なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

GPS発信機の使い方、従業員や子供や老人の位置情報を知る

GPS発信機は、どんなことに使える

GPSについてスマホを活用される方も増えた事から、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

そんなGPS(全地球測位システム)ですが、スマホでマップを調べるだけでない様々な活用方法があるのです。

家庭の中でも便利に使える方法や職場での活用など、どんな場面でGPSを活用できるのかご紹介したいと思います。

GPS発信機で何ができる?

GPS発信機は地球の上を飛ぶいくつかの衛星を使い、位置情報を測位するシステムです。

GPSの活用法で有名なのはカーナビですが、カーナビ以外にこの機能を色んなことに役立てることができます。

家庭内での使用

子供や老人などのいる家庭では、GPSを使う事によって現在家族がどの場所にいるのかを知る事ができます。

子供が学校から帰宅すると、共働きの家庭では放課後の子供の事について目が行き届きにくいものです。

そうした時にGPS内蔵のキッズ携帯やGPS機能を持つ防犯ブザーなどがあり、子供が学校からちゃんと帰宅しているのか?習い事にちゃんと行けたのか?今はどの辺りで遊んで居るのか?といった子供を見守る目として使う事ができます。

また家族に徘徊をしてしまう老人を抱えている場合には、GPSのついた携帯・御守り形のGPS機器・靴にGPSが内蔵されているものがあります。

高齢者が徘徊してしまうと、家族がその居場所を探し回らなければならない事や、本人も現在居場所が分からない場合、車道を歩いてしまったり警察のお世話になってしまうという事があります。

こうした行動は事故に繋がってしまう可能性も高い事から、徘徊してしまう老人に対しても見守りの目を持つ事ができます。

親が遠くの故郷で一人暮らしをしている場合でも、GPSの活用は期待でき、実際に自治体の中でも、一人暮らしの老人の見守りの一貫としての運用が検討されている所もあります。

ペットも家族の一員と考える家庭も増え、迷子になってしまった時に発見する方法として、首輪などに小さなGPS機器を取り付ける事もできます。

盗難対策

スマホに内蔵されているGPSを使い、スマホの盗難対策がでいるアプリもありますが、スマホをカバンに入れていてカバンごと置き引きにあったという被害者が、妻がGPSを使いその場所を特定した事でカバンを取り戻す事ができたという事件もありました。

また、自家用車やバイクや高価なスポーツタイプの自転車など、盗難対策としてもGPSを活用する事ができます。

車やバイクの盗難被害に加え、昨今では高価なロードバイクが盗難被害にあうという事件も増えています。

自分の大切な乗り物にGPS発信機を付けておく事で、万が一盗難に遭った時でも場所を知る事ができるので、戻ってくる可能性を高める事にも繋がります。

仕事場での使用

職場でGPSを使用する場合、社用車へのGPSの搭載、会社から支給された携帯などで、車や従業員の現在地を把握する事ができます。

社用車にGPSを搭載する事の利点は、現在地を把握できる事から帰社時間の予測・社外でサボっていないかの確認・取引先への最適なルートの把握などを行う事ができます。

またこうした従業員の監視によって、サボりが常態化している社員の発見に繋がる事は、人員配置の見直しや注意勧告を行うための根拠や証拠として使用する事も可能です。

浮気現場の特定

浮気している人の持ち物や車に、GPS発信機を取り付けることで、浮気している人の現在地を調べることに使えます

パートナーの浮気を調べようと思ったら、探偵に浮気調査を依頼するか、自分で浮気を調べるしかありません。

GPSを使えば、浮気しているパートナーが何処に行ったのかを調べることができるので、集めた情報から浮気現場を特定することができるかもしれません。

GPSで集めた情報を元に浮気現場がわかれば、浮気現場の証拠写真を探偵に依頼して撮影してもらうなどに使うことができます。

GPS発信機の設置方法

GPS発信機を付けるには、車やバイクや自転車などの乗り物は、落下に注意して取り付ける必要があります。

走行中の振動は思いの外大きいもので、落下により他車を傷つけてしまったりGPSが破損しないためにも、落ちないようにしっかりと取り付けるように注意しましょう。

子供や老人など人に持たせる場合には、常に持ってもらう事が大切なので、子供には防犯ブザーや携帯としてもたせる事

持ち物を忘れてしまうような老人の場合には、よく着用する洋服に取り付けたり、靴に取り付けるなど自然とGPSを持って出かけられるような工夫が必要です。

GPS発信機の設置の注意点

子供にGPSを持たせたり徘徊や認知症の老人にGPSを持たせる事は、罪に問われる可能性はありませんが、GPSで監視を行う際には注意点があります。

プライバシーの侵害に配慮する必要があり、例え配偶者であっても勝手にスマホのGPSを起動させて監視を行う事は、プライバシーの侵害にあたり罪に問われる可能性があります。

この事から黙ったままGPSをもたせてそれがバレてしまうと、夫や妻でもプライバシーの侵害だとして罪に問われる可能性があるのです。

社員にGPSを使う事も同様で、GPSを使う時には同意が必要となります。

こうした点に注意する事で、生活や職場の中で便利にGPSを使う事ができ、子供や老人を見守る目としても活用できるのです。

ここまでご紹介してきた事を、安心安全に生活する方法の一つとして、GPSの活用を参考にしていただければと思います。

GPSのレンタルサービス

ICHIDOCO

GPSのレンタルサービスでレンタル日数によって料金が違う。

浮気調査専門GPS

探偵事務所が運営しているGPSレンタルサービス。