【10名様限定】
あなたの家族を守る資産セミナー

景気や恐慌、戦争の影響を受けない資産で
大事な家族や次世代を守る方法をお伝えします。

1つでも当てはまる方は
是非ご参加ください!

  • 将来のためのまとまった資産を残せていない
  • これからの国内や世界情勢に不安を感じている
  • 自身が倒れた時の医療費・生活費の準備ができてない
  • 子供や孫の養育費が不安
  • 日本が不況になったとしても、路頭に迷いたくない
  • 金融資産は現金(日本円)でしか持っていない
  • これからの国内や世界情勢に不安を感じている

あなたのお金は毎年目減りしています!

もし、あなたが現金資産しか持っていなければ要注意です。

なぜならば、不動産や株式といった資産分散をせず、現金しか持っていなければ、その資産は毎年減っているからです。



では、なぜ現金のみでは毎年減っていくのでしょうか?



そのメカニズムをこれからお伝えします。

政府が発表した老後2000万円問題!

事の発端は金融庁の発表
金融庁の金融審議会「市場ワーキング・グループ」が公表した報告書を発端に話題となった老後2000万円問題のことをご存知でしょうか?

夫が65歳以上、妻が60歳以上の無職世帯における平均的な実収入が約21万円/月であるのに対し、消費支出は約26万円/月。


つまり、毎月約5万円の赤字となります。


このままいくと概算でも概算でも30年間で、
5万円×12カ月×30年=1,800万円の赤字であり、
この補填は貯蓄から捻出する必要がある!という報告書だったのです。

毎年物価が上がっている現状

1980年以降インフレが続いてます!
供給過多により物の価値が下がるデフレが起こっている、と思う方が多いかもしれません。


しかし、実は日本国内では1980年以降、物価が上がっているインフレ(インフレーション)が起きているのをご存知でしょうか?


たとえば、カップヌードルやタバコ、週刊少年ジャンプやハガキ代など、あなたもご存知な身近な物も年々インフレによって値段が上がっています。

このままでは2000万円どころではない!

政府が発表した老後2000万円問題。
これは家庭状況によって、2000万円という値段は上下するかもしれません。



ではもしもこのまま毎年インフレが続いてしまうと、2000万円のままで事足りるのでしょうか?




昨年は消費税増税が行われましたが、先ほどのカップラーメンやタバコなどモノの値段は現在も今なお上がり続けています。

このままでは2000万円貯まったとしても、インフレによって、2000万円では足りない可能性も大いにあるのです。

お金を貯金しているから大丈夫?

日本円は安全な通貨だから大丈夫…なんて思っていませんか?

確かに通貨としてみると円というのは、世界的に安全な通貨であるかもしれません。

しかし、100万円を10年間預金したとして、どれだけの利息がつくことになるか計算したことはありますか?





日本国内の銀行の平均利息は

約0.02%

という調査結果が出ております。




つまり、10年預金しても増えるのは2千円弱。

もし、現金しか資産としてお持ちでないなら、こういったインフレの波と銀行低金利によって、目減りしているのです。

ではそんな状況を打破するためには
どう資産運用すれば良いのでしょう?

そんな状況を解決できる資産…


その答えのひとつに、
貴金属資産として世界中で運用されている


金(ゴールド)


があります。
金は不況に強い特徴があるため、富裕層だけではなく、一般消費者でも投資対象に受け入れられている資産。


なぜなら、現在では市場相場により日々の価格変動はあれど、何千年も前から価値が無くならない資産として運用された実績があるため。


今では当たり前になっているお金も昔は金(ゴールド)によって、物の売買が行われていました。
現に一部の発展途上国では、自国通貨ではなく、金でやりとりされている地域が存在します。



インフレが起こると貨幣価値が下がるため、預貯金は目減りしてしまうという話を先ほどお伝えしました。

しかし、インフレで商品の価格は上がると、現物資産であり商品である金(ゴールド)も上昇する傾向にあります。

そのため、経済危機や不況が原因で株や債券の価値が下がったとしても、金は逆に価値が上がり、あなたを守ってくれる存在となってくれるのです。


これこそ、世界中で運用され、各国政府も保有している理由なのです。

セミナーでお伝えする内容

1980年以降続くインフレ

実は日本ではジワジワとインフレが起きています。その事実をお伝えします。

世界で起きた恐ろしいインフレ率
世界では日本では考えられないインフレが起きています。そんな海外の話をお伝えします。
もし現金しか持ってないと…
日本人のほとんどは資産を日本円でしかもっていません。では、現金しかないとどうなるのか?…そんな話をいたします。
金が世界で人気な4つの理由
世界中で運用されている金(ゴールド)。その理由をお伝えします。
金とそれ以外の資産の違いとは?
資産商品といっても金以外にも魅力的なものは多々あります。しかし、金でしか実現できない特徴もあるのです。
もし現金しか持ってないと…
日本人のほとんどは資産を日本円でしかもっていません。では、現金しかないとどうなるのか?…そんな話をいたします。
これまでの金の価格動向
金価格がこれまでどのように推移してきたのか?日本国内での取引開始からの価格動向をお伝えします。
金の適切な持ち方とは?
いくら魅力的な商品とは言え持ち過ぎは禁物!では、どれくらい保有するのが良いのか?ベストな持ち方をお伝えします。
実録!金の資産運用例!!
私が接客してきたお客様が実際に行っている金の運用例をお伝えします。金も持ち方次第では税金に追われることにもなります。
質疑応答
あらかじめ頂いた質問事項、セミナーを聞いての質問など、金に関することに何でもお応えいたします。
金の適切な持ち方とは?
いくら魅力的な商品とは言え持ち過ぎは禁物!では、どれくらい保有するのが良いのか?ベストな持ち方をお伝えします。

講師のプロフィール

中岡 英也(ゴールド王子)

株式会社ナカオカ 取締役企画部長
中岡英也(ゴールド王子)

貴金属専門ファイナンシャルプランナー。
創業者である祖父が倒れたのをきっかけに、広島市唯一の貴金属特約店である老舗宝飾店(創業1945年)へ入社。これまで4000件以上の金取引を手掛ける中、金取引で多額の利益が出ても無税で済む買い方を考案しお客様に提案。

「資産は残しても税金は残さない!」をモットーに、貴金属(金・プラチナ)を使ったお客様の人生設計、資産形成のお手伝いを行っている。「学資保険をやめて良かった」「あの時に金を持っていて助かった」など喜びの声多数。

年金支給など先行き不安な将来から自分の身を守れる人を輩出すべく、ゴールドセミナーも随時展開。さらに啓蒙活動として好評な金(ゴールド)ブログを連続1300日以上、更新中。

正しい金の情報を知ってもらいたい…

高額品である金(ゴールド)は経験と知識が十分でないと、適切な取引をできない可能性があります。

ナカオカは1980年より田中貴金属工業特約店として、広島市で最も古い地金商として金取引を行ってまいりました。


私が入社してからはたったの7年ほどではありますが、弊社には事業開始以来培ってきた経験と実績があります。


インターネットでも記載されていない情報、実際に取り引きのあった生の情報をそのままお伝えすることで、金の正しい知識を身に付けて頂きたいのです。


将来のための自分や家族を守る手段として役に立てる金(ゴールド)のお話をぜひお聞きください。

セミナー開催要項

開催日時 2020年5月12日(火)13:00~15:00
場所 Zoomにて開催いたします。
募集人数 10名様 満員御礼
受講料 1,000円(ゴールド倶楽部会員様は無料)
支払方法 銀行振込、郵便貯金振込、PayPay
支払方法 銀行振込、郵便貯金振込、PayPay