令和2年度技術士Lock-On:二次試験講座
受付け開始

技術士Lock-On:二次試験対策講座では6期350名超の受講者様からのデータを元にあなたに最適なアドバイスを行います。

お急ぎの方は090-5341-7697(すぐに出られないときもありますが、必ず折り返します)。

令和元年の筆記問題を分析しました。
これまでの解答方法では、合格ラインを超えることができません。頭を切替えることが必要です。

暗記力の勝負ではありません!

アウトプットの練習が合格への近道です。
令和元年から始った、午前中の必須論文問題は、暗記力で突破できる試験ではありません。
試される能力は、以下の5つです。

  • 専門的学識
  • 問題解決
  • 評価
  • 技術者倫理
  • コミュニケーション
この5つの能力を文章で見せて下さい。
また、全部で4つある論文試験で「専門的学識」と「コミュニケーション能力」はどれも必ず問われます。
コミュニケーション能力とは何か、あなたの主張を論理的に分りやすく伝える能力です。
筆記試験では、文章作成能力です。

こんなお悩みありませんか?

技術士になりたいけれど、問題の範囲が広すぎて何を勉強したら良いのか分らない?

論文なんて学生の時しか書いたことはない。学会の論文なんて考えたこともない。
そもそも、技術士になるメリットって何だ!
仕事は忙しいし、子供も小さい。
それに東京や大阪までは遠いからセミナーの受講は無理。勉強なんて大学を出てからやったことがない!
自分の知っている技術士は取得まで10年掛かったらしい。とてもじゃないがそんなにモチベーション維持はできない。

技術士試験は、インプットではなくアウトプットが重要

市販されている技術士試験対策本や、セミナーを開催している大手の対策講座はインプットを重視したアドバイスです。
なぜかと言うと、それが簡単だからです。
「ここから、ここまでの範囲を頭に入れて下さい」と教えるのは教える方に取ってとても簡単です。
しかし、それで技術士試験に合格出来ることはありません。

しつこいですが、繰り返します。

技術士試験は論述問題が基本です。解答論文を書かなければ合格出来ないのです。
水泳の選手はレースで勝つためにプールで泳ぐトレーニングをします。どうすれば水に浮いて速く泳ぐことができるのかを机上で学ばないと思います。
論文試験を突破するには、論文を書く練習がどうしても必要なのです。
多くの講座の講師もそれは分っているのですが、論文を読んでアドバイスするのは大変だからやらないのです。

どう考えてもテキストやスライドを作って配布するのが簡単です。

もちろん、『技術士Lock-On:二次試験対策講座』でも動画セミナーやテキストは配布します。しかし、この講座のメインは、講師による解答への添削やコメントです。それが最も重要と信じているからです。

インプット30%、アウトプット70%

それがこの講座の目指すところです。

また、これもLock-On:二次試験対策講座の特徴ですが毎週15分程度の動画セミナーがテキスト付きで届きます。全26回です。動画、音声、文字テキストがあなたの理解を助けます。
ステップメールを使った動画講座を導入している技術士講座は日本でここしかありません。

全ての部門と科目の問題を確認し、分析しました!

全ての部門と科目に対し、オリジナル問題を20問以上用意しています。

  • Ⅱ-1:8問以上
  • Ⅱ-2:4問
  • Ⅲ:4問
  • 必須問題:8問以上
その他、新たに制作した動画を含め、12時間分以上の動画講座

お問合せ

メリット

『技術士Lock-On:二次試験対策講座』は、IT技術(チャットワーク)使った通信講座です。
昔ながらのの通信教育ではありません。とは言え、ふだんメールのやり取りをしている人であれば特別難しいと感じるような手間もノウハウも必要ありません。これまで、29歳~66歳のエンジニアの方が受講されましたが「操作方法が難しい」と発言された方は一人もいないのです。

私は、技術士になるなら最先端技術をフルに使って効率よく学習し。試験対策を行って欲しいと思っています。
また、例え定年後でも独立・開業しようと思ったときにはそんな知識やノウハウも必要だからです。グループウエアやチャットワークぐらい使いこなして学習の効率を上げましょう。

『Lock-On:二次試験対策講座』では、ビデオ通話を使ったアドバイス、丁寧なメール(チャットワーク)でのコメント、リアル講座の実施、これらを駆使して、技術士試験最大の障害である「モチベーション維持」を克服しています。
雑談でも良いから、講師とコミュニケーションを取る、それがモチベーション維持の工夫の一つです。
技術士試験対策講座は大手が3社、中堅が2~5社ありますが、モチベーション維持に関してはどこも冷淡です。
なぜなら受講料さえ貰えば、あとは関係無いからです。

ではなぜ、『Lock-On:二次試験対策講座』は、モチベーション維持に拘るのか理由は簡単です。
主任講師である私、匠習作も、その他の講師5名も技術士取得をゴールと思っていないからです。
技術士取得は、安全な社会を築くエンジニア、科学技術の向上と国民経済の発展に尽くすエンジニアになるための切符と考えているからです。『技術士Lock-On:二次試験対策講座』を受講する最大のメリットはそこにあります。もし、受講を考えている方が、「自分は試験に合格出来れば良い」と思っているなら、この講座を受講するメリットはあまりないでしょう。

しかし、もしそうではなく「技術士になって活躍したい」と考えたいるなら、この講座以外に選択肢はないと思います。

これは、6期で350名の技術士を目指す方にアドバイスを行ってきた経験から言います。
技術士試験の難しさは、試験そのものの難しさよりも実務経験7年以上の社会人が受けなければならない試験であるところにあります。会社に入って7年も経てば第一線で働くエンジニアになっているはずです。皆さん毎日激務をこなしています。試験を受けるためにはその激務が終った後で、帰宅後論文を書いて勉強しなければなりません。

隠さずにハッキリ言いましょう。皆さん続きません。
また、受験勉強のことを思い出して、あるいは他の資格試験と同じように、暗記で乗り越えようとします。
しかし、それは大きな間違いです。
技術士試験のメインは論述問題です。択一試験ではありません。暗記力で乗り越えられる試験ではないのです。
やり方が間違っていれば、良い結果はでません。
受験者の多くの方は、その間違いを繰返します。

私が、試験対策の本を書いたのは、その間違いを正すためでした。

講座の内容

リアル講座有り無し二つのコースを用意しました

リアル対面講座付
Lock-On:技術士講座

リアル講座有り通信講座

筆記問題添削10回+申込書添削3回
10.0万円+税



筆記問題添削22回+申込書添削5回
15.0万円+税



筆記問題添削33回+申込書添削無制限
20.0万円+税


(リアル講座は全4回:1,2,3,5月)
消費税は、申込み時期により変わります。
10月1日以降は10%、それまでは8%。

全てのコースで、再受講者様は1万円引きです。


お問合せ

リアル講座無し
通信講座のみコース

リアル講座無し通信講座

筆記問題添削10回+申込書添削3回
7.0万円+税



筆記問題添削22回+申込書添削5回
12.0万円+税



筆記問題添削33回+申込書添削無制限
17.0万円+税






消費税は、申込み時期により変わります。
10月1日以降は10%、それまでは8%。

全てのコースで再受講者様は1万円引きです。

お問合せ

サービス提供の流れ

STEP

1

先ずはお問い合わせ下さい

お問い合わせ頂くばあい、これまでの受験回数や受験部門、受験科目をお知らせ下さい。
また、もし受験部門や受験科目の選択でお悩みの場合はご相談を受け付けます。
特に初めて受験する方は試験制度そのものに対する不安があります。
「こんなつまらない質問?」とお考えにならないでください、最初は誰でも分りません。

STEP

2

24時間以内に返信します

原則24時間以内にご返信致します。不安なあなたを待たせることはしません。
もし、返信が無い場合はメールの事故もありえます。
申し訳ありませんが、もう一度お送り下さい。以下のアドレスはどちらも使えます。
S.Takumi296@gmail.com
gijutsushi.goukaku@gmail.com

STEP

3

試験に対するあなたのお悩みを拝聴します

メールでのやり取りでも結構です。あるいは、日時を決めてスカイプで面談致します。
また、過去問題を解答して自分の実力を判断することも可能です。
特に初めて受験する方は試験制度そのものに対する不安があります。
あなたの疑問やお悩みを解消致します。

STEP

4

受講される場合は、入金後すぐに講座のチャットワークへログイン

入金が確認されるとすぐに『技術士:Lock-On:二次試験対策講座』のチャットワークへの招待状が届きます。
講師は、私以外に5名。合計6名の体制です。

8月~10月の間は、初歩の論文添削問題を用意しました。
これは、添削回数と別にアドバイスを受けることが可能です。
早期に申し込まれただけの特権です。
全7問、7回の添削を受けて、論文作成力を鍛えて下さい。

そして、11月1日から、正規の問題に対し解答を作成して下さい。

あなたの論文作成力は、確実にアップします。

STEP

1

先ずはお問い合わせ下さい

お問い合わせ頂くばあい、これまでの受験回数や受験部門、受験科目をお知らせ下さい。
また、もし受験部門や受験科目の選択でお悩みの場合はご相談を受け付けます。
特に初めて受験する方は試験制度そのものに対する不安があります。
「こんなつまらない質問?」とお考えにならないでください、最初は誰でも分りません。

プロフィール

総合技術監理部門・機械部門
技術士の匠習作です

平成26年度の技術士試験よりこれまで6期350名超の受講者様へアドバイスを行ってきました。
私自身は、平成23年度の試験で併願受験するも、機械部門の筆記試験で不合格となりました。自信はあったのですが、なぜ不合格だったのか徹底的に考えました。そこで分ったのが、自分に不足していた「専門家としての視点」です。
それが分ってからは悩みはありません。平成24年度の試験は総合技術監理部門の合格率が7%台まで下がりましたが、機械・総監合わせて併願合格できました。この年では日本で私一人です。
結局2年掛かって二つの部門を取得したわけですが技術士試験に対する不合格の悔しさも合格の喜びも知っているつもりです。

ぜひ、技術士になってエンジニアとしての人生を全うして下さい。
日本にはまだまだ優れたエンジニアが大勢いるのです。あなたもその一人です。
あなたの能力を、見識を社会は待っているのです。

これまでの著作

平成26年発売
3段階ステップ必勝法

どこから勉強して良いのか分らない。
最初にやるべきことは何?
初めて受験する人のために徹底的に具体的な試験対策を説明しました。多くの方に「分りやすくて助かりました!」とお礼を頂いた本です。

平成29年発売
エンジニアの成長戦略

こちらは、試験対策の本ではありません。
エンジニアとしての道を歩み始めたら、どんなことを勉強すればよいのか具体的に説明した本です。技術士を受けるような人よりも新米のエンジニア向けの本です。

新しい本も出ました

平成31年3月発売

これも、早期に申込みを頂いた方にプレゼントします。

お問合せ

お客様の声

海外在住のまま、環境部門受験

上の続き

建設部門

機械部門

建設部門

機械部門

合格者様からの声

機械部門の合格者様

機械部門の合格者様

合格者様からの声

総合技術監理部門の合格者様

経営工学部門の合格者様

受講者様からの声

建設:都市計画のかた左と農業土木の合格者様

左の続き

受講者様からの声

鋼コンの左と機械設計の合格者様

左の続き

合格者様の声

建設部門左と総合技術監理部門の合格者様

左の続き

よくある質問

Q
解答を作成するための問題はオリジナルでしょうか?
A
オリジナル問題は、合計20問以上用意してあります。
ほとんどの部門と科目に対し用意しました。
ただし、過去問題も重要です、オリジナル問題と過去問題の中から、ご自身が苦手と思う問題を選んで解答して下さい。
Q
時間がないことが不安です。土日なども質問には対応できますか?
A
私自身は無休です。土日は関係ありません。
Lock-On:二次試験対策講座では、解答を頂いてから返却するまでの時間もほとんど24時間以内です。
万一を考えて、36時間以内としていますが、27年度の実績は29.5時間です。28年度は26.5時間、29年度は22時間。最短は20分でした。質問に対する解答も同じです。
疑問や不安を持った受講者様をお待たせしません。
Q
個別の面談などもありますか?
A
Lock-On:二次試験対策講座で使用するチャットワークには、ビデオ通話の機能があります。スカイプなど外部の機能やアプリケーションを使う事無く、ビデオミーティングが可能です。また、SkypeやZoomも使用できます、特に初めて受験される方には個別面談が有効です。積極的に活用して下さい。
もちろん、予約制となりますがどのコースの受講者様も個別の面談、個別指導が可能です。
Q
分割払いはありますか?
A
6回までの分割に対応しています。
お気軽にご相談下さい。
Q
講師の方は、自分で選ぶことができますか?
A
講師を決めるのは責任者である私の役目です。
また、私以外の講師は仕事の兼ね合いがあって人数の制限があります。
もちろん、どの講師も私によってその指導力が確認されています。
受講者様のアドバイスに対して問題はありません。
Q
解答を作成するための問題はオリジナルでしょうか?
A
オリジナル問題は、合計20問以上用意してあります。
ほとんどの部門と科目に対し用意しました。
ただし、過去問題も重要です、オリジナル問題と過去問題の中から、ご自身が苦手と思う問題を選んで解答して下さい。

技術士として活躍したいと思ったら

ぜひ、技術士:Lock-On:二次試験対策講座をご利用下さい。

  • 具体的で分りやすいアドバイスが初めての方にも好評です。
  • 返却の早さは、あなたの不安な時間を短縮します。
  • 動画講座とテキストがモチベーション維持に役立ちます。
  • ただし、添削講座には人数制限があります。
  • 29年度は70名で満員でした、30年度は講師も5名体制ですからもう少し増やせますが、満員の場合はご了承下さい。
  • 20問以上のオリジナル問題で論文作成力を鍛えて下さい。
  • 令和元年の問題を分析して、作ったオリジナル問題です。
  • さらに、動画講座も2時間以上増えます、パワーアップした動画講座で技術士試験の本質を学んで下さい。
  • 早期に申込みを頂いた場合、添削講座の回数と別に7問7回の論文問題を解答できます。