いっぺん死んでみる
 今を生きるためのワークショップ
 @オンライン

誰にも何も
言われなかったら
どうしたい?

「誰か」のために頑張るあなたへ

あなたを生きられるのは
あなただけです

「誰か」の正解ではなく
「自分」の正解を知って

人生の最期の瞬間まで
私らしく生きる

検索すると手に余るほどの
情報が得られる日常

良いもの
素敵なものも
たくさんある

でもなんだかしっくりこない、、
幸せなのはわかるけれど
どこか不自由

子供のため
夫のため
両親のため
会社のため
お金のため
やりたいことをやるため

自分なりにやっているけれど
なんだかうまくいかない

結局どうしたいんだろう?
これからどうする?

人生単位で自分にとっての
安心や幸せについて
考えたいあなたへ


あなたは自分が亡くなる時のことを
考えたことがありますか?


人は生まれたらいつか必ず死は訪れます


みんな平等に致死率100%です


明日生きている保証は誰にもなくて
明日かもしれないし50年後かもしれない
人生の最期


私なんて、、と悩む日もあっていい
でも、いつもそこに囚われているほど
人生は長くはないのかもしれません


長いのか
短いのかは
誰にもわからなくて
悩んでも
苦しくても
時間は過ぎていくけれど
自分の命の時間をどう過ごすかは
皆自分で決めていい


主語は「あなた」です


ワークショップでは生きて還れる臨死体験をし
遺言をしたためます


これは死への準備ではなく
自分の「今」を見つめる作業です


一度自分の死を見つめ
自分の歩いてきた道を振り返りながら
「今」の自分にとって本当に大切なモノ
後悔しない生き方について
考えてみませんか?




いっぺん死んでみる
~今を生きるためのワークショップ~

Ⅰ 臨死体験ワーク
  ~自分の最期を考える~(ワーク) 120分
Ⅱ 命・選択・生き方のお話
  ~大切な人の命~(講義)        120分
   ※Ⅰを受講された方限定
   ※Ⅰを受講済の方はⅡのみのお申込み可能
            


Ⅰ・Ⅱ同時受講の際は間に45分休憩あり


マンツーマン・グループ受講のみ
受付中。

※一般開催受付は現在ストップしております


     



≪受講料≫

Ⅰ 臨死体験ワーク        22,000円   
     ※リピートの方       18,000円

Ⅱ 命・選択・生き方のお話    20,000円   
     ※リピートの方       16,000円

Ⅰ・Ⅱ 同時にお申込みの場合   32,000円   
     ※リピートの方       22,000円


※WS後にご感想を頂ける方 1000円引き(ご感想は個人が特定されない形でSNS上のシェア可能な方)
※お友達・ご家族など気心知れたグループ・医療施設や企業団体でのお申し込み(2名~受付可能) 2000円引き/人
※その他クーポン利用も可




内容


Ⅰ 臨死体験ワーク      120分

正解は全て「今」の
あなたの中にあります


これまでの人生
良いことも
辛いことも
悲しいことも
あったと思いますが

抱えた傷も、今の環境も、この身体も性格も
一人として同じ人はいなくて
全ての経験があったから今のあなたがいます

どんなに自分を否定しても
みんな誰かの大切な人

自分の死にフォーカスして
人生を振り返りながら
自分自身の命について考えていきます


このワークでは
自分の最期を考えることで

自分の「大切」が見えます

死が怖くていい
怖くなくてもいい
気持ちが揺れてもいい
どちらも◎

普段するワークとはまた違った視点から
自分の中の隠れた本音、
自分だけの正解が見えます

また、自分の命の最期を体感することで
今を生きる自分の存在への捉え方や
自分自身とのかかわり方にも変化がみえ
自己受容が深まるとのお声も頂いています

そして生きていたら心境が変化するのは
自然なこと

ワークで思い浮かぶ気持ちも
想いを馳せる相手も
その日その時の心境で全く違ったメッセージ
を受け取れるのが面白いところでもあります

数カ月~一年後にリピート受講していただくことも大変おすすめです
人生の節目に心境の変化を自身で体感したい方もお待ちしています

※30分ノンストップの臨死体験ワークあり
お子様の同伴も可能ですが、お一人で参加されるとより入り込んで体感して頂く事ができるかと思います



Ⅱ 命・選択・生き方のお話  120分
※Ⅰを受講された方限定

自分、そして大切な人の命のこと


生まれたら必ずいつかは来る最期の時

それは自分だけではなく
誰かの死を経験することもあるでしょう

Ⅱの講義では自分の正解を知ったあなたが
大切な人の命についても考えていきます


明日が人生の最期の日だとしたら、、

あなたはどうしたい?

やりたいこと
伝えたいこと
食べたいもの
行きたいところ


誰にも何も言われないとしたら
どうしたいんだろう


大切な人はどう考えるんだろう?


看護師をしている経験から
本人の意思が確認できない状態で
介護を含めてご家族が選択をする場面に多く
立ち会いますが


何を選択してもこれで良かったのかと
心を痛める場面や
葛藤に触れる機会がとても多いと感じます


誰もがいつかは経験するけれど
普段生活していると敬遠されがちな「死」のワード


それでも何かが起きた時に
選択をしなければならない現実


正解がないものだからこそ
大切な存在だからこそ
悩むしブレることもある


でも少しでも後悔の無い
最期の迎え方
見送り方をするために
今からできることが
たくさんあると感じています


もしもの時にあなたは
どうしたい?
どうしてあげたい?


自分に問う道標にもなる考え方や
今から日常的にできることをお伝えしています


私自身長く看護師をしていたけれど
知らなかったことや
新しい考え方を知るきっかけにもなりました


死・延命治療にフォーカスする部分もありますが
命のお話にとどまらず


今この瞬間
何を大切に生きたいのか?

を自分事にして考えていきます

不思議と子育てや人間関係全てに通じる
考え方にも役に立つとのお声も多くいただいています

医療従事者ではない方へも
わかりやすくお話していますので
肩の力を抜いてご受講ください

※Ⅰの臨死体験ワークを受講し
自分の大切なモノが見えた状態で受講されると
より自分に落とし込むことができる内容だと感じており
Ⅰを受講された方限定でご案内しております。

≪ご感想≫

久しぶりに泣きました。
なんだか優しい涙、透き通った涙が頬を伝わっている、そんな感覚だったなーとゆっくりしている今感じます。
最後に仰って下さった「大事なものは揃っている」ということば。
ジーーーンときました。

今、大切なものや人に、今伝えたいやさしいことばを届けたい。

心からそう思えるワークショップでした。
優しさ溢れるお人柄で安心して学ぶことができました。本当にありがとうございました。
       Ⅿ様(Ⅰのみ マンツーマン受講)
これまで看護師として仕事をしてきました。
大学病院で働いてきた頃、患者さんの死の瞬間に立ち会い向き合ってきました。
まさに私もゆきこさんと同じく
死に対してネガティブなイメージから、
患者さんの死を当たり前のように
ジャッジしてきました。
そして、ジャッジするほど、
私はどうやって死ぬのか、
死んだら周りの人にどう思われるのか、
かわいそうって思われる死は嫌だなといった
不安や恐怖が強くなっていたことに初めて気づきました。
皆さんの望む死は本当に様々で、
人によってこんなに違うものなんだと
知りました。
他人が死をジャッジすることなんてできないし、間違ってたんだと気がつきました。
ここに気づけたことは、
私にとって本当に大きかったです。
また、ワークを通して
今健康で、やりたいと思い行動すれば
好きなように実現できる環境にあること
そのことに感謝する気持ちが
自然と湧いてきました。
そして、大好きな夫がいて、大切な子供がいて、衣食住が整っていて、私幸せじゃないかと、
今ある目の前の幸せに目をむけられました。
とても濃くエネルギ溢れる
貴重なお時間をありがとうございました。

                                     Y様(Ⅰ・Ⅱ同時受講)
ずっと自信がなかった、
大したこと何もできない、
みんなが普通にできてるようなことも、
何倍も時間がかかる。
私ってなんだろう?生きるってなんだろう?って思うことが何度かあって。
でも自分の死を考えた時に、
涙が止まらないくらいに大切なものが、
存在がこんなに側にあったんだって
気づかせてもらったら感動してしまって。
私は大切なものをもっと大切に
していきたいし、自分のことも大切にして、
後悔のないように、自分だけの人生を
生きていきたいって思った。
私の人生は私しか生きられない
という言葉が、ワークショップを受けたことで
さらに理解が深まって救われたよ。

                                   M様(Ⅰ・Ⅱ同時受講)
自己紹介から涙。
死のエピソードを語ることって
なかなかないから、話しててその時の悲しみや
悔しさをずっと抑え込んだままだったんだなーって気づいたよ。
今日はたくさん泣いて癒された。
私仕事での成功とか、夢を叶えることを
大切にしてきたんだよね。
だから悩みといえば、いつも仕事とお金。
今死んだら、後悔や悔いしか残らないと
思ってた。
でも意外過ぎることに
そんなこと全く出てこなくて、
家族や仲間への感謝の気持ちしか湧いてこなくて。涙がどばーっと出てきた。
成功に執着していて、
成功しないと人生終われないと
思い込んでたんだなーって。
本当に大切なものはすぐ近くにあって、
家族も仲間もいてそれだけで幸せなんだ
という大きな気づき。
あの世には何も持っていけない、
全て手放さなければいけないんだなって
思った時、大切な人をもっと大切にしたいと
思ったし、自分の人生も大切にしたいと思った。

                                     A様(Ⅰ・Ⅱ同時受講)
本当に濃い時間だったなぁと思います。自分の死とは漠然としか思っていなくて、どこか遠いイメージだったけど今回すっごく身近に感じることができました。私がどれも大切だと思って書いた20個。ひとつひとつ手放していく中で、すぐに選べるものもあれば、涙なしには手放せないものもあって、、、それこそが本当に大切にしたいんだなぁって改めて思いました。生かされていることの尊さも感じたし、逆に死がすぐそばびあることも実感したような気がします。延命治療についても深いなぁと思って、周りが思う気持ちと、自分の気持ち、これが相反するときは難しいだろうなぁって。だからこそ、自分はどうやって生きたいかしっかり考えたいと思いました。     
                                                   
          K様(Ⅰ・Ⅱ同時受講)
自己紹介から涙。
死のエピソードを語ることって
なかなかないから、話しててその時の悲しみや
悔しさをずっと抑え込んだままだったんだなーって気づいたよ。
今日はたくさん泣いて癒された。
私仕事での成功とか、夢を叶えることを
大切にしてきたんだよね。
だから悩みといえば、いつも仕事とお金。
今死んだら、後悔や悔いしか残らないと
思ってた。
でも意外過ぎることに
そんなこと全く出てこなくて、
家族や仲間への感謝の気持ちしか湧いてこなくて。涙がどばーっと出てきた。
成功に執着していて、
成功しないと人生終われないと
思い込んでたんだなーって。
本当に大切なものはすぐ近くにあって、
家族も仲間もいてそれだけで幸せなんだ
という大きな気づき。
あの世には何も持っていけない、
全て手放さなければいけないんだなって
思った時、大切な人をもっと大切にしたいと
思ったし、自分の人生も大切にしたいと思った。

                                     A様(Ⅰ・Ⅱ同時受講)

こんな方へオススメ

・自分に自信がない
・正解をいつも外側に求めて苦しい
・自分のことが嫌い
・自分のことを好きになりたい
・人の目ばかり気にしてしまう
・行動するのが怖い
・やりたいことがわからない
・毎日がつまらない
・子育てに悩んでいる
・自分責めが止まらない
・夫婦関係に悩んでいる
・新しいことを始めたい方
・自分の生き方をさらに深めたい方
・自分の方向性を確認したい方
・介護中の方
・人生を目一杯楽しみたい方
・死の思い出から傷を抱えている方
・命に向き合うお仕事をされている方

ワークショップ後は
こんな気持ちになります、、、

・自分の選択に自信が持てます
・受講後からの行動が変わります
・自分へ優しくなれます
・自分の人生への姿勢が変わります
・自分の人生を楽しもうとい意味で区切りがつきます
・自分の大切にしたい軸がわかります
・限りある子育ての時間が愛おしく思えます
・やりたいことがはっきりします
・行動してみようと思えます
・パートナーとの関係が変わります
・死への見方が変わります
・病気や介護とどう向き合えば良いかがわかります
・選択を迫られた時の考え方がわかります
・命にかかわるお仕事のプレッシャーや不安が軽くなります
≪選べる受講スタイル≫
〇毎月開催日の複数人
自分以外の死生観やご感想を聴くことで、死に対する思い込みを外すきっかけになるとのお声も頂いています。
同じタイミングで受講を決めた皆さんと価値観を共有したい方はこちらへ。

〇マンツーマン
じっくりマイペースに受講したい方にオススメです。
複数人のシェアに抵抗がある方、たくさん話したい方、深いお悩みがある方、じっくりお話を聴きながら進めていますのでご利用ください。

〇グループ
お友達、ご家族、医療福祉施設やその他企業様など。
知っている人同士で考えたい、家族の価値観の共有の時間に。
看護学生や医療従事者等命の現場で働く方、企業社員さんの研修の一環としても有効です。
2名~受付しております。
方法

ZOOMアプリ使用
<望ましい環境>
・静かで集中できる環境
・声を出せる環境
・勉強机くらいのスペース
・イヤホン推奨
・PC>ケータイ(画像共有がある為)
ご準備頂くもの
  ・筆記用具
  ・メモ紙、もしくはノートなど
  ・折り紙1/4くらいのサイズの紙20枚 
   (付箋などでもOK)
  ・便箋・封筒一組
  ・泣く自信のある方はタオル
注意事項とお願い
・途中参加はご遠慮ください
・ワークの進捗状況を把握する為、
・お顔が見えるように設定をお願いします。
・録音、撮影、スクリーンショットは固くお断りします
宮園 ユキ子
エデンの森 認定講師

現役訪問看護師

はじめまして!
どこにでもいる普通の主婦。
3児の母です。

母を助けたい、人の役に立ちたい、子供を幸せにしたいと
ずっと誰かの人生を生きてきた約40年。

精一杯走ってきたけれど
思い通りにならない子育てと仕事の両立に悩み
私は誰の人生を生きたいの?と立ち止まったことが
きっかけでした。

私なんて、、が口癖
誰かの人生を生きていた方が
無難ではあったかもしれません

でも
自分の命の最期を見つめた時
幸せだけれど、まだまだ自分を後回しにして
遠慮している自分に気づいて
悔しくて悔しくて泣けてきたのです

そして
私の命って何に文句を言っても
私以外代わりに生きてくれる人は
いないんだと気づいた瞬間でもありました

幼少期からの心の傷
ずっと自信がもてなかっ看護師人生
ノイローゼになった3人育児

自分が創られた道
嫌いな自分
根強い心の癖を

受け入れて許して
もう自分に遠慮しないで自分の人生を楽しみたい
人生最期の瞬間まで私らしく生きたい
そうシフトする考え方を知り
今伝える側に立たせて頂いています

また、命に近い場所で仕事をしていますが、
本当は死が怖くてたまらなかったこと、
死へのネガティブ意識が人一倍強い
自分にも気づきました

命は永遠ではないのはわかるけれど
怖さから老化や病気を誰よりも
悪者扱いしていたのは私かもしれません
生まれたらいつか死が来るのは自然なことだと
初めて受け入れられたようにも思います。

いつか訪れる最期までの時間、
期限のある自分の人生をどう生きるかは
正解も決まりもないこと
日常生活の中で本当はどうしたいんだろう?
の視点で自分を確認する毎日

気づいたらあれほど辛かった看護師の仕事も、
イライラが止まらなかった子育ても、
今は楽しみながら、緩みながら
取り組むことができています。

母親だって
妻だって
看護師だって
まずは自分を大切にしていい

自分を労わるからこそ、
大切な誰かを想いやる活力が湧くと
自信を持ってお伝えしたいです!

同時に誰もが自分の人生を謳歌することで、
いろんな意思や選択、死生観が
尊重されやすい世の中に
なるとも信じています

死の話ですが、
死だけでは終わらず
あなたの今が見えます。

これまで出会った患者さんの生き様、
日々の看護での学び、
私の人生経験のすべてを詰め込んだ
ワークショップ

誰でもないあなたの正解を見つけてみませんか?
自分が人生の主役になるヒントを
命を通して全力でお伝えします
素敵な認定講師がたくさんいます!