Glocal Danyattグローカルダニャット


~「観光立国」と「キャリア教育」において、ボーダーを越えた人材育成に貢献~


海外の一流ホテルのコンシェルジュも務めたキャリアカウンセラーが、

一人ひとりの「働くこと」、そして地域を応援します!


研修講師事業/インバウンド企画事業/キャリア教育・キャリアカウンセリング事業

グローカルダニャット=グローカル応援団

グローカルとは、「Global(地球・世界規模)」と「Local(地域・地方)」を掛け合わせた造語。"Think Globally,act locally." つまり、「地球・世界規模で考えて地域の視点で行動する」ってこと。
 私はもがいた苦しい20代を経て、グローバルに自分の夢を叶えました。そして、帰国後は地域のために学校・地域・企業様を巻き込んで若者の夢を叶えるサポートをしてきました。グローカル・ダニャットにおいては、これまでに培ってきた日本・海外のネットワークも活かしながら、主に「観光立国」と「キャリア教育」分野において支援が必要な人と地域を応援してまいります。

 インバウンド関連企画においては、単なる「外国人対策」ではなく「日本人を育てる」ことに重点を置き、個人が「語学」や「異文化理解」などを学ぶ中で「グローバルな視点」と「自己肯定感」を養うことを目指します。年齢に関係なく、一人一人が「語学」+「各種の経験」などの「勝負のカード」をより多く持つことで、地域で、そしてグローバルにもご活躍されることを期待しています。自分が活かされること、これこそが「働くこと」ひいては「生きること」が楽しくなるきっかけの一つでもあります。
 チャレンジに年齢は関係ありません。やろうと思った時、興味を持った時がチャンスなんです。グローカル・ダニャットは若者だけではなく、幅広い世代を応援します。

 同時に、質の高いサービスを中国や東南アジアなどでも指導することにより、現地の方々の「働くこと」を応援します。感じの良いサービスを「常に」ご提供することによりビジネスを成功に導くだけではなく、企業で働く個人が、良質なコミュニケーション法を身に着けることにより自身の価値を高めキャリアアップし、人生を豊かなものにすることを願っています。 

********************************************************************

【業務内容】
1.グローバルな日本人人材の育成
2.質の高いサービスの輸出
3.働くヒトのカウンセリング

研修講師

◆企業

・新入社員研修
・ホスピタリティ研修
・マナー、コミュニケーション研修
・ホテリエ研修
・仕掛ける仕事術 など

◆サロン、ショップ、医療・介護施設

・CS(顧客満足)研修
・若手社員向け言葉遣い研修
・クレーム対応 など

◆インバウンド接遇研修

・中国系のお客様の理解と対処 オススメ!
・東南アジア系ムスリムの理解と対処
・外国人接遇研修(語学指導プラス)
・訪日客受け入れの心構え(地方版)
               オススメ!
・おもてなし研修  オススメ!
(おもてなしは、視点さえ養えば意外と簡単) 
 
例)ショップ、バス運転手様、宿泊業など

◆日式接遇研修

・中国人向け日本式接遇

(海外でも対応いたします)

********************************

キャリア教育・就活指導

◆キャリア教育のトータルコーディネート
(小学校、中学校、高校、大学、専門学校)

インターンシップ、職業講話分科会など

・職場体験前のマナー講座
・企業開拓・調整
・事前事後学習の実施 など

◆外国人生徒のキャリア教育

・ロールモデルとの交流企画
・職場見学、体験 など

◆グローバル人材の育成

・グローバル人材育成講座

◆就活支援(大学・高校)


・就職活動の心構え・マナー
・面接指導
・カウンセリング
・内定者向けの講座 など

********************************

◆News◆
 外国人技能実習生のカウンセリングも致します。中国系、インドネシアなど異文化・言葉に通じたキャリアカウンセラーによる定期的な訪問も可能です。

インバウンド

◆研修  研修講師欄をご参照ください。

◆コーディネート

医療観光コーディネート

◆イベントでの多言語レセプショニスト

・マルチリンガルによる場内案内、受付
(対応言語:日・英・中・インドネシア)


********************************
【研修・セミナー実績】

 各種学校、外国人人材研修機関 

********************************

◆NEWS◆

マレーシアで訪日客のPR活動、現地調査、ハラル対応視察などをされたい自治体・団体・企業様はご相談ください。ご実績もあり、信頼もおける日系現地企業様をご紹介します。
(本件につきましては、弊社はご紹介料等一切いただきませんが、おつなぎするのみとなりますこと何卒ご了承ください。)

【こんな方は是非ご相談ください!】

サービスやホスピタリティについて従業員に学ばせたい。

➡ 基本を「常に」実践できるようになること、そしてそれを楽しいと思えることが大切です。「気づきからの学び」を元に日々の実践につなげるプログラムをご提供します。

 ホテルなどの高付加価値サービスを目指すプログラムもございます。
キャリア教育を本格的に始めたいが、どのように始めたらよいか分からない・・・

(学校関係者、行政等)
インバウンド対策として、訪日客の受け入れの心構えや中国系のお客様の理解を深めたい。また、接し方やクレーム対応についても学びたい。
【中国のサービス業】

日本式のサービスやホスピタリティを取り入れ、高付加価値のサービスを中国国内でも提供したい。

(ホテル、サロン、店舗など)

☆代表からのメッセージ☆

小さな習慣が、「働くこと」ひいては「生きること」を好転させる!

 私は20代に夢を失って苦しい時期を過ごしました。もがいてももがいても見えない明るい未来。けれども、ある時一念発起して猛勉強し、「一流のホテルのコンシェルジュになる!」という人生二度目の夢を叶えました。

 とはいえ、最初に向かったシンガポールにおいては、シングリッシュが聞き取れず、いかにもデキそうなシンガポール人のお姐さんに、「あら、その英語力で来ちゃったの?」だなんて言われてしまいます。そこで私は、「クソーッ!」とさらに燃えたのです。この「クソー!」と思うチカラのことを、やや美しいニホンゴで「自己肯定感・自己効力感(クソヂカラともいう)」といいます。これは、自分を信じてあげる力です。夢を叶えたり成長したりするためにも必要なチカラです(あの時のニクラシイお姐さんは私の恩人です。なぜなら本当のことを教えてくれたから。そして、苦手意識の強かった英語についても、「なんてポジティブで、そして、自分を正当化するのに、主張するのに、なんと都合の良い言葉だろう!」と気が付いたのです)。

 さて、さらなる猛勉強をして5つものステップを乗り越え夢を叶えた私は、ようやく自分の資質・能力にあったステージ(舞台)に立ち、人生で初めて働くことの楽しさを知ります。仕事なので嫌なことも大変なこともたくさんあるけれど、いつも頭にパーッと花が咲いて口からこぼれるのはポジティブな言葉の宝石。そして、先読みするサービスや仕掛ける仕事術、小さな習慣がチームワークをより機能させビジネスを成功に導くことを体感します。

 「小さな習慣」は、実は意外と普通のことなんです。皆さんが今、自分がそうされたら心地よいと感じることを「常に」他者に対して実践してみてください。その小さな習慣が、皆さんの「働くこと」ひいては「生きること」を好転させてくれるはずです。これは、ハッピーサイクルとも言います。

 ほらほら、今日から始めてみましょう♪

【お問い合わせ】

Glocal Danyatt      グローカル ダニャット

Email: glocaldanyatt(at)gmail.com
(ご連絡の際は"at"を@にご変更ください。)

blog: amebaで始めました。内容はインバウンド対策です。
   ご参考になさってください。

【対応範囲】
・起点は名古屋ですが、中部圏以外でもご相談ください。
・上海や台湾、ジャカルタなどの海外も対応します。


・まずはヒアリングをさせていただき、より適した
 プログラムをご提案させていただきます。
・お気軽にお問い合わせください。

Enjoy your LIFE
【代表プロフィール】

◆略歴
 日本語教師、人事労務等を経て、海外の観光立「島」のホテルにてコンシェルジュとして先読みするサービスを実践。ホテル内のエンターテイメントの改善、課題の解決なども行う。ホテルにおいてホスピタリティだけではなく、仕掛ける仕事術や小さな習慣、チームワークがビジネスを成功に導くことを体感。帰国後はその経験をもとに、主に若者が自分の資質や能力を活かせるステージに上がれるよう支援するためにキャリア教育や経済連携協定により受け入れられる外国人の職場・生活適応研修にも従事。

◆資格
・キャリアカウンセラー(CDA)、キャリア教育コーディネーター、日本語教育能力検定試験、HSK8級

◆強み
 「おもてなし」「中国系理解」「東南アジアのムスリム理解」「語学指導」「キャリアカウンセリング」のすべてを、英・中・尼・日の4つの言語の素養のある講師が一人で担えます。

◆その他(なぜか小話)
 明治生まれの私の祖母は、戦前に名古屋の村瀬銀行で働いていました。お嫁入りの際にはドイツ製の姿見(鏡)とシンガー(ミシン)を持たされたという裕福な商家に生まれた祖母ですが、学業の成績も優秀でたぶん先生に勧められたのでしょうね、当時の日本ではまだ珍しかった女性銀行員の一人として働いていたのです。カッコイイ、うちのおばあちゃん! 時おり、お使いで外へ行くときには必ず人力車で移動するのが恥ずかしかったんだとか。10時と15時には小遣いさんがお茶とお菓子を出してくれたんだそうですよ。

人生、時には、休憩も必要。



疲れちゃった時には、

お風呂やリゾートで

ひとやすみ、ひとやすみ☆