なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

NPO法人 発達障がい就労移行支援サービス TEL. 03-0000-000

発達障がいで働きたい方たちを応援する就労移行支援事業


現在は成人男女の1割が何らかの形の精神障がい発達障がいで引きこもりになってます。

発達障がいと考えらえる人たちは相当数にのぼります。

身近な人に医者に見てもらうべきだと勧められなければ、「問題の多いおかしな人」として済まされてしまう場合もあれば、そのようなストレスから突然、メンタルヘルスで不調を起こし、うつ病や適応障害など発症して、心療内科や精神科に通院するようになった人もいます。

発達障がいのある方の就職には、発達障がいに特化した訓練が必要です。

精神医学では定形発達(発達障がいではない人)、非定型発達という分け方がされますが、両者の間には程度の差しかありません。しかし発達障がいの方は認知や感覚などが他者と異なるために、生きづらさに繋がっています。



発達障がいとは

発達障がいの種類としては主に自閉症スペクトラム(ASD)、注意欠如、多動性障がい(ADHD)があります。
ASDは社会的なコミュニケーション能力に問題があり、興味を持つ対象が偏っているのが特徴とされています。
ADHDは不注意、そそっかしい、じっとしていられない、物をよく無くす、忘れ物が多いのが特徴です。



発達障がいの問題
発達障がいの方は脳のシステムが定形発達の人とは違うため、職場などでコミュニケーションがうまくとれず孤立したり、ミスを多発して上司に叱らたりして、それがショックで引きこもりになったり重症化すると二次障害として鬱を併発したりするので、そうなる前に対処が必要です。

サポートを受けるメリット

専任のスタッフが個別に障がいに対する理解と対処法を一緒に考えます。

発達障がいの方は仕事の向き不向きがはっきり分かれてしまいますが、その中で適職を発見できるようにします。
発達障がいの特徴として、光や味覚などの感覚過敏や反対に細やかな部分に意識がいかない鈍麻がありますが、他のメンバーと話をすることで、他人との違いに気付き改善策を発見していきます。
発達障がいの方はタスク管理、時間管理が苦手な人が多いです。
頑張る、気をつけるというだけでなく、仕組み作りや必要なサポートをコミュニケーションを活発にすることによって円滑にします。
発達障がいの方はタスク管理、時間管理が苦手な人が多いです。
頑張る、気をつけるというだけでなく、仕組み作りや必要なサポートをコミュニケーションを活発にすることによって円滑にします。

支援者の方々の声

私にはADHDの診断を受けていたのですが、就職が決まり働きだすと、このプログラムの講座を受けていたことが役に立ちました。

事前に自分の特性を理解していたのでホウレンソウでこまめに自分状況を伝えることができ仕事の難局もクリアできたように思います。

20代 女性

私は元々こだわりが強くASDの診断が出ていましが、このプログラムに参加し、障がい者雇用の方が適性だということがわかりました。

それに就職することがゴールではなく長く続けることが大切だと考えていますので就職後も、このサポートで相談したりできるのは大きいです。

20代 男性

見学・個別相談をしてみる


よくあるご質問

  • Q
    料金はかかりますか?
    A
    前年度の世帯収入状況にもよりますが、大半の方は無料で通所されています。
  • Q
    在職中(アルバイト/パートも含む)でも利用できますか?
    A

    原則的にはご利用いただけません。

    ただし、個別の事情を鑑みて自治体の判断により利用可能となる場合もあります。

    個別にご質問かご相談ください。

  • Q
    通所が始まってから就職まで、どれくらいかかりますか?
    A
    その方の状況によって変わります。

    就職するだけが目的ではなく、長く働き続けることを前提したトレーニングになりますので、就職までお急ぎの方はご相談ください。
  • Q
    通所が始まってから就職まで、どれくらいかかりますか?
    A
    その方の状況によって変わります。

    就職するだけが目的ではなく、長く働き続けることを前提したトレーニングになりますので、就職までお急ぎの方はご相談ください。