グリーンゼリーに胎児や母胎に影響が出る副作用はあるのか?

膣内に注入することで、膣内の環境をアルカリ性へと変化させてくれるグリーンゼリー。
膣内がアルカリ性になることで、男の子のY精子が活動しやすい状態にしてくれることで男の子を妊娠する確率が高まります。

男の子が欲しい!と熱望する方から高い支持を受けているグリーンゼリーですが、膣内に入れるということもあって、副作用のことが気になって購入を迷っているという方も少なくないみたいです。
実際、グリーンゼリーの副作用の可能性はどうなのでしょうか?


グリーンゼリーの原材料を見てみると、そのほとんどが天然成分であったり、化粧品などにも使用されることの多い、安全性の高い成分でした。
グリーンゼリーは、食品などを原料としているため、人体に害はありません。
そのため、副作用の心配もなく安心して使用することが出来るんですね。

グリーンゼリー自体は、お口の中に入れても心配ないほど、高品質なんですね。
つまり、グリーンゼリーを使用して、副作用のような症状を引きおこしたり、母体、胎児に苦影響を与えるようなことはありません。

しかし、いくら安全とは言っても、アレルギーをお持ちの方は使用前に全成分を確認の上使用した方が良いかもしれません。
どんなに安全だと言われている化粧品や、食品でもお肌に合わない、体質に合わないという場合もあります。