グリーンゼリーで産み分けの成功率アップ?

産み分けをせずに自然妊娠した場合の、男女の誕生比率はほぼ半々と言われていますが、グリーンゼリーを使用して、産み分けをすることで、70~80%の方が希望通り男の子を授かっているという調査結果もあります。

しかし、いくら産み分けゼリーを使用したからと言って100%産み分けが成功するというわけではありません。
産み分けゼリーは、男女の遺伝子である、Y精子とX精子の特徴や妊娠のメカニズムを利用することで、男の子の産み分け成功率を高めるというものです。

そこで、グリーンゼリーの成功率を高めるポイントをこちらにまとめてみました。

①性交は排卵日当日に!
男の子遺伝子である、Y精子に寿命は24時間程度だと言われています。
排卵日当日にグリーンゼリーを使用して性交渉することで産み分けの成功率も高まります。

②女性が気持ちよくなる性交渉を
Y精子は、酸に弱い性質を持っています。
女性はオーガニズムを感じることで、アルカリ性の粘液を分泌します。
膣内が中和され、Y精子が有利な環境になります。

③リンカルとの併用も有効
産婦人科の産み分けでも使用されている、リンカルを併用することで男の子の産み分け成功率は80%以上になるともいわれています。

グリーンゼリーだけに頼らずに、性交渉時の環境を整えたり、排卵日を把握することで成功率が高まります。