毎日、家事や育児に大忙し
つい、イライラしてしまう
子育ての正解がわからない

と、お困りのあなたへ

体験説明会募集

3つのアプローチで明日からの子育てがラクになる
ごきげんママになりませんか?

お子さんに対してこんなことを思ったりしていませんか?

  • 子どもって褒めたらいいの?叱ったらいいの?

  • たくさん育児本読んだけど、何が正解か分からない

  • のびのび育てたいけど、自由過ぎる

  • いつもやることに追われて頭の中、ごちゃごちゃ

  • しつけのつもりがつい、感情的に怒鳴ってしまう
  • しつけのつもりがつい、感情的に怒鳴ってしまう
頑張り屋さんであるほど、もしかしたらその状況をなんとかしようと
・育児本や自己啓発本を読んでみる

・手あたり次第、「良い」と言われるものをやってみる

・○○講座を受けに出かけてみる

・育児にも自分にも役立ちそう、と○○アドバイザーなどの資格を取ってみる

 

なんてこともしているかもしれません。

そんな方にとって、今回のお知らせは、あなたの子育ての状況を180度変える機会になるかもしれません。

 

なぜなら・・・

 子育てに大切なのは、『情報』や『正解』より、ママ自身のたくさんの『笑顔』だからなのです。



たくさんの情報より、 あなたに大切なシンプルなことを!

今、世の中には子育ての情報があふれています。

 

「○歳までにこれをやるとよい」

「ほめて伸ばそう」

「スキンシップが大切・・」

 

例を挙げればきりがありませんよね。

 

そんな中で、どれが正しいのかわからない、なんてことが起こるのは当然です。

 

もしかしたら一生懸命になるあまり、あふれる情報に振りまわされたり、子育てが楽しくなくて、毎日を苦痛に感じていたり、なんてこともあるかもしれません。

 

じつは、多すぎる情報には意外な盲点が・・・

たくさんの情報は一見良いように見えて、どれがいいのかわからなくなります。いわゆる『情報メタボ』です。そうすると、お母さんの自信はなくなっていきます。さらにはお子さんの自信もなくなっていきます。

せっかくたくさんの情報があるのに、それが生かせていない。それは、お金も時間も無駄遣いをしていることになりかねません。

 

私が、過去おちいっていた 情報メタボによる迷走状態は・・・

・インターネットで常に最新の情報ゲット
・色々な専門家の本をひたすら読む
・○○をたべてはいけない、など、してはいけないことに気を遣い過ぎて疲れる
・優しいお母さんになるために「ありがとう」を1日1000回言う

         

 などでした。いつしか笑顔は消え、ふと鏡をみると、そこには無表情、目の下にクマ、いつの間にかできた顔ジミをもった人がいました。そう、私でした。

ある日、洗濯物をたたんでいたら当時2歳の次女が私の顔を覗き込んでこういったんです。

「ママ、笑ってる?」って。

 その言葉にハッとしました。ああ、そうか、新しい情報、正しい子育て法よりもこの子たちに必要なのは私の笑顔なんだって。その日から私は笑顔でいられるためにはどうしたらいいかを考えながら過ごしてきました。そして、ママも子どもも自信を持てて、成長していく、この両方が手に入るたった一つのことを見つけました。

自信をもった子供に成長していくために必要な
たった1つのこと、とは?

子育てをしていく上で必要なのは、子育てのノウハウや、専門的な知識ではありません。

 

どんなに、良い情報、素晴らしい方法でも、

このたった1つが欠けていたら、なんの意味もないのです。

 

そのたった1つとは・・・

ママが、ママ自身に『◎』をつけていること

です。

 

え?何それ?そう思われたかもしれません。

たとえば、

 

・落ち込んでも『◎』

・怒ってしまったとしても『◎』

・完璧なママになれないときでさえも『◎』

・もちろん、みんなで仲良くしているときも『◎』

 

そんな状態です。

 「◎を付けるのがいいなんて知ってるよ。」

 「それができれば苦労しないさ」

 そう思うかもしれません。さらには◎がつけられない自分は×だ、なんてことにもなっていきます。

 

自分に◎がつけられると、こんな自分が手に入ります。

 ・目の前の幸せに気づくことができる自分
 ・自分にも相手も許せる自分
 ・ありのままを認め、受け入れられる自分

例えば、

 ママ自身が「わたしなんて・・どうせ」と思っていれば、子どもが受けとるメッセージは『僕なんて・・私なんて・・』になります。

さらに、6歳までの子どもが多くの時間を過ごすのは、他でもなく『家庭』です。 ですから、家庭が子どもの安心感、生きている自信を育むのによいのは事実です。


「どうやって◎をつけたらいいの?」
「じゃあやっぱり私がもっと頑張らなくちゃ…」

なんて思われているかもしれません。ママであるあなたが一人で無理やりがんばらなくても大丈夫です。本当に必要なのは、ママに対する3つのアプローチなのです。

頑張らなくても
ママが自分に『◎』をつけられる
3つのアプローチとは?

頑張っているお母さんほど、自分に厳しくなり、他人も攻めてしまうというのはおこりがちなことです。また、子育て中のママは本当に時間がない!仕事に家事に育児にと自分の時間がゼロという人も多いことでしょう。

 そんな、忙しいママが頑張らなくても変わっていける3つのアプローチがあります。

 それが、「からだ・こころ・あたま」をお手入れすることです。

 何か、新しいことを手にするのではなく、すでにあなたが持っているこの3つをお手入れしていくことで、自分の幸せに気づき、自分に許可を出せ、ありのままの自分を認め、受け入れられる自分になるのです。

では、具体的にみていきましょう。

自分に◎をつけられる「◎体質なからだ」とは?

あなたのいちばん近くで、いつもあなたを応援してくれているのは、ほかでもなくあなたの『からだ』です。

 いっぽうで、頑張っているお母さんほど、体は緊張し、こわばっている状態になりがちです。

 そうすると、自然と『◎』をつけるのが難しくなってしまいます。

 じつは、

 ・筋肉がほぐれ、

・血流がスムーズで、

・呼吸がリズムよく整っている状態

 が当たり前になると、自然と力が抜けて、◎がつけやすくなっていきます。 さらには、おかあさんの体がゆるんでいると、子どもにも◎がつけられるようになっていきます。

自分も他人も許せる「ま~るいこころ」とは?

たとえば

 「ワタシばっかりがんばってる」
「こんなに学んだのに、何でうまくいかないの!」

などの感情が浮かんでくるとき、からだはこわばり、こころの余裕もなくなってしまいます。そして、「もっと頑張れるはず」と自分を追い込んだり、「何であなたは・・・!」と相手を攻めてしまったり、なんてことにもつながります。

そんなとき、『こころ』に余裕があると、多少のことがゆるせてしまったり、まーいっか!と笑ってすませたりしますよね。

からだとこころはつながっています。ですから、ここでは、からだをゆるめるアプローチと、本当の自分を知るこころへのアプローチで、自分も他人も受け入れられるま~るいこころをつくっていきます。

 

自分も相手も◎になる「やわらか~いあたま」とは?

・いつも頭の中がごちゃごちゃで・・・
・やることがいっぱいあって、整理ができない
・「だから何が言いたいの?」って言われる

 なんてことでお困りではありませんか?

 やわらかいあたまを手に入れると、それが

・頭の中はスッキリ!
・これをやればいいってすぐにわかる
・自分の伝えたいことが相手に伝わる

 

という自分を手にいれることができます。

 

ここでいうやわらかいあたまとは「自分の感情と事実を分けて考えられる状態」を言います。

 

人は起きた事実に対して「感情」が沸き上がります。これは止められないこと。ただ、自分で妄想として膨らませてしまっていることもあります。

 

じつは、この状態を回避するためにとっても簡単な方法があります。

 

それは書くことです。

 

 

事実と感情を分けることで、妄想に気づけたり、次の行動が見えてきたりします。そして、自然とやわらかいあたまになってきているのです。

すでに体験された方の驚きの声

  • 「今までは子供が何でもすぐ、『○○していい?』って私に聞いていたのですが、今は自分でどうしたらいいかを考えられるようになりました」

  • 「子どもたちがけんかしていると、私もイライラしたり、怒って声をあげたりしていたのですが、同じ状況が起きても一歩引いてみることができ、怒って声をあげることがなくなりました。

  • 「子供が、わーっと感情的になった時に、以前だったら一緒になって怒っていたのが、

    この方法を取り入れたことで、お互いにすっと落ち着き、冷静な話し合いができるようになりました。」

  • 今まで2時間以上かかっていた冬休みの日記もが15分で終わるように!!!子供の自己肯定感、自信は確実にアップしています
  • 「子どもたちがけんかしていると、私もイライラしたり、怒って声をあげたりしていたのですが、同じ状況が起きても一歩引いてみることができ、怒って声をあげることがなくなりました。

ママが自然と自分に『◎』をつけることができていると、自分に自信を持てるようになります。メリットはそれだけではありません。

 

・子どもの良いところに気づきやすくなる

・子どもが精神的に落ち着く

・夫が安心して、夫婦仲がさらによくなる

 

なんてことを手にすることが期待されます。

その上で、

 「この3つのアプローチで本当に変われるの?」

 そう思っている方もいるかもしれません。

 ここで私がお伝えしていくことは、何か新しいことを覚えたり、正しい方法をいくつも実践してもらったり、ということでもありません。また、一般的な「良いもの」ではなく、あなたにとっての「良い」を実践していきます。また、その場だけの改善ではなく、定期的にフォローし、続けやすい仕組みがあるので、結果が出やすいのです。

 

さらにいうと、時間をとって、遠くの講座まで通うというものでもありません。

ですから、子育て中で忙しい方でも、時間のない方でも、続けるのが得意でない方も安心して受けていただけます。

そして、頑張らなくても、自然と楽に変化してしまうというものです。

このプログラムを気軽に楽しく取り組むために、大事なことが3つあります。

 

①家事や育児、仕事など、毎日忙しくされていると思いますので、無駄な時間は使いません

ZOOMというWeb会議アプリを使い、パソコンもしくはスマートフォン上で個人セッションを行います。

1対1ですので、安心してお話しいただけます。話したくないことは話さなくてもOKです。お子さんが画面に入ってきても赤ちゃんのお世話をしながらでも大丈夫です。セッションは録画しておきますので、あとから見返すことも可能です。

②お子さんの急な発熱等による当日キャンセル(後日に延期)もOKです。看病するのは気持ちも体力もかなり使います。そんな時は遠慮なさらずにお子様を優先してください。


③あなたの解決したい問題やお悩み事に丁寧に向き合っていきます。できるかな?続くかな?と思っても大丈夫です。

なぜそこまでしてあなたに変わってほしいのか?

それは、ママが変わると子供は変わると実感しているからです。

 

私は家事や育児に手は抜けない、と正社員を辞めて、パートで働いていました。新しい情報、正しい子育て方法を集めまくり、頑張って「いい母親」になろうとしていました。ところが、子どもには怒ってばかり、指示口調、やりたい仕事を我慢して子供を優先しているという思いもあってか、毎日イライラしていました。いつしか笑顔は消え、ふと鏡をみると、そこには無表情、目の下にクマ、いつの間にかできた顔ジミをもった人がいました。そう、私でした。

 

ある日、ぼんやりと洗濯物をたたんでいたら、当時2歳の次女が私の顔を覗き込んで言ったんです。

 

「ママ、笑ってる?」って。

 

その言葉にハッとしました。ああ、そうか、新しい情報、正しい子育てよりもこの子たちに必要なのは私の笑顔なんだって気づきました。

 

それから、私が笑ってるためには何をすればいいんだっていうことを、ずっと見つめてきました。

 

その時に気付いたんです。

 

・自分自身に◎、

・落ち込んでる時も◎。

・厳しくしてしまってる、怒ってる自分にも◎

・うまくいったときはもちろん◎

 

それを続けると、いつしか私の笑顔の時間が増え、気付いた時には子供たちがかわいい、子育てって楽しい、という自分に変わっていました。子どもたちも学校のことをよく話してくれたり、私が困っていると家の手伝いを率先してやってくれたり、変わっていきました。

 4人の子育てをする中で12年間かけてたくさん失敗してきました。何年もかけてようやくうまくいくようになってきました。私がこれまでやってきたことを、ここでご縁があって出会ってくださったかたには短期間で身につけていただこうと思っています。

これはよくある自己啓発的な正しいやり方を教える、というものではありません。まずあなたの心を丸くすること、◎を作れる体にすること、やわらかいあたまを作ること、これだけなんです。

これをすることによって心だけ、あたまだけにアプローチするよりも10倍にも20倍にも加速度的にお母さんに◎がつけられるようになると確信しています。

◎がつけられると、どんな未来が待ってるかというと、実際私が経験したことですけど


・子どもと一緒にいる時間が楽しくなった

・頑張らないでいいと気が楽になった

・子どもの将来を考えるとともに、自分のことも考えるゆとりができた

・子どもだけハッピー、お母さんは我慢、なんてことが起こらなくなった

・ムダに怒る回数が激減した

・子育てサイコーと思えるようになった

  

今、子育ての事、自分のことで悩んでいるお母さんにもぜひこんな未来は手に入れていただきたい、そういうふうに思ってこの「ごきげん☆ママプログラム」を開発しました。この威力がどのくらいなのかってことを実感していただくために今回特別に、体験説明会という場を設けることにしました。

体験説明会にお越しいただいた特典として

 

・あなたが気づいていないあなたの魅力を5つ

・子育てがグンと楽になる魔法の言葉

 

をプレゼントします。

こんな方におすすめです

  • 子どもの良いところは伸ばしてあげたい
  • 育児休暇中、自分に対して見つめなおしたい
  • 仕事が忙しくて中々構ってあげられない
  • 家族でもっと笑顔に過ごしたい

  • つい子どもに怒ってしまうけれど、本当はやめたい
  • 本当は何がやりたいのか、わからない
  • 本当は何がやりたいのか、わからない

明日からの子育てがラクになり、
ごきげんママになるために
体験説明会でやること

①明日からの子育てがラクになるために、あなたにとって必要なたった1つのことをお伝えします
②今の悩みに隠れているあなたの本当の、本当の想いを見つけていきます
③60分であなたの欲しい未来を見つけていきます

ここまでお読みいただいて、気になるけど…と思っている方、

ちょっと想像してみて欲しいのです。

半年、1年、3年、10年後。ご自分はどんな顔で毎日過ごしていますか?3つの鍵を手に入れ、ま~るいこころでお子さんを見守っているアナタ。子どもを心から信頼することができて、「この子は大丈夫」と思えている自分。そして、そんなお母さんの元で毎日学校や趣味など自分のやっていることを楽しみ、どんな環境にあっても自分に自信を持ち、自分の意見を持ち、自立して歩んでいこうとしているお子さん

ぜひ、そんな未来を見てみたいと思われた方はお気軽に体験説明会へお越しください。

最後になりますが…

子育てに正解がない、からこそ、悩みながらもがきながら毎日を過ごされているのではないでしょうか。過去の私は外に答えを求め、うまくいかなければまた別の方法を頼って…と情報ジプシー、講座ジプシー、色々学んで知識メタボになっていました。 

もし、長女を出産した12年前の自分がこの方法を知っていたら、「自分の人生、これで大丈夫」と思え、笑顔で楽しく子供と一緒に過ごせていたに違いないと確信しています。もがいたからこそ、ここにたどり着いたのかもしれませんが、きっとあなたとあなたの大切なお子さんの人生を大きく変えていくものです。

私も現在進行形の実践者です。一緒に子どもの魅力、見つけていきませんか?あなたの生き方も変わるかもしれません。

それでは、ご縁のある方とお会いできることを楽しみにしています。

羽山まりこプロフィール

★国家資格 理学療法士
★認定方眼ノートトレーナー、認定方眼ノートforKIDSインストラクター、認定SBMインストラクター
★チャイルドボディセラピスト1級
★親子でごきげん子育て「まんまーる。」代表


心も癒す理学療法士。出会った人の魅力を引き出す専門家。

理学療法士として13年臨床現場で働き,のべ2万人以上に関わる。

その間、結婚・2児出産・引っ越しと環境の変化が続く。義理親との同居や育児で心身ともにストレスを抱え、フルタイムでの仕事に限界を感じていた2014年、3人目を妊娠。ベビーマッサージを学ぶ中で、身体と心の関連性を見直し、自分らしい生き方を探し始める。

さらに、2015年、とある講座で隣の人が不思議なノートの取り方をしていることに気づき「方眼ノート」と出会う。結果を出したい人や忙しいママの必須道具になる!と確信し、愛用にとどまらず、方眼ノートトレーナーになる。受講生からは「ムダに怒らなくなった」「子供と冷静になって話し合いができた」「本音の自分に気づけるようになった」などの声をいただく。

 自分がごきげんであればどんな状況でも大丈夫、と気づいたことで、生きるのがラクになり、子どもにムダに怒らなくなり、義理親との関係も改善した。

 2019年10月に第4子誕生。現在は2男2女の子育てをしながら、ごきげん子育て「まんまーる。」代表として、子育てや自分の生き方に悩むママたちがごきげんでいられるためのサポートをしている。