小・中学生向けワークキャンプを開催
「グローバルスタディーズキャンプ」
仙台・東京(2回目)・名古屋・大阪・福岡開催

2020年4月~6月開催参加者募集中!

Tinkerbell for▶ 2020

ただいまウェブサイト工事中です

  • 2/22 東京開催(初回)を実施いたしました。

  • 3/10 高知開催を2コースに分かれて開催いたします(1コース目の開催はオンラインからスタート) 
  • 3/15 仙台・東京2回目・名古屋・大阪・福岡での5都市開催決定!&新規募集開始!


グローバルスタディーズキャンプとは?



グローバルスタディーズキャンプは、小・中学生向けに1泊2日で開催されるプログラムです。子どもたちの表現力の向上や問題解決能力・判断力を磨くことのほか、自分の考えをまとめて、人々に発表し、人々から吸収することで、社会の成り立ち・世界の成り立ちを体感する企画を立てております。

今回は、今年採択30周年を向けたSDGs持続可能な開発目標や国連子どもの権利条約(児童の権利条約)を学びながら、日本の子ども支援・教育振興における課題を、子どもたちが高校生・大学生、そして海外の小中学生と一緒に考える機会としております。

このキャンプを通し、日本だけでなく諸外国の現状・先進的な取り組みを見聞きし、「未来は自分たちが築いていく」といった意識の醸成に繋がることを目指しています。最終的には子どもSDGs国際会議(2021年3月・東北)や子ども若者国際会議(2020年・夏)でリーダーまたはホストスタッフとして活躍していただくことを目指しています。

主催団体:ティンカーベルについて


ティンカーベルとは?

私たちティンカーベルは設立から2年を迎える任意団体で、当初はボランティアグループとして立ち上がりました。中高生や大学生、20代の社会人が活動をしながら「子どもたちがキラキラ輝ける日々を過ごせる」環境づくりを目指しています。

具体的には、
●小学校での居場所づくり(社会福祉協議会事業の企画・運営)
●子どもの声を反映するための政策提言に関する企画
●子ども支援・教育振興プラットフォームに資する活動
(子ども会やキャンプなどの企画・運営、高校生団体のサポートなど)
を行っています。

2020年はじめには、オーストラリアのユースセンター制度を取り入れた新たな青少年向け施設の開設や、子どもの権利チャレンジなど、いままでなかった価値を国内各地に広げていくプロジェクトがスタートします。

当団体は公益法人化を目指しております。
子どもたちの心づよい味方と感じてもらえるよう、全力でバックアップしていくための企画・活動を積極的に展開してまいります。

Tinkerbell

2018年2月から、
活動を始めました。

子どもたちと現場でかかわりながらも、他方で子どもたちの声を反映するための施策について若い世代の皆さんと考える。両輪で子どもたちをサポートするために、それぞれの知恵や経験を活かして、活動を続けてきました。

Tinkerbell

社会福祉協議会の広報誌に掲載されました。

子どもの居場所づくりの取材を受けました。
当団体の設立間もなくより活動をしている、小学校での居場所づくりについて初めて取材を受けました。子どもたちが輝ける場づくりを目指して、高校生・大学生と20代の社会人が中心となって、毎月一度の企画・運営を行っています。

Tinkerbell

子どもたちと若い世代が一緒に作り上げる企画です。

WHAT:ティンカーベルが実現したい未来

●若年世代の意見表明機会の創出
●子どもや教育に携わる関係人口の増加
この2つを目的に、「子ども支援・教育振興プラットフォーム」を立ち上げ、子どもの権利宣言のもと、下記を実現したいと考えています。

  • 子どもや若い世代の意見表明機会拡大
  • 子どもに寄り添った包括支援システムの普及
  • 困りごとがあったり、息苦しくなった時に訪れることができる居場所の創出
  • 子どもの思いを支えるメンターの育成・活躍
  • 子どもと若い世代が一緒に作る子どもの権利宣言および条例の有効化
  • 子ども支援や教育振興にまつわる民間シンクタンクの創設
  • 学習サポートやキャンプ、放課後活動の充実に向けた子ども会の再興


  • 子どもたち・若い世代が一緒になって、「身近なところから、小さなイノベーションが起きる」。そんな体験をできたらと考えています。その体験は、きっと多くの成長に繋がり、日本の未来を担うことに誇りを持てる・・・そんな取り組みにしたいと思っています。
  • 子どもに寄り添った包括支援システムの普及

Tinkerbell


「一緒に未来を思い描ける」仲間との出会い、
そして成長体験を提供いたします。


このキャンプをきっかけとして、
子どもたちに身につけてほしい”力”

何かを生み出す力
今までになかったものを生み出したり、今あるものでも新しい価値を生み出していく力。少子高齢化やAI時代の到来で、人の生き方や仕事に関する価値観も大きく変わる局面にいることを大きなチャンスととらえて、どんな状況でも新しい何かを生み出せる力を養っていきたいと思っています。
人と人を結ぶ力
このキャンプでは、子どもたちのほか高校生や大学生、20代の社会人も運営メンバーとして参加します。普段はかかわることの少ない世代同士や、違う地域に住む同世代など、環境やバックグラウンドが異なる人同士で、物事を考えていくためには、人と人とを結ぶ力が重要になってきます。このキャンプで、是非体験してほしいと考えています。
国際社会でのコミュニケーション
当団体の代表は、高校時代は3年間の海外留学を経て、国際色豊かな大学進学しました。文化や言語が大きく異なる諸外国の学生とのかかわりは大変貴重なもので、その中で自分がどのようにコミュニケーションをとっていくか、体験する時間もございます。同世代・多世代に仲間を多く作ってほしいと思います。
考え抜く力
自分の意見や考えは、人を介して磨かれていきます。自分の意見を発信し、他者の意見を聞いて、そのうえで、自分がどう考えるか。今回は子どもたちにとっても身近なテーマを用意しておりますので、自信をもって意見交換ができる場にしていきたいと思っております。
自分を大切にする力
日本の若年世代は「自己肯定感が低い」と言われていますが、安心できたり、好きなことができる環境、そして認め合える人との関係づくりが自信を生み出して、自分を大切にすることに繋がります。目まぐるしく回る世界の中でも、自分らしさを忘れないための考え方を身につけてほしいと願っております。
意欲と夢を持ち続ける力
生きていく中では、苦労や挫折も経験していきます。しかし、その中でも意欲と夢を持ち続けることで、輝かしい人生を歩むことに繋がるのではないかと私たちは考えています。難しい課題でも粘り強く取り組む場を提供したいと思っています。
考え抜く力
自分の意見や考えは、人を介して磨かれていきます。自分の意見を発信し、他者の意見を聞いて、そのうえで、自分がどう考えるか。今回は子どもたちにとっても身近なテーマを用意しておりますので、自信をもって意見交換ができる場にしていきたいと思っております。

未来に繋がる2日間。

子どもの権利条約をテーマに、世界の先進事例や様々な課題、そして身近な日本での取り組みなど、子どもたちにとって「じぶんごと」に置き換えやすい内容で、一歩踏み込んだ意見交換をするための企画です。

それぞれが選んでテーマに磨きをかけて、このキャンプが終わった後も、春の国際会議での発表に向けて伴走支援を行ってまいります。英語力だけでなく、コミュニケーションの取り方や表現力まで、身につくちからは数多くあると思います。

学校教育の枠ではなかなか体験できない、「殻を破る」ための挑戦機会として、参加してみませんか?

プログラム紹介と企画概要


3つの企画目標。

  • 国際的なビジョンの数々を知り、様々な取り組みを知ること。
  • 多くの人と意見交換を重ねて、自分の考えを磨いていくこと。
  • 自分や友達、周りを見つめなおし、自分にできることを考えること。
  • 同年代の子どもたちや、各国の子どもたち、高校生・大学生が一緒に学ぶ機会となっております。新しい発想や価値観との出合い、そして自分の考えを発信することで、意欲の醸成や自信につなげていきたいと考えております。
  • 多くの人と意見交換を重ねて、自分の考えを磨いていくこと。
世界の課題を知り、どんな人が活躍しているか知ろう。

グローバルスタディーズキャンプ1日目(1/11)

10:00
開講式
開講式:10時~10時20分
開講挨拶・プログラム紹介・体調管理に関する事務連絡・班別行動の案内 等
10:20
ワーク① レク「グローバルとグローカル」
レクリエーション:10時20分~11時
子どもたちとガイドするユースリーダーとの交流企画。お互いのことを知る最初の機会です。
11:00
体験① ワールドトークショー
トークショー:11時~11時50分 意見交換:12時00分~12時50分
子どもの権利条約について、NGO3団体/元外務省職員/国連職員が世界の課題について紹介します。
13:00
昼食休憩・移動
昼食:13時~13時40分 移動:13時50分~14時20分
全体で昼食休憩を取り、次の会場へ移動します。
14:20
体験② 国際協力展示スペースの見学
見学:14時20分~ 自由体験:15時~16時
東京会場:JICA地球ひろばの見学を予定しております。
高知会場:当該時間のプログラムは現在検討中です。
16:20
ワーク② 「SDGs持続可能な開発目標とは?」
ワーク:16時20分~18時 発表:18時~18時40分
SDGsにおける誕生の背景や各国の姿勢、企業や団体などの取り組みを学びます。
18:30
夕食・休憩
夕食:18時40分~19時 終わり次第各自休憩
夕食と休憩を取ります。
19:40
ワーク③ 「身近な課題を考えるワーク」
ワーク:19時40分~20時30分
「子ども」や「教育」などをテーマに、身近な課題を書き出すワーク。
20:30
入浴・振り返り・就寝
入浴:20時30分~21時10分 振り返り 21時20分~21時40分 就寝:22時
就寝準備に入ります。
10:20
ワーク① レク「グローバルとグローカル」
レクリエーション:10時20分~11時
子どもたちとガイドするユースリーダーとの交流企画。お互いのことを知る最初の機会です。
選んだテーマについて、深く考えて行動宣言を作ろう。

グローバルスタディーズキャンプ2日目(1/12)

6:30
起床・朝礼・身支度
起床:6時半 朝礼:6時50分 身支度:7時10分
今日1日も頭を使うため、目が覚めるように長く時間をとっています。
7:30
朝食・休憩
朝食:7時半 集合:8時10分
朝食はしっかりと食べましょう。
8:20
振り返りと流れの確認
振り返り:8時20分~8時40分 流れの確認:8時40分~50分
1日目の振り返り・2日目のプログラム確認。
9:00
体験③ 子どもの権利条約について知ろう。
子どもの権利条約の基本理念や経緯:9時~9時50分 各国の取り組み:10時~10時50分
国連子どもの権利条約について学び、各国の取り組みを知りながら、自分事に置き換えてみます。
11:00
体験④ 国際条約と日本の課題について知ろう。
国際条約の仕組み:11時~11時15分 日本の子どもの権利条約に関する課題:11時15分~11時50分
子どもの権利条約における課題や、日本の現状について学んでみましょう。
12:00
昼食・休憩
昼食:12時 集合:13時
みんなで昼食取ります。
13:00
体験⑤「子どもの権利条約について考える分科会」
13時~(15分ごとにまわる)
およそ40テーマの分科会を設定し、15分単位で興味のあるテーマを最大、6テーマ学びます。
14:40
ワーク④ 「興味を持ったテーマを深堀りしてみよう」
移動:14時40分~ ディスカッション:14時45分~
40テーマのうち、1つを選び、同じテーマを選んだほかの人と意見交換をしよう。
15:40
ワーク⑤ 「マイアクションプラン」をつくろう。
説明:15時40分~ ワーク:15時50分~(40分間)
選んだテーマについて、どうやって広めていくかを考え、そのために自分ができることを考えます。
16:30
グループ内で、「マイアクションプラン」を発表。
発表:16時30分~16時50分(一人3~5分)
グループ内で、マイアクションプランを発表します。
16:50
閉講式
挨拶:16時50分~ 荷物撤収:17時10分
学んだことを思い返してみましょう。
17:20
修了・解散
完全撤収見込み:17時20分
各自集合場所までお送りいたします。
7:30
朝食・休憩
朝食:7時半 集合:8時10分
朝食はしっかりと食べましょう。

企画概要

  • グローバルスタディーズキャンプ@東京
    日程:2020年2月22日(土)~翌23日(日)1泊2日間
    時間:開講10時 閉講17時20分
    対象:小学2年生~中学2年生(年代によって、テーマの難易度が異なります)とその保護者
    内容:国際や子どもをテーマにした学びから、社会の動きを知り、自分の目標を見つける育成講座。
    費用:小学生10,000円 中学生15,000円
    内訳:会費・宿泊費・会場費・保険・資料・食事・プログラム講師謝礼・移動費・報告書込み

    会場:国立オリンピック記念青少年総合センター(人数により会場変更がある際にはお知らせいたします)
    集合解散:上野駅・新宿駅・品川駅・錦糸町駅・横浜駅・大宮駅・立川駅・北千住駅・羽田空港・日暮里駅の10か所設定
    (集合時間は9時~9時半ころ/解散時間は18時~18時半ころ)
    引率:高校生・大学生・20代のティンカーベルスタッフ・保健師
    同行スタッフ数:運営事務局4名/ボランティアスタッフ20名程度

    グローバルスタディーズキャンプ@高知
    日程:2020年2月29日(土)~翌3月1日(日)1泊2日間
    時間:開講10時 閉講17時20分
    対象:小学2年生~中学2年生(年代によって、テーマの難易度が異なります)とその保護者
    内容:国際や子どもをテーマにした学びから、社会の動きを知り、自分の目標を見つける育成講座。
    費用:小学生10,000円 中学生15,000円
    内訳:会費・宿泊費・会場費・保険・資料・食事・プログラム講師謝礼・移動費・報告書込み

    会場:高知県立青少年センター(人数により会場変更がある際にはお知らせいたします)
    集合解散:高知駅・土佐山田駅・後免駅・のいち駅の4か所を予定
    (集合時間は9時~9時半ころ/解散時間は18時~18時半ころ)
    引率:高校生・大学生・20代のティンカーベルスタッフ・保健師
    同行スタッフ数:運営事務局4名/ボランティアスタッフ12名程度

    主催・企画:ティンカーベル

参加をご検討されている皆さまへ

私たち、ティンカーベルは2019年~2020年度の長期キャンペーンとして、国内で子ども支援や教育振興に関するアプローチ方法を増やし、課題の改善や活性化に向けた取り組みを多数企画しております。これは、子どもの権利条約が国連で採択されてから30周年を迎えることに由来します。

今回、この企画では学校教育の枠ではなく、「世界の広がり」を子どもたちに感じていただくために、第1回目として実施いたします。学齢期の学びは、一生涯における人格形成や成長意欲に深くかかわる重要な時期であるため、その時期にできる限り多くのものや考えに触れて、豊かな成長過程を歩んでいってほしいと思っております。

人口減少を迎えた日本では、これまでにないほどの競争が控えているとされています。AI時代の到来とグローバル化が進む中、自分で何かを切り開いていく力がある子とそうでない子は、生き方や考え方に差が生まれてしまいます。その中で、すでに国際経験豊富な仲間とともに、私たちが日本の子どもたちにできることを考え、その切り開くきっかけを体験していただきたいと考えています。

1泊2日、お子様をお預かりする中で、私たち一同誠意をもって子どもたちに向き合い、一緒に未来を思い描けるような意欲の醸成に尽力してまいりますので、ご不安な点やご意見はお伝えいただいたうえで、そのことを反映しながら、成長体験を提供できたらと考えております。どうぞよろしくご検討ください。(保護者の方もご参加大歓迎です)

お申し込み方法


参加特典

ティンカーベル
グローバルスタディーズキャンプ
2020年2月22日(土)~23日(日)
2020年2月29日(土)~3月1日(日)

1泊2日間のプログラムの参加を承っております。下記の手順に沿ってぜひお申し込みください(定員:各学年15名前後/保護者の方は全体で最大20名程度を想定しております)。
●グローバルスタディーズキャンプ参加申込方法

◆お支払いの際には、銀行振り込み(三菱UFJ銀行・三井住友銀行)に対応しております(※クレジットカード決済対応Squareは1月14日より順次ご案内いたします)。

メールでお申し込みされる場合

① ご氏名・ご年齢・性別・お住いの市区町村・メールアドレス・お電話番号を明記の上、eduthink@outlook.jp宛にメールを送信してください。

②折り返し、返信メールに口座情報を記載いたしますので、決済をお願いいたします。
※深夜帯を除き、1日以内にご返信させていただきます。メールが届かない場合は念のため、迷惑メールフォルダもあわせてご確認ください。

③決済していただいたのち、ティンカーベル事務局よりメールにてご連絡させていただきますので、しばらくお待ちください。

専用フォームからお申し込みの場合
①下記フォームにアクセスし、必要事項をご入力の上、送信願います。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2b89c1ef646341
この項目の下のQRコードでもアクセスできます。

②フォーム送信後、自動返信メールが到着します。内容をお読みいただき、引き続き決済をお願いいたします。なお、迷惑メールフォルダに入る場合がありますので、ご注意願います。

③決済していただいたのち、ティンカーベル事務局よりメールにてご連絡させていただきますので、しばらくお待ちください。


※参加申し込み後、2月中に保護者説明会(任意参加・動画のみの方法もございます)を開催いたします。

※個人情報はティンカーベルの企画・運営に関する連絡事項等のみに使用させていただきます。

お支払い方法

New
小学生(2年生~6年生)
10,000円(税込み)
<内訳>
会費・宿泊費・会場費・保険・資料・食事・プログラム講師謝礼・移動費・報告書代金を込みとします。
※会場までの交通費は別途ご負担願います。

<お申込み>
メールをご利用の場合
ご氏名・ご年齢・性別・お住いの市区町村・メールアドレス・お電話番号を明記の上、eduthink@outlook.jp宛にメールを送信してください。

専用フォームをご利用の場合
左側もしくは上段のQRコードを読み取るか、
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2b89c1ef646341
New
中学生・保護者の方
15,000円(税込み)
<内訳>
会費・宿泊費・会場費・保険・資料・食事・プログラム講師謝礼・移動費・報告書代金を込みとします。
※会場までの交通費は別途ご負担願います。

<お申込み>
メールをご利用の場合
ご氏名・ご年齢・性別・お住いの市区町村・メールアドレス・お電話番号を明記の上、eduthink@outlook.jp宛にメールを送信してください。

専用フォームをご利用の場合
左側もしくは上段のQRコードを読み取るか、
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2b89c1ef646341
団体形態と税制上の対応
ティンカーベルは、任意団体として運営しております。税制上の運営対応ならびに、旅行業に関する各種法律法令等に基づき、キャンプへのお申し込みと同時に会員として受付し、ご参加いただくことになります。会員の有効期限は年度末までで、会費は申込料金に含まれております。報告書を除き、資料の送付やご案内はご希望のある場合のみとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。
New
中学生・保護者の方
15,000円(税込み)
<内訳>
会費・宿泊費・会場費・保険・資料・食事・プログラム講師謝礼・移動費・報告書代金を込みとします。
※会場までの交通費は別途ご負担願います。

<お申込み>
メールをご利用の場合
ご氏名・ご年齢・性別・お住いの市区町村・メールアドレス・お電話番号を明記の上、eduthink@outlook.jp宛にメールを送信してください。

専用フォームをご利用の場合
左側もしくは上段のQRコードを読み取るか、
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2b89c1ef646341

とてもお得な特典付きです!

キャンプ参加者全員にもれなく伴走支援を行います。
英検2級合格まで無料でサポートします
外国人学生とのコミュニケーション機会も多数提供してまいります。
希望者は、当会主催の国際会議にも出席できます
お住まいの地域に関係なく、ご希望される参加者全員が対象となります。
すでに2級をお持ちの場合は、コミュニケーション力向上サポートを実施します。

伴走支援(サポート企画)について

当会では、このグローバルスタディーズキャンプをきっかけに、国内における国際教育の活発な普及を行ってまいりたいと思います。ご希望される皆さまが当会と目標を目指すことで、皆さまの英語コミュニケーション力向上をサポートし、結果に繋がることが、当会においてもひとつの実績となります。初めての試みではありますが、皆さまと当会がご一緒に、国際教育の先駆的な取り組みを前進させていけるよう、是非この機会にご参加ください。

Tinkerbell


社会に貢献したいという思いから
ティンカーベルは誕生しました。


ティンカーベルは、子どもの声を反映するための
政策提言から活動をスタートしました。

初回の打ち合わせの様子です。
「深い話ができた」と声が聞かれました。
立場を超えて議論が弾みました。
立場を超えて議論が弾みました。

たくさんの若い世代の方の共感と賛同を
集めながら活動しています。

子どもの権利チャレンジ
子どもの権利チャレンジ
高校生団体さんと
高校生団体さんと

Beyond for 2020

当団体の前身は「国際交流」に特化していました。

ティンカーベル誕生まで

現在、ティンカーベルの代表をしている河野は、大学では経営学の勉強をしておりました。その中で、国際交流を行うサークルに入り、子どもたちと交流を重ねる中、多くの課題を抱えている現状を知り、なんとかしなくではと思うようになりました。

創業支援の仕事をする傍ら、「子どもたちに何かできることはないか」「大人として、子どもたちに誇りを持ってもらえるような見方でありたい」という強い思いから、団体を立ち上げて、10代・20代の志をともにする仲間たちと活動を始めました。

海外留学の経験などから、英語を使ったコミュニケーションや諸外国の同世代とのつながりなどを強みとし、今回この企画を展開しております。


CONCEPT
子どもたちがキラキラ輝きながら日々を過ごせるように。

2019年11月20日、国連子どもの権利条約が採択30周年を迎えました。


私たちは、国内においてもっと「子どもの権利」について尊重の意識を高めるための啓発と、
今後取り組まれる様々な企画や施策などが

子どもの権利をベースとして実施されることを目指し、
若い世代と子どもたちが一緒に取り組むプロジェクトを立ち上げました。


同条約の採択以降、本来であれば子どもたちの権利、考えや思い、気持ちなどが尊重されるに十分な年月が経っています。

しかし、国内では今も多くの問題が起き、深刻さを増すだけでなく、子どもが何かを発しても「まだ経験がないから」「子どもが言うことなんて・・・」と、無き声になってしまうことが現実問題として存在しており、今までこの条約が浸透してこなかったことが残念に思います。

その悔しさをこれ以上、引き伸ばさないために、私たちはこの「国連子どもの権利条約」をベースとして、様々な課題を具体的な改善のために前進させることと同時に、ちゃんと子どもの声を通していくための仕組みづくりのベース構築を行う活動です。

この条約においては、数多くの団体が普及のためにキャンペーンを計画していますが、当企画では、小中高生・学生を主体として、20代を含めた若い世代が、「ただ普及させる」のではなく、「新しく作り」、「様々な課題改善を実現させていく」ための取り組みの一環として、開催いたします。

その第一歩となるこの企画に、ご応募・ご参加をお待ちしております。






Tinkerbell

ティンカーベル事務局

ティンカーベル事務局
東京都中央区日本橋富沢町4-10 京成日本橋富沢町ビル3階37
TEL 070-4342-9408 
MAIL eduthink@outlook.jp
<ティンカーベルは、2020年に法人化を目指しています。>

お問い合わせ