登録販売者で収入を上げたいなら
ドラッグストアがベター?

登録販売者になったものの、どこに就職するかによって収入は大きく変動してきます。この記事では登録販売者になったけれど、まだ就職先が決まっていないという方に向けて、おすすめの就職先や、就職先の見つけ方などを簡単に紹介していきます。少しでも収入をアップさせたい登録販売者の方は参考にしてください。

そもそも登録販売者にはどんな働き方がある?

登録販売者と言っても、その働き方はさまざまです。この記事では登録販売者の雇用形態と、メリット・デメリットを簡単にまとめました。

 ・正社員

登録販売者の中でも特に募集が多いのがこの正社員という雇用形態ではないでしょうか。会社によっては正社員採用時に一時金を支給する企業や、ボーナスを用意してくれる企業もあるので、収入アップを望んでいるなら、まずは正社員という選択肢を選ぶべきです。しかし、登録販売者の中でも正社員は希望者が多いため、実際に採用されるまでのハードルが他の雇用形態と比べると高い傾向にあります。

 ・アルバイト、パート

登録販売者の求人は、アルバイトやパートという雇用形態でも募集されることがあります。基本的には時給制での採用となり、賞与も正社員と比べると低く設定されているか、まったく支給されないかのどちらかという場合が多いです。一方で、勤務時間が長くならないため、決まった時間だけ働きたいという方には向いています。

 ・派遣会社

派遣会社を利用して登録販売者の求人を探すのも一手です。基本的に派遣会社の求人は時給が高いので、高収入を目指す方にとっては魅力的です。ただし、基本的に派遣社員として採用される場合は雇用期間が決まっていることに注意が必要です。逆に言えば、決まった期間だけ高収入で働きたいと考えている方にとっては魅力的です。

稼げる登録販売者になるにはどの職場を選べばいい?

また、登録販売者で高収入を目指すには、どの職場で働くか?ということも大切になります。では、実際にどのお店を選べば高収入を目指せるのでしょうか。

 ・やっぱりドラッグストアがおすすめ!

登録販売者で高収入を目指すのであれば、やっぱりドラッグストアを選ぶべきでしょう。どのドラッグストアにも登録販売者の需要があるため、企業によっては「採用お祝い金」を導入するなど、ドラッグストア以外のお店よりも力を入れていることがわかります。ドラッグストアは他の職場と比べると、取り扱う商品の数は圧倒的に多いです。ですが、その分高収入を目指すことができるでしょう。

 ・ドラッグストア以外の職場って?

ドラッグストア以外に登録販売者の求人を出しているのは、コンビニエンスストア、ホームセンターなどがあります。しかし、ドラッグストア以外はそもそも登録販売者の求人が少ないため注意が必要です。

登録販売者がドラッグストアを選ぶときに意識すべきポイント

収入アップを目指してドラッグストアへの就職活動を行う上で大切なのは、どのような点でドラッグストアを選ぶかということでしょう。では、転職経験のある登録販売者の資格を持った方は、どのようなポイントに注目しているのでしょうか。

 ・キャリアップができるか

登録販売者として収入アップを目指す上で欠かせないのは、キャリアアップができるかどうかということです。入社後にどのようなキャリアパスとなるのかをしっかりと示してくれるドラッグストアであれば、安心して働き続けることができるでしょう。登録販売者の資格を持っていたとしても、キャリアを積めないのであれば長期的な収入増には至りません。目先の収入が上がることは素晴らしいのですが、ずっと登録販売者として働くのであれば長い目線が必要なのです。

登録販売者がドラッグストアに求める求人の条件とは

最後に登録販売者がドラッグストアの求人を探すときに、注目しておきたい募集条件をまとめます。

 ・休日はしっかりと取れるか

収入がアップした一方で、休日が減ってしまったら体を休めることができず、長く働き続けることは難しくなってしまうでしょう。そのため、求人情報をチェックする際は必ず年間休日を確認してください。残業が月にどの程度あるのかもしっかりと確認しておけば、採用後のミスマッチを防ぐことができます。

 ・給料は高すぎないか

比較的時給が高い登録販売者といっても、高すぎる給料を提示している場合は注意が必要です。中にはサービス残業を強いるような会社もあるため気をつけてください。

以下でドラッグストアへの転職を考えている方への情報がまとめられたサイトをご紹介します。
ドラッグストアのお仕事に興味があるならぜひチェックしてくださいね。

まとめ

この記事では登録販売者になったものの、
どんな形態の店舗に就職すればいいのかを簡単に紹介しました。
一番高収入が見込めるのがドラッグストアなので、
可能であればドラッグストアで仕事を探してみるのはいかがでしょうか。
ホワイトな職場を見分けるポイントもいくつかあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。