一般社団法人 グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン 
Email : info@gpf.jp
TEL : 03-6416-5435

ナイジェリア・カドゥナ州の
平和構築プロジェクト地域における食糧支援のご依頼

プロジェクト地域について

ナイジェリアは西アフリカに位置する連邦制共和国であり、イギリス連邦加盟国です。人口はおよそ2億人で、アフリカ最大の人口(世界では第7位)を有する大国です。
多民族国家であり、500を超えるエスニック・グループが存在。公用語は英語であり、宗教的には大きく分けて南部にキリスト教、北部にイスラム教が存在しています。

カドゥナ州はその中でも、キリスト教、イスラム教の対立が激しく、2011年には大統領選挙を受けて、イスラム教徒とキリスト教徒の対立が激化。暴動により多数の死傷者が出ました。

私たちの活動

北部のイスラム教、南部のキリスト教での異宗教間の葛藤や紛争防止のため、
グローバル・ピース・ファウンデーションのナイジェリア支部は、キリスト教とイスラム教信徒が混在し、紛争が発生していた中北部のカドゥナ州で2014年、違いを超えたアイデンティティを共有し、地域社会に貢献する平和構築プログラムを始めました。
このプログラムの社会的成果は国内外で認められ、米国の国務省やドイツのロバート・ボッシュ財団から助成金を受けて、同州のカジュル市やカニンコン市でプログラムを展開してきました。

ナイジェリアのへき地では、コロナウイルスのため
収入源を絶たれた家庭が急増しています


3月末、コロナ感染拡大防止のため外出制限がカドゥナ州でも発令され、プログラムを実施していた4つの地域でワークショップなどを休止せざるを得なくなりました。また、同地域の村人の多くが、その日のわずかな収入で生計を立てていたため、外出制限で収入源が断たれ、家族を養う食糧不足に直面しました。国や地方政府の支援がへき地の村には行き届かない中、GPFナイジェリアはこの課題に向き合い、国内外から寄付金を集め、4地域で食糧支援を始めました。

これまでの実績

届けた救援パッケージ

GPFナイジェリアは各地域1,000家庭を対象として、4地域で合計4,000家庭、360万円を目標に設定。これまで約120万円の支援金を受けて、約1300家庭に救援パッケージ(日本円900円ほどで、米1kg、豆2kg、乾燥キャッサバ粉2kg、手洗い用石鹸一個)を届けることができまました。

メディアでの認知

支援期間である5月12日、カジュル市の村を武装グループが襲撃。16人の尊い命が奪われました。GPFナイジェリアチームは現地にかけつけ、被害を受けた村人に同プログラムで訴えてきた共生の精神を想起させ、報復攻撃をしないことを強調し、食糧支援を行いました。この様子は現地のテレビや新聞で取り上げられました。

様子は以下からご覧頂けます。

メディアでの認知

支援期間である5月12日、カジュル市の村を武装グループが襲撃。16人の尊い命が奪われました。GPFナイジェリアチームは現地にかけつけ、被害を受けた村人に同プログラムで訴えてきた共生の精神を想起させ、報復攻撃をしないことを強調し、食糧支援を行いました。この様子は現地のテレビや新聞で取り上げられました。

様子は以下からご覧頂けます。

皆様からのご支援で以下のことが可能になります!

900円ほどで、米1kg、豆2kg、乾燥キャッサバ粉2kg、手洗い用石鹸一個を救援パッケージとして一家庭に提供できます。
現地の方々の生活必需品の不足とそれに伴う不安が解消され、教育などに集中できる環境が整えられます。
食料品の支援活動を通し、前略の暴動を超えた平和の精神を想起させるきっかけとすることができます。
食料品の支援活動を通し、前略の暴動を超えた平和の精神を想起させるきっかけとすることができます。

プロジェクトを支援する

ご支援金の振込口座は以下の通りです。
ご支援金のお振込み時に、お振込者名の前に“ナイ”を付けて下さい(例:ナイヤマダ タロウ)。
ナイジェリアのためのご支援であることを認識させて頂きたいと存じます。

 何卒、皆様のご理解とご支援を宜しくお願い致します。

三井住友銀行 恵比寿支店(店番号656)
(普通)8776703
一般社団法人 グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン

ゆうちょ銀行 店名〇一八(ゼロイチハチ)
(普通)3221623
シャ)グローバル ピース ファウンデーション ジャパン

お問い合わせ
一般社団法人 グローバル・ピース・ファウンデーション・ジャパン 
Email : info@gpf.jp
TEL : 03-6416-5435