医学書院のwebマガジン「かんかん!」での連載は
大幅に加筆して、2020年3月に
誤作動する脳

(医学書院のシリーズ ケアをひらく)
として出版されました。


新刊『誤作動する脳』(医学書院 シリーズ ケアをひらく)

目次・立ち読み・電子版 (医学書院サイト)

新聞・雑誌の書評(朝日・毎日・日経・エコノミスト)

アマゾン 楽天

.


筆者

樋口直美

1962年生まれ。50歳でレビー小体型認知症と診断された。
私の脳で起こったこと』(ブックマン社)が、日本医学ジャーナリスト協会賞優秀賞を受賞。
サイト「認知症世界の歩き方」監修。「VR認知症レビー小体病幻視編」のシナリオ、『みんなの当事者研究』など執筆活動を中心に認知症医療・ケアの改善を望んで、体調の許す範囲で活動している。

( 講演動画や原稿などへのリンク集です。)

著作『私の脳で起こったこと』 

アマゾン →楽天 

講演動画(2018年6月)

情報処理学会第12回高齢社会デザイン(ASD)研究会の招待講演

レビー小体型認知症サポートネットワーク兵庫 第7回交流会
(2018年3月)

ほぼ毎日情報発信しています。

インタビューby伊藤亜紗さん

時間感覚・料理・記憶・脳の疲労感など