
http://www.kigyounaihoiku.jp/ (公益財団法人 児童育成協会)

利用者の皆様のメリット

・保育料は内閣府によって定められた、認可保育園の平均的な金額と同等程度になります。
・施設への整備費と園の運営費の両方の助成が出ますので、保育環境の改善が図れます。
・園児一人あたりの保育室面積や有資格者の配置数の基準が高くなるので、より質の高い保育園にお子様をお預けできます。

入園に際して ~企業様との共同利用契約のお願い~

企業主導型保育事業の実施施設は、定員の半分以上を共同利用契約を結んだ企業様の従業員のお子様を預からなければいけないという規定があります。残りの半分は「地域枠」としてお受け入れすることが可能ですが、半分を超えることはできません。
今後入園を希望される保護者の皆様には、お勤めされている会社様と共同利用契約を結ばせていただくことが求められております。ただし、この提携契約は書面のみの契約であって、金銭のやり取り等は一切ございませんのでご安心ください。

※こちらの共同利用契約は、公務員の方および個人事業主の方とは締結することができません。両親ともに公務員および個人事業主の方に関しましては地域枠でのご入園となりますので、ご相談ください。
※すべての保護者の皆様に、就労証明書または保育認定証の提出が必要になります。

企業様との共同利用契約につきまして

ご契約をお願いさせていただくにあたってのポイントは以下の通りです。

・ 企業様に一切の経済的負担はございません。必要なのは書面上の利用契約のみです。
・ ご契約いただいた企業様の従業員のお子様は、当園に優先的に入園できます。
・ ご契約をいただけますと、入園金は半額となります。

・ 企業様のすべての社員の方が対象となりますので、企業様の福利厚生がより充実いたします。
・ お子様をお預けになる際は、従業員の方と当園との直接契約になりますので、企業様にかかる事務的な負担もございません。

企業様には一切のご負担をおかけしない契約内容となります。
今後ご入園をご希望される保護者の皆様には、大変お手数ではございますが、労務部や人事部、または営業所の代表権をお持ちの方へのご紹介をお願いさせていただきたく存じます。
その後、当園の代表が会社様へ直接お伺いをし、必要書類をお持ちしてご説明をさせていただきます。

地域枠の弾力措置について

平成30年3月2日より、従業員枠に空き定員がある場合に限り、保育所等の入所保留の通知を受けた児童に限って、地域枠の50%の上限を超えた受入れが可能となりました。
「保育所入所保留通知書」をお持ちの方はお知らせください。ただ、原則として従業員枠の当該年度中における空き定員を活用した一時的な措置であることをご理解ください。 
説明会へのご参加、園の見学など、お気軽にお問い合わせください。