ジェネラリストコース

時代や流行りに流されない「本物の医学」教えます
本コースは『データアセスメントコース』『フィジカルアセスメントコース』『リスクマネジメントコース』の3つのセミナーを軸に,医療者としてのジェネラリストの考え方や知識,技術を身につける内容となっています。

 

セミナー6つの特徴

  • 医師による徹底した指導:他のセミナーではあまりない『医師』による指導です.講義だけでなく実技も含めて丁寧に指導してくれます.
  • 徹底して繰り返す実践主義:実際に身体診察を取り合いながら学べる実践主義.あくまでレントゲンや採血等の検査は身体診察のためにあるもので決して検査ありきではありません.
  • 機序から学べる高い定着率:なぜその身体診察が陽性になるのか.体の中でどのような変化が起こっているのか.単に身体を読み取るだけでなく,その身体診察の意味を考え,一歩深い知識として紹介します.
  • リスクマネジメントに特化:医療従事者として常に意識しなければならないリスクマネジメント.明らかな急変は誰もが気付き,明らかな経過観察も判断に迷うことはないでしょう.問題はその間だと思うのです.バイタルサイン等に異常はあるけれど,経過観察でよいか判断に迷う微妙な症例のリスクマネジメントを中心に考えていきます.実際に急変した患者さんや気付きたかった症例等の実例を挙げながら講義します.講師からの一方向の講義ではなく参加者みんなで考え,みんなで創っていくセミナーです.
  • 復習しやすい充実した資料:身体診察はもちろん,機序や各疾患に関すること,それぞれのリスクマネジメントまで全体を包括して作られています.10ページ程度に及ぶ資料はセミナー内容を一歩深めて復習できる内容です.セミナーの内容を1ページにまとめた「1ページサマリー」は,仕事中にポケットに入れておくと役に立つことは間違いありません.
  • お得な受講料:各コース12000円.3コース同時申し込みで27000円に!(各9000円)

ジェネラリストコース概要

データアセスメント

血液検査,胸部Xp,心電図の基本を知る

詳細はコチラ

フィジカルアセスメント

病態に迫れる身体診察を身につける

詳細はコチラ

リスクマネジメント

実際コールするか迷う実例を読み解く

詳細はコチラ

データアセスメント

【日時】
2016年2月28日(SUN)
10:00~16:00

【場所】

大阪市立市民交流センターすみよし南 208 〒558-0021 大阪市住吉区浅香2丁目1番9号TEL:06-6697-0971 http://www.sumiyoshi-minami.or.jp/地下鉄御堂筋線「あびこ」下車 徒歩15分

JR阪和線「杉本町」下車 徒歩8分



【受講料】
12000円

【講師】
植田大樹/医師(耳原総合病院)

【セミナー概要】
基本からていねいにどのように検査をアセスメントするかを学び, 患者さんの病態把握やリスクマネジメントにどうつなげるか, 実例を通して学ぶコースです.

このコースを受ければ, 患者さんの基礎疾患の理解や急変の予測ができるようになります.

医療をする上で切っても切り離せないのが検査です.しかし, あまりに項目が多く, 全てを理解することは難しいことです.

その中でも, 最も基本となる検査, つまりほとんどの患者さんにされておりなおかつ非常に重要な情報を得られる検査があります.

それこそ, 血液検査, 胸部Xp, 心電図の3つです.
これらの検査の解釈を実際の患者さんのデータを元にどこに注目し, 患者さんがどのような疾患をもともと持っており, どんな病気になりやすいかを基本からていねいに徹底解説します.


お申込み

フィジカルアセスメント

【日時】
2016年3月27日(SUN)
10:00~16:00

【場所】
市民交流センターすみよし北402
http://www.sumiyoshikita.jp

【受講料】
12000円

【講師】
植田大樹/医師(耳原総合病院)

【セミナー概要】バイタル,フィジカル(身体診察)アセスメントから患者さんの病態を見抜くセミナーです.

このコースを受ければ, 患者さんの病態の大部分の推定ができる基礎力を付けることができます.
そんな実際の医師が行うテクニックを習得します.実際には2人1組となり, 実際にお互いに全てのフィジカル(身体診察)をとりあいながら学びます. 

刻一刻とその患者さんの病態を表すバイタルは医療の指標の中で最も大切です.
なぜバイタルが大事なのか, バイタルの意味とはなにかということから, バイタルのアセスメントまで網羅的に学びます.
基礎のバイタルにも触れつつ, バイタルの中でもなおざりにしがちで, 能力の差として現れる呼吸数と意識レベルについても一歩進めたアセスメントを行います.

お申込み

リスクマネジメント

【日時】
2016年4月10日(SUN)
10:00~16:00

【場所】
苅田土地改良記念会館 第1会議室
http://www.geocities.jp/karitatochikairyokinen/access2013.html

【受講料】
12000円

【講師】
植田大樹/医師(耳原総合病院)

【セミナー概要】
実際の症例を模擬患者で体験しながら, リスクマネジメントの原則を学びます.

このコースを受ければ, 患者さんのリスクマネジメントの総合力を付けることができます.

患者さんの明らかな異変に医師を呼ぶことや報告することに抵抗はないでしょう.
軽微な訴えに医師を呼ぶことはないでしょう.
問題はその間だと思うのです.

この状態はコールをしたほうがいいのか, それともしなくてもいいのか…
そんな誰もが迷う症例から, コールや報告をする原則を学びとります.
今, 自分に与えられた環境で一体どのように患者さんを診ていけるか?
実際の症例を模擬患者でフィジカル(身体診察)で体を動かしながら, 頭を使ってアセスメントしていきましょう.
ひとつひとつの症例を大事にしながら, リスクマネジメント能力を高めます.

お申込み

講師プロフィール

植田 大樹 / 医師

大阪を中心に, 日本全国でぼちぼちと活躍中. 得意分野はフィジカルアセスメントとリスクマネジメント分野. チームとして一人の患者さんをどのように診ていくかを模索しつつ, 循環器, 呼吸器, 神経といった疾患別のレクチャーや身体診察のレクチャーも行っている.

【所属学会】
日本プライマリ・ケア学会
日本救急医学会
日本放射線医学会
日本公衆衛生学会
日本旅行医学会

【功績】
CBT,国家試験:上位5%以内
2013:国際家庭医療学会プラハプレゼンター
2014:日本救急医学会プレゼンター
2015:日本プライマリ・ケア学会プレゼンター
2015:WHO  HPH ノルウェープレゼンター