IKIGAIリトリート
(田舎暮らしとは!)

九州最後の秘境で原点を見つめる






夏木小屋「IKIGAI」リトリート
TEL. 090-2500-7815
〒879-3101大分県佐伯市直川大字赤木540

生きがいを持ち暮らす人々との交流

九州山地には、ニニギノミコトや天照大神、豊玉姫伝説など、古事記に由来した神々の神話が伝わる。
その麓にある「鷹鳥屋神社」は、古事記最初の夫婦神の女神イナザミノミコトを祀り、約760年の歴史がある。
この郷社の「宇目神楽」は、人口減少や高齢化の中にあって、多くの若者や子どもたちで組織され、県内外の公演を年間30回以上も行う老若男女を通じて人気の神楽座である。
彼らは、生きがいを持って保存継承に取り組む。その原点とは。

ツアーコンセプト

「IKIGAI」は、日本にしかない言葉。今、この言葉の本が欧米でベストセラーになっている。しかし、本家の日本人でその生きがいを感じて生きている人は、少ないという。人生100年時代。生きがいは、仕事を終えて考えるのではなく、今意識し、自分が喜ぶ人生へと転換していかなければ手遅れ。自分を見つめて今後を考えるには、惰性の生活から離れて自然界に身を置き、本物の「自然・人・食・文化」に浸り、見つめることが一番。そんな場所と時間を提供するのがIKIGAIリトリート。

渓谷の清水で生豆を挽いた究極のコーヒーを味わいながら!

悠久の昔から気の遠くなる時を刻み、花崗岩をなめらかに変えてきた藤河内渓谷の水。その清水は、多くの腐葉土を伝って流れてくる。ミネラル分を多く含んだ本物の自然の営みに触れ、清らかな気持ちで自分を見つめる。

「田舎暮らし」に、生きがい見出す!
災害の多い昨今、これまで悲観されてきた「田舎暮らし」。しかし、近年の状況を見ると、都会暮らしはリスクの高い危険が潜む。最適な環境を求めて田舎暮らしをすることこそ、自分の身を守り、IKIGAIを持ちながら暮らすことができると信じている。田舎暮らしの本質を語り合いながら、今後を見つめる。

1日目:一組だけの受入れ「夏木小屋」に集合民泊!
到着後、まずは近くの温泉施設へ。民宿は、九州山地、豊後水道の中間地点にあることから両方の新鮮な幸が手に入る。広い二階の3部屋だから、家族に気兼ねなくゆったりと使用できる。
ここでまずは、オリエンテーション。
1日目:古事記神代の世界、勇壮な「夜神楽」体感!
宇目神楽は、若者や子ども達で構成され、発足時の舞をそのまま今に伝える。古事記、神代の世界の勇壮な舞が15演目。その内の1座を体感し、舞や拍子を体験。神楽師との交流を行う。
動きの激しい夜神楽は、神秘的で圧倒される。

2日目:樹齢600年の大杉が林立する「鷹鳥屋神社」参拝!
車で近くまで。760年の歴史があり、境内には樹齢600年の大杉が林立する。狛犬の上に鷹が鎮座する珍しい神社。佐伯の田舎暮らしの原点を知ろう。

2日目:一枚岩の花崗岩「藤河内渓谷」の知られざる自然をリトリート!
総延長8kmに及ぶ藤河内渓谷。「滝、おうけつ、沢、渕」など一般客が足を踏み入れない景勝地が数多く存在する。人の手では作れない、春夏秋冬季節に応じたIKIGAIリトリートを提供する。
2日目:藤河内渓谷「焚き火と鍋と星空」のキャンプ!
焚き火を見つめて今後を語り合う。佐伯の幸をゆっくり焼き味わう。林の隙間から星空を見上げながら寝る。トトロのようにふわふわした木の根の上で。現実から離れた自分達だけの、贅沢な夜を過ごしながら、豊かさとは何かを感じる。(下車後徒歩5分「近くにトイレ有り・予約不要のため、万一先客のある場合は、場所移動を了承ください。)
3日目:「焚き火粥とパン、コーヒー」でゆるり朝食!
焚き火粥とパン、渓谷の水で点てたコーヒー。更に民宿で採れた野菜サラダや実を使ったジャムを塗って食べる。ゆったりした贅沢な朝食を味わいながら、大切なものは何かを意識する。
3日目:じわっと「藤河内渓谷温泉」に浸かる!
マイナスイオン豊富な自然に身を任せた後、渓谷内にある、温泉に浸かる気持ちのよさは例えようがない。ゆっくり浸かりさっぱりした後には、休憩室で明日からの想いを語ろう。

3日目:「道の駅宇目」で解散。気を付けて!
藤河内渓谷温泉から約25分。国道326号沿いにあり、レストランやキャンプ場、直売所などがある。藤河内渓谷、九州山地への玄関口となっている。ここで解散、良い人生を。


2日目:一枚岩の花崗岩「藤河内渓谷」の知られざる自然をリトリート!
総延長8kmに及ぶ藤河内渓谷。「滝、おうけつ、沢、渕」など一般客が足を踏み入れない景勝地が数多く存在する。人の手では作れない、春夏秋冬季節に応じたIKIGAIリトリートを提供する。

ガイド
(常時1組受入)

柳井百人:早期脱サラし、山師に転職。宇目神楽座を再興。楽長を務め後進に伝承。山師という仕事を通じて見る九州山地の大自然に惚れ込み、ツアーガイドや民宿を経営。田舎暮らしの奥深さを知る。
清らかな水、自家製の食材、その基盤となる土地と家屋。自然災害が多くなっていく昨今、「田舎暮らし」こそ自分らしく生きられる居場所と自負する。
(山師・宇目神楽元楽長・ツアーガイド・民宿経営)

スケジュール
(受入:年間を通じて土曜日~月曜日)

・1日目(土)16:00までに民宿・夏木小屋集合~16:30入浴~18:00夕食~19:30神楽殿移動~20:00宇目神楽交流体験~22:00民宿着予定
・2日目(日)7:00朝食8:30発~9:30鷹鳥屋神社参拝~11:30藤河内渓谷体感~15:30キャンプ準備~17:00焚き火夕食懇談~各自星を眺めながら睡眠
・3日目(月)7:00起床~8:00朝の空気を吸いながらゆっくり朝食~10:00後片付け~11:00藤河内渓谷温泉入浴~13:00道の駅宇目解散「送迎の場合は調整」

参加費(2泊3日)
お一人様28,500円
「1組2名〜」

◎参加費に含まれるもの
●民泊代(1泊2食「基本メニュー」/温泉込み)※追加料理・酒別途
●ナビゲート料
●宇目神楽鑑賞・舞/拍子体験代(90分程度)
●団体装備代(テント・タープ・焚き火・食事具)
●個人装備代(リュック大・シュラフ・マット・マット下・シート・ヘッドライト・マイ食器・沢靴・ヘルメット・ライフジャケット)
●野営3食事代(弁当・夕「酒込み」・朝)
●藤河内渓谷温泉入浴料
●保険代(グリーンツーリズム保険)
※個人準備物
保険証・着替(季節で確認)・運動靴・レインウェアー・折畳傘など

リュックに入れ、最小限の荷物でお越し下さい。

「2泊3日」催行最少人数は、2名

 
お問合せ

090-2500-7815

民宿・夏木小屋

〒879-3101大分県佐伯市直川大字赤木540

▼お車でお越しの方
・佐伯ICから国道10号宮崎方面へ20分
・JR直川駅近く、巨大カブトムシモニュメント目印
・国道10号左折し県道603号へ「直川鉱泉センター」方面700m先右側二階屋
▼JRご利用の方
・JR佐伯駅まで送迎可30分(10名まで)
▼大分空港ご利用の方
・佐伯市行き高速バスでコスモタウン前下車
「お一人往復5,900円・片道約2時間」・コスモタウンまで送迎可20分(10名まで)
※複数なら大分空港からレンタカーがお勧め。

お知らせ
◎ひと組限定、少人数受入れですので、一人ひとりを大事にします。
その他の詳細はメールで行いますので、安心いただきご参加ください。
◎健康な方のご参加をお願いします。
◎キャンセル料は、かかりません。
◎盆、年末年始は、お休みさせていただきます。
◎新型コロナウイルス対策には意識して受入れします。また、ひと組限定ですので安心です。
◎観光庁が実施する「GO・TOトラベル事業」対象ではありませんので、ご了承ください。