ポケモンGo好きの
社会起業家と語ろう

夏休み、なにか探している
大学生へ!
山元でまってるよ!

申し込み

ポケモンGo好きの
社会起業家

ポケモンGoが大好き、ディズニーランドに一人で行って遊ぶくらい!で、自由で、ハチャメチャな社会起業家のイチゴ王子、GRA代表の岩佐大輝とみっちり語らないか?みんなが絶対無理だろう、諦めてしまうことを、やっちまう男だ。

GRAとは;

インド(マハラシュトラ州)、東京(表参道)に、拠点を持つ多国籍企業。本社は、緑眩しい宮城県山元町にある。作っているのは、「食べる宝石」とも呼ばれるイチゴ。最高級品は1粒1,000円だ!もちろん、多くの秘密がある。最先端のIT化された農場、社会福祉施設でデザインされたタペストリーがかかるコミュニティスペースに、都心のおしゃれさを持つオフィス空間。今年の初夏には、ここで、ノーベル平和賞を受賞したカイラシュ氏と岩佐が対談したぞ。

なんで、山元?

この山元は、多くの学びが生れる空間だ。「本じゃだめだ。リアルに山元で感じるんだ!」世界最高峰のハーバード・ビジネス・スクールの学生が世界で唯一5年続けてやってきた場所が東北の被災地だ。そう山元町は、東北の代表的な被災地の一つ。東日本大震災で、大きな被害を受けた。荒々しい太平洋と荒れた海岸線。直線日本一をかつて誇った線路跡を抱え込む大地が残った。変わり果てた町の姿、無くなった知人・友人への想いを秘めて、多くのリーダーが、立ち上がった。岩佐大輝は、その一人だ。彼も、山元の地で目覚め、GRAを創業したんだ。

山元ミガキ塾とは

山元で得られる学びを3日に濃縮したプログラムだ。東日本大震災の爪痕が残る震災遺構の中浜小学校からスタートし、リーダーたちと語り合う。GRAのハウスもしっかり見る。そして、岩佐大輝との対談だ。みっちり彼の裏面のストーリーを含めて、語ってくれる。20代の彼の話は壮絶だ。そして、GRAを作っている彼の壮絶な話も刺激的だ。その間、一緒に学ぶ仲間との繋がりが深まっていくんだ。寝泊まりは、太平洋を見下ろせる自然あふれるミガキハウスだ(予定)。

お申込み

もう一人の男

阿部 結悟
Yuigo Abe

今回のミガキ塾のファシリテーターは阿部結悟という、尊敬すべき男だ。2012年の「日経ビジネスが選ぶ、平成生まれの30人」に選ばれている。山元で生まれ育って、大学は域外に出たけど、震災があり、山元に帰ってきて、地域でふんばっている男だ。泥臭く、一人ひとりと話をし、支えながら、勇気づけている男だ。きっと、共に学べば勇気づけられるはずだ。

【プロフィール】

一般社団法人ふらっとーほく 代表理事
山元の未来への種まき会議 副代表

平成元年、山元町生まれ。
東日本大震災をきっかけに、Uターンし、宮城県南で人材育成事業、コミュニティ支援事業を開始。
地域資源を活用し、体験プログラムやアートプロジェクトを通じ、地域内外の交流機会を創出する「オンパク」事業や、地域課題の解決に取り組むためのプランを作成する「伊達ルネ塾」を立ち上げ、地域内外の学生・社会人のネットワークづくりをサポートする。
企業と地域の対話と学習の場のコーディネート(「サントリー亘理五感塾」等)を行う。
2012年「日経ビジネスが選ぶ、平成生まれの30人」に選出。

今こそ!

次回山元ミガキ塾は、8月22日~24日。たった3日で色んな考え方が180度変わっちまうかも?!。ちょっと、山元に行ってこよう。JR仙台駅や仙台空港から約40分、常磐線浜吉田駅に昼過ぎに集合だ。

いつ、何が分からない人生だからこそ、今、この瞬間に決断だ。
待っていたから、誰かに与えられたから。
自分でつかむんだ!

申込み

GRA代表
岩佐 大輝
Hiroki Iwasa

メッセージ

なぜ貧困がなくならないのか。なぜ戦争がなくならないのか。なぜ人間は時を経て同じ過ちを繰り返すのか。それは五感で感じるきっかけが少ないからだと考えます。

私たちが山元町という混沌とした課題集積地において、「山元ミガキ塾」を開催する意義はまさにそこにあります。
塾では世界最先端のイチゴ栽培施設「イチゴワールド」でのセッション、2011年の大津波によって壊滅した浜辺の集落視察、そこに建てられた高さ8メートルもの堤防視察など、課題が詰まった東北、そして山元町の奇妙なコントラストをはっきり感じ取れるように設計しています。

日常から解放されて、五感で感じ、感じたことを言葉にしながら楽しんでください。そして塾のメンバー皆で仲良くつながり、生涯の友人をつくってください。

山元ミガキ塾で会いましょう!

【プロフィール】

1977年、宮城県山元町生まれ。
株式会社GRA代表取締役CEO。日本、インドで6つの法人のトップを務める起業家。

2002年にITコンサルティングを主業とする株式会社ズノウを設立。
2011年の東日本大震災後は、大きな被害を受けた故郷山元町の復興を目的に特定非営利活動法人GRAおよび農業生産法人株式会社GRAを設立。先端施設園芸を軸とした「東北の再創造」をライフワークとするようになる。イチゴビジネスに構造変革を起こし、大手百貨店で、ひと粒1000円で売れる「ミガキイチゴ」を生み出す。2012年11月にはインドのマハラシュト州タレガオンに先端イチゴハウスを建設。
同年、グロービス経営大学院でMBAを取得。
2014年に「ジャパンベンチャーアワード」で「東日本大震災復興賞」を受賞する。
著書に『99%の絶望の中に「1%のチャンス」は実る』(ダイヤモンド社)、『甘酸っぱい経営』(ブックウォーカー)がある。

【TV、ラジオ出演】
りんごラジオ、東北発未来塾(NHK)、NHK WORLD、NHK World、クローズアップ現代(NHK)、とつげきアットホーム(NHK)、ガイアの夜明け(テレビ東京)、ワールドビジネスサテライト(テレビ東京)、モーニングサテライト(テレビ東京)、未来シアター(日本テレビ)、NHKラジオ深夜便、Make IT 21(J-WAVE)、あさラジ(ニッポン放送)、あぐりずむ(TOKYO FM)など多数

【新聞・雑誌】
東北復興新聞、FORTUNE(北米版、アジア版、ヨーロッパ版)、日経ビジネス、THE21、農業、宣伝会議、農業経営者、農業ビジネス、AERA、NIKKEI DESIGN、日経新聞、朝日新聞、読売新聞、毎日新聞、河北新報、ソトコトなど多数