マイグレーションサービス(VB6からVB.NET)

エンドユーザー様の課題
弊社と一緒に解決しませんか?

VB6からVB.netマイグレーションの必要性

Visual Basic 6.0の製品サポートはすでに、2008年4月8日にサポートを延長してから10年以上経過しております。
また、2020年1月14日には、ついにWindows7、Windows Server2008のサポート終了が決定しています。
それにもかかわらず、今でも多くの企業でVisual Basic 6.0で開発されたシステムが運用されています。

Visual Basic 6.0で開発されたシステムを利用し続けることで、リスクは年々大きくなっています。
言語やOSのサポート切れでセキュリティリスクの増大、ハードウェアの老朽化。技術者確保など。

そのため、今までのようにスムーズなシステム運用を行うことが、年々難しくなっているのです。

※追記(2019年11月12日)
2019年10月2日にマイクロソフトからサポート期間延長の発表がありました。
Windows 7のサポート期限を法人向けに限り、「2023年1月まで延長する」ということです。 
Visual Basic 6.0資産を運用されている企業様には猶予ができたとはいえ、
VB資産は大規模システムが多いため、移行には4ヶ月〜1年を見込む必要があります。

中華圏の約半額のマイグレーションサービス

コスト比較

驚きのコストカットを実現

高品質・低コスト・短納期
サービス実現の秘密


秘密1
強固なマネジメント

オフショア開発17年の中で築き上げた最適化されたマネジメント体制。
280名の技術者集団を適材適所で配置。
失敗しない強固なマネジメントを実現。


秘密2
高生産性の追求

独自開発の変換ツールを使用し
自動変換率70%を実現。
プロジェクト終了後には必ず評価を行うことで社内にノウハウを蓄積し、次のプロジェクトに生かす。


秘密3
単価維持活動

作業を全てベトナム側で行うことで、圧倒的な低単価を実現。
それに加え、ベトナム国内の弊社第二開発拠点(内陸部)を持つことで長期にわたりリーズナブルな価格でサービスをご提供。



秘密3
単価維持活動

作業を全てベトナム側で行うことで、圧倒的な低単価を実現。
それに加え、ベトナム国内の弊社第二開発拠点(内陸部)を持つことで長期にわたりリーズナブルな価格でサービスをご提供。


品質向上への取り組み

第三者による
ソースコードレビューの実施

ミスが起こりやすい手動でのコンバージョン部分は必ず第三者が徹底的にチェック。
間違いを未然に検出する体制と管理を徹底することで品質を担保。


専任者による
テストの実施

テストの専任者をアサインすることで、高い第三者性を保ちながらコンバージョン部分のテストを実行。
ひとつひとつの工程できめ細やかなチェックを実現することで品質を担保。


属人化しない
リカバリー体制の構築

プロジェクトは階層的に管理。
決して属人化させることをせずに、会社全体でプロジェクトを手厚くサポートすることで品質を担保。
納品後も、最後まで責任を持ち対応させていただくことをお約束。




事例紹介

大型案件でも
安心して対応

100人月をこえる規模のマイグレーション案件でしたので、対応していただけるパートナーを探していました。
案件自体は、納期をしっかり守り対応していただきました。コミュニケーションも日本語で行えたので、案件開始前に想定していたよりもスムーズにコミュニケーションが取れ、案件も完遂できました。
今後もマイグレーションサービスを武器に営業をとっていこうと思っています。

営業の武器
としての利用

VB6からVB.netのマイグレーション案件のお話は、VB6が非サポートフェーズに入ったことで、エンドユーザー様から相談を受けておりました。しかし、日本国内で案件対応を行うには、リソース調整の面、コストの面で問題があり受注が困難でした。
そんな中、IVSマイグレーションサービスを利用することで、リソースの問題、コストの問題を同時に解決し、案件を受注することができました。
ベトナムオフショアということで、開発リソースも十二分に調達でき想定よりも短い期間での納品をしていただけました。

開発コストの
大幅削減

中華圏のオフショアを使ったサービスを検討していましたが、ベトナムオフショア企業(IVS)のマイグレーションサービスを知りました。
弊社の場合は、IVS様にご提案いただいたところ、中華圏オフショアのマイグレーションサービスの約半額で利用できましたのでお仕事を依頼しました。
案件準備段階から、日本人スタッフの方にもサポートしていただき、安心して案件に着手することができました。

よくある質問

Q
開発をベトナムで行うようですが、本当に日本語で対応してくれるのですか?
A
はい。もちろん日本語で対応させていただきます。
弊社はIT技術者向けの日本語教室からスタートしており、現在でも社内で日本語教育を行っております。また、お客様窓口を担当するものは、日本での実務経験が3年以上のエンジニアですのでご安心くださいませ。
※ 弊社は日本側にも法人がございます。ご連絡いただいた際は、まず弊社の日本人が御社に伺い状況をヒアリングさせていたきます。
Q
セキュリティは大丈夫ですか?
A
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に準拠しておりますので、日本のシステム開発企業様と比べても、遜色ない体制をとっております。
社員に関しても、入社時と入社後(定期)でセキュリティに関する教育を実施しております。
また、弊社は一部上場企業様ともお取引があり、ベトナム現地でセキュリティ監査を行っていただいた際もご指摘を受けたことはございません。
※案件前に弊社をご視察していただくことも可能です。
Q
開発をベトナムで行うようですが、本当に日本語で対応してくれるのですか?
A
はい。もちろん日本語で対応させていただきます。
弊社はIT技術者向けの日本語教室からスタートしており、現在でも社内で日本語教育を行っております。また、お客様窓口を担当するものは、日本での実務経験が3年以上のエンジニアですのでご安心くださいませ。
※ 弊社は日本側にも法人がございます。ご連絡いただいた際は、まず弊社の日本人が御社に伺い状況をヒアリングさせていたきます。
Q
お見積に必要な情報を教えてください。
A
まずは、「Step数」「画面数」「帳票数」「使用サードパーティ製品の情報」をいただき、概算見積を実施します。その後、ソースコードを借用して弊社側でも上記でいただいております情報をそれぞれカウントし、正式見積を提出させていただきます。
Q
VS2017にも対応しておりますか?
A
はい。対応しております。
他のバージョンにも対応実績が豊富にございますので、詳細に関してはご連絡くださいませ。
Q
1,000,000Stepsをこえるような規模でも対応してもらえますか?
A
同等規模の案件実績もございますので可能です。(約6ヶ月でご納品)
弊社はVBマイグレーション専属チームがございますので、それ以上の規模でも対応可能です。納期に関してはご希望を伺い相談させていただきます。
Q
開発をベトナムで行うようですが、本当に日本語で対応してくれるのですか?
A
はい。もちろん日本語で対応させていただきます。
弊社はIT技術者向けの日本語教室からスタートしており、現在でも社内で日本語教育を行っております。また、お客様窓口を担当するものは、日本での実務経験が3年以上のエンジニアですのでご安心くださいませ。
※ 弊社は日本側にも法人がございます。ご連絡いただいた際は、まず弊社の日本人が御社に伺い状況をヒアリングさせていたきます。

会社概要

インディビジュアルシステムズ株式会社
会社名 インディビジュアルシステムズ株式会社
所在地 東京オフィス
〒169-0075
東京都新宿区高田馬場2-10-18-101
連絡先 info@indivisys.jp
代表者 浅井 崇氏
設立 2002年9月
事業内容 日本とASEAN各国からのオフショア開発・保守事業
ベトナムとASEAN各国日系企業向けシステムインテグレーション事業
事業内容 日本とASEAN各国からのオフショア開発・保守事業
ベトナムとASEAN各国日系企業向けシステムインテグレーション事業

ベトナム本社
IVS Co., Ltd.

インディビジュアルシステムズ株式会社

ベトナムオフショア開発事業16年の実績。
プロジェクト対応数は3,200案件以上。
2016年には100MM規模のVB6からVB.NETのマイグレーション案件を完遂。
2017年以降も継続してマイグレーション案件を実施中。

会社概要


ご興味がある方はお気軽にお問い合わせください

会社(代表)
電話:03-3410-7376
メール:info@indivisys.jp

営業(直通)
電話:070-3305-0053
メール:utsunomiya@indivisys.jp