ナナメ上いく学びの世界
冒険キャンプ
in 秋田五城目
実施期間:2017/3/23〜3/25
〜普通の学びにゃもうアキタ!
3日間で秋田の教育、チラ見しませんか?〜

目まぐるしく変化し続ける社会の中で、どのような働き方や生き方をするのかの問い直しが、今、あちらこちらで生まれています。そんな時代の大きなうねりを生きる子どもたちが学び、育つ土壌や環境にも、きっとこれまでにない潮流・あり方が生まれているはず。
自分の住むまちや学校の日常からちょっと離れて過ごす3日間の春キャンプは、その未来の可能性のひとつを実際に体験してみることで、これからの学び、働く、生きるを考える絶好の機会です。
(自称)「世界の教育県・秋田」で、ナナメ上いく学びの世界への扉がひらきます!

こんな学びもあったのか!
ナナメ上いく学びの世界「6つのポイント」

グローバルイナカ?! 

五城目小学校では毎年、日本で最もグローバルな大学の一つ「国際教養大学」の留学生10数カ国との交流授業「ごじょうめで世界一周」が行われています。田舎なのに国際的、そんな「グローバルイナカ」の片鱗を、国際教養大学の大学生や、地域に根ざしグローバルで活躍する社会人スタッフ達がお届けします。
地域まるごと学び場!

520年以上続く五城目朝市を舞台に、子ども達がチームを組み、自分たちで目標を決めて商品開発から販売までを実践する「キッズクリエイティブマーケット」。年間を通じて、子ども達の想像力溢れる様々な店舗が生まれています。今回のキャンプでは、最終日の朝市で自分たちが考えたアイデアを出店してもらいます。
探究型の学びスタイル?

学力No.1と評価されることが多い秋田。その本質は決してテストの点数を上げることではなく、「探究型の学び」が脈々と根付いていること。教員が一方的に教え込むのではなく、子どもの学ぶ意欲を伸ばす授業スタイルに取り組んでいます。今回は、新しい木造の学び空間・五城目第一中学校を見学し、秋田型の学びの秘訣を伝授します。
ローカル全開!日本一の給食?

「給食の食べ残しを減らしたい!そのためにも身近な地元の食材を子ども達に食べてもらいたい!」そんな思いから、地元生産者グループとの連携を通じて「地元食材自給率約8割」を実現。食べ残しもほぼなくなり、先進的な取り組みとして2014年に文部科学大臣賞を受賞。そんな日本一の給食を、そのまま味わっていただきます。
地域の人、みんながみんな先生

五城目町民が先生となり、地域の小中学生に華道や絵画、スポーツなどを教える「わらしべ塾」。大人たちが得意分野を生かして、毎月10回程度、30講座以上ものラインナップで運営されています。2013年度には「優れた地域による学校支援活動推進にかかる文部科学大臣表彰」を受賞。今回は、わらしべ塾体験として、地域の郷土料理「だまこ鍋」づくりを行います。
大自然で遊び学びまくる! 

田舎といえば、目の前に広がる里山、身近な大自然。移ろいゆく自然と共に丁寧に生きる日常、農業や林業との密接な関わり、そして多種多様なアウトドア活動。大人にとっても子どもにとっても、自然そのものが遊び場であり学び場です。もちろんキャンプでも、大自然をフィールドとした楽しく刺激的な体験をご用意しています。
探究型の学びスタイル?

学力No.1と評価されることが多い秋田。その本質は決してテストの点数を上げることではなく、「探究型の学び」が脈々と根付いていること。教員が一方的に教え込むのではなく、子どもの学ぶ意欲を伸ばす授業スタイルに取り組んでいます。今回は、新しい木造の学び空間・五城目第一中学校を見学し、秋田型の学びの秘訣を伝授します。

ナナメ上いく旅路

3日間のスケジュールをご紹介します。

キャンプ概要

実施期間 2017/3/23(木)〜3/25(土)
場所 秋田県五城目町
対象 小学生優先
※それ以外の年齢のお子様のご参加を希望する方はお問い合わせください
※プログラムはお子様のみでご参加いただく内容ですが、保護者様のオブザーバー参加も可能です(参加費は同一)。インターネット環境完備のワークスペースもご用意しております。ご希望の際はお申込みフォームよりお申込みください
※今回のキャンプは、首都圏在住の方を対象とさせていただきます
定員 15名
参加費 25,000円/1名 (東京駅からの交通費・宿泊費・食費・プログラム費含む)
こんな親子へ! 「普通の学びにゃもうアキタ!」という方 / 子どもにナナメ上の学びを体感させてみたい方 / 田舎・ローカルな子育て環境に興味のある方 / これからの学びのあり方を模索したい方 / 学校や学力の枠を超えて学びの環境を考えてみたい方 / 親の働き方と子どもの学び方をセットで考えてみたい方 / 複数拠点でのハイブリッドな子育て環境にトライしてみたい方 / (自称)世界の教育県・秋田の学び・暮らしに興味のある方
運営者 主催:秋田県
運営:トラベルデザイン株式会社
旅行企画・販売:有限会社秋田コスモトラベル
協力:五城目町、ハバタク株式会社、NPO法人cobon、合同会社G-experience
講師・スタッフ 五城目町学校教育課 / 国際教養大学生 / 地域の大人達 / NPO法人cobon 代表理事 松浦真 / 合同会社G-experience 代表 松浦智子 / ハバタク株式会社 代表取締役 丑田俊輔
申込締切日 2017/3/3(金) 23:59
備考 ※宿泊は五城目町民センター(中央公民館)です。和室/相部屋/男女別
※東京駅-秋田駅間は新幹線、秋田駅からはバス移動です。全日程、スタッフが同行いたします
参加費 25,000円/1名 (東京駅からの交通費・宿泊費・食費・プログラム費含む)

五城目(ゴジョウメ)ってどんなまち?

まちの中心部にそびえる森山からの眺め。日本の里山の原風景が残る田舎町です。
小学校廃校を活用した起業家向けのシェアオフィス。2017年1月現在、13社の様々な分野の起業家が集積しています。
小学校廃校を活用した起業家向けのシェアオフィス。2017年1月現在、13社の様々な分野の起業家が集積しています。
五城目町について
秋田市の北方30kmに位置する町。秋田空港や秋田市内からは車で30-40分の距離にあります。秋田県の北と中央を結ぶ物資集散の要地として栄えた場所で、520年以上続く朝市が受け継がれ、鍛冶、家具・建具、弓矢、打刃物、醸造業など、職人産業が息づいています。急峻な山岳地帯から肥沃な水田地帯まで変化に富んだ農業と林業の農山村でもあります。
ここが面白い!最近の五城目町
・小学校廃校を活用したシェアオフィス・通称「Babame Base」には13社の企業が集い、田舎発の新しい仕事=土着ベンチャー(ドチャベン)が生まれ続けています。そんな流れの中で起業家やファミリー層の移住が増えているのも五城目町の特徴。
・「年貢を納めて村民になろう!」築134年の茅葺き古民家を村に見立て、年貢(年会費)を納めて村民(会員)になった人が宿泊交流できる場=「シェアビレッジ」に再生。全国から1900人以上の村民が集まり、都会と田舎をつなぐ新たなコミュニティが誕生。
・520年以上続く五城目朝市では、地域のおじいさん・おばあさんが元気に季節の野菜や山菜を販売。近年は、若い世代のチャレンジの場・小商いの場としても注目され、多い日は80店舗もの露店が並びます。
・町の子育て世代の暮らしをありのままに映した「True North, Akita.」は、世界百数十カ国・150万回以上再生を記録。
・町内の造り酒屋や各分野の職人、特産キイチゴ農家など、地域に根ざした産業の革新にも目が離せません。
ナナメ上いく学びに伴走する教育起業家
本キャンプは、五城目町で暮らし活動する教育起業家達も全力サポートします。
[ハバタク株式会社] 新しい学びのクリエイティブ集団。五城目・東京・海外複数カ国を拠点に、ローカルとグローバル、田舎と都会を繋ぐ学びの環境づくりに挑んでいます。
[NPO法人cobon & 合同会社G-experience] 子どもたちによるまちづくりの機会づくりのプロフェッショナル。五城目では朝市で子ども達が企画出店する「キッズクリエイティブマーケット」を展開。
ここが面白い!最近の五城目町
・小学校廃校を活用したシェアオフィス・通称「Babame Base」には13社の企業が集い、田舎発の新しい仕事=土着ベンチャー(ドチャベン)が生まれ続けています。そんな流れの中で起業家やファミリー層の移住が増えているのも五城目町の特徴。
・「年貢を納めて村民になろう!」築134年の茅葺き古民家を村に見立て、年貢(年会費)を納めて村民(会員)になった人が宿泊交流できる場=「シェアビレッジ」に再生。全国から1900人以上の村民が集まり、都会と田舎をつなぐ新たなコミュニティが誕生。
・520年以上続く五城目朝市では、地域のおじいさん・おばあさんが元気に季節の野菜や山菜を販売。近年は、若い世代のチャレンジの場・小商いの場としても注目され、多い日は80店舗もの露店が並びます。
・町の子育て世代の暮らしをありのままに映した「True North, Akita.」は、世界百数十カ国・150万回以上再生を記録。
・町内の造り酒屋や各分野の職人、特産キイチゴ農家など、地域に根ざした産業の革新にも目が離せません。
お申し込みはこちら
(旅行企画・販売:有限会社秋田コスモトラベル)
お申し込み前のご案内とご注意」※お申込み前に必ずお読みください

[参考]ツアーパンフレット

お申し込みはこちら
旅行企画・販売:有限会社秋田コスモトラベル