「長女なんだから、みてくれて当然でしょ」
「お前は独り身なんだから」
「もっと色々やってくれると思ったのに」

親の介護で疲弊しきって
いた主婦
が、自宅にいながら、
あるメルマガ講義を受講して、
世界最先端の介護メソッドを実践し、

57日以内には自分の趣味を
昔のように楽しむことができる
ようになることは、

果たして本当に可能なのでしょうか?…

はい、可能です!

「辛い、疲れた、眠い、逃げたい…」
先の見えない、介護生活で死にたくなる…

介護に疲れ67歳の母親の首を締めて殺害した、
41歳の娘の告白です。

=======================

「お母さんを、痛みのない世界へ連れて行きたかった」
「そして介護から解放されたいという気持ちがありました」
=======================

これが母を殺した理由でした。

長年の介護の末、
彼女自身もうつ病を患っていました。

孤独で誰にも頼ることができずに、
彼女は1人でもがき苦しみ続けました。

殺害前、彼女は入水自殺を試みます…


「私は自転車で川に向かいました。
薬を飲んで、川に入り、死のうと思ったんです。
でも死に切れませんでした…」

とずぶ濡れで帰宅。

その数日後、

「母がうつらうつらしているとき、
ベッドの右側に立ち、首を両手で絞めました…」

と母親の殺害にいたります。

彼女の嗚咽まじりの言葉が
静まり返った法廷中に響き渡りました。

この公判で懲役3年、執行猶予4年の判決が下されました。


彼女は自殺『未遂』でしたが、
介護を苦に、毎年200人以上が自殺をされています。


あまりに不幸な現実ですが、
これから少子高齢化が進む日本では、
どんどん介護問題は増えていくだろうと想定されます。


あなたがもし、
このまま何の準備もしないで介護を
迎えた場合に起こりうることです。

・介護のため、仕事を辞めなければならず、生活が困窮する

・介護が原因で夫婦喧嘩、夫と熟年離婚してしまった

・毎日、睡眠不足で介護に追われて自分自身の時間なんて全くない

・色々してあげてるのに、親から文句を言われてばかり…

・ブラック企業はまだマシ…在宅介護は気力、体力、お金、人生の全てが奪われる

・同居の母親がトイレの便器やレバーを、毎回『尿や脱糞まみれ』にしてしまう

・親を怒りたくないのに怒ってしまい、自己嫌悪…

・友達のSNSで楽しそうな写真を見て、自分と比べて悲しくなる…

・体も心も、もう限界…頭がおかしくなりそう…

・在宅介護で、家の中が常にギスギス、家に居たくない…

・親の身勝手な行動に、怒りが込み上げてくる

・・・

これらは親を介護していた人たちが
実際に体験したことや、本音の気持ちです。


介護は『いつまでに終わる』という
明確に期限が決まっているものではないので、
将来に全く希望が持てなくなります。


「この先、いつまでこの辛い生活が続くかわからない…」


いつまでも出口の見えない、
暗いトンネルにいるような感覚…

そして、気づかないうちに、
精神的にも肉体的にもボロボロになってしまいます。


このまま何も行動せずに介護を迎えると、

「早く死んでくれないかな…そうすれば楽になれるのに」

そんな悲しい想いが沸いてくるほど、
追い詰められてしまうかもしれません。


もしかしたら、現在すでに
そんな危機的状況にあるかもしれません。

そんなあなたの少しでも力になれたらと思い、
心を込めて手紙を書きました。

あなたの介護生活が楽に幸せなものになりますように…


日本の介護は、もはや時代遅れです。
次世代型の介護とは?

あなたは介護について
どういうイメージを持っていますか?

・出来ればやりたくない
・他人に任せるのは怖い
・お金の心配がある

など、ネガティブなものが多いと思います。

でも、あなたの周りで、
幸せに介護をしている人がいないから、
良いイメージが出来ないのは仕方ありません。

ではどうすれば、
楽に幸せな介護が出来るようになるでしょうか?

「そんな方法、あるわけない」
「絶対、無理。介護は辛いもの」

そういう風に考えていませんか?

でも『今、無理だと思っていても大丈夫』です。

私も最初はそう思っていたのですが、
しっかり解決策はあります。

親と良い距離感を保ちつつ、
『みんなが幸せになる道』
をあなたに示したいと思いますので、
このまま読み進めてくださいね。


まずは、
これまでご両親や義理のお父さん、お母さんを
介護されてきた方、本当にお疲れ様でした。

時には、愚痴を言われたり、暴言を吐かれたり、
暴れられたり、徘徊されたり…

たくさん辛いこともあったと思います。


愚痴や泣き言を
誰かに言いたくなったこともあったと思います。

それでも、よくここまでやってこられました。
本当に、本当に、お疲れ様でした。


あなたが親の介護について悩んでしまうのは、
あなたのせいではありません。

介護についての『正しい情報』を知らなかったこと。

ただ、これだけです。

テレビや新聞などのメディアでは、
介護について暗い情報が多いです。

そのせいで
『介護』=『辛く苦しいもの』
というイメージが蔓延しています。

私はこれまでに数百人の高齢者の方、
その家族の方からご相談を受けてきました。

その中で、『ツラそうにしている家族』と
『幸せそうな家族』、それぞれの共通点を
見つけることができたのでお伝えしたいと思います。

まず、
介護がツラいと感じる人は、以下の共通点があります。

●頑張っている、無理している
●親と同居している
●家族だけで介護している
●他人に弱みをみせない、頼ることをしない

こういう状態だと、
介護が本当に大変に感じてしまいます。

逆に、幸せに介護をしている方の共通点として、

○頑張らない、無理しない
○同居せず、親の近く、もしくは遠くに住んでいる
○家族が介護せず、介護のプロにみてもらう
○他人に弱みを見せられて、頼るのが上手

上記の4つがありますが、これがすごく大切です。


これらを満たすことができれば、
介護で悩むことはほとんどなくなります。


『家族だけ』で介護をしてきて
「親の介護すごく楽しい!」
「これからもずっと、親の介護をやっていきたい!」
と言っている人を私は見たことがありません。

ほとんどの家族が、疲れ切っていて、
それが親にも伝わり、みんながしんどくなっています。

北欧の格言でこんなものがあります。
『家族だけの介護は、竹やりで戦車と戦うようなもの』

それくらい『家族だけ』の介護は大変なのです。

だから、あなたが介護を辛いと感じるのは当然です。

あなたが少しでもキツイと感じているなら、
介護のプロにお願いしましょう。


ちなみに、福祉先進国の『デンマーク』では、
ほとんどの高齢者が、子供達と同居せずに、
夫婦だけで生活をするか、
一人暮らしをしています。

自立した元気な高齢者が多く、
友達と過ごしたり、趣味を楽しんだりしています。

それでいて家族仲も良く、近くに住んでいれば、
子供達と頻繁に会って、ご飯を一緒に食べたりします。

デンマークは世界幸福度ランキングでも
毎年上位に入っている国です。

デンマークなど北欧諸国の
高齢者の多くは一人暮らしで、
在宅の介護サービスを利用することは
もはや当たり前になっています。

これが世界の、福祉先進国の常識なんです。

『自分が出来ないことは、他人にやってもらう』
これが当然の社会になっています。

上手に介護サービスを使いこなすことによって、
あなたの身体的負担、経済的負担は劇的に軽くなります。

私はこの次世代型介護を、日本の介護の常識にしたいのです。

間違っても、介護を理由に
仕事を辞めたりしないでくださいね。


「でも、介護サービスを使うって高いんじゃないの?」

そんな疑問もあるかもしれませんが、
実は『かなりお手頃に』介護サービスは利用できるんです。

あなたは介護についてものすごく
お金がかかると思っていませんか?

あなたは介護についてものすごく
お金がかかると思っていませんか?

確かに、施設に入れるとなると、

・特別養護老人ホームで月に約10〜15万
・介護付き賃貸で月20万
・有料老人ホームで月30万

ざっくりこれくらいはかかってしまいますが、


今の日本では在宅でも、
様々な介護サービスが、かなり安い費用で、
受けられるようになっています。

あなたは訪問ドクターって聞いたことありますか?

お医者さんの方から、私たちの自宅に
毎週1~2回来てくれるんです。

すごく安心ですよね!

「お医者さんがわざわざ足を運んでくれるんだから、
値段も高いでしょ。」と思いますが、

実は8,000円前後で毎週2回も来てくれます。

1ヶ月で8回も来てくれて、月額8,000円です!

ありがたいですよね^^

もしあなたが、お父さん、お母さんの様子を
見にいくことができない場合でも、
お医者さんがきてくれたらとっても安心できると思います。

こういったことをただ『知っているか、知らないか』
介護のあり方が全然変わってきます。

毎週お医者さんのところへ送り迎えするだけでも、
あなたの労力がかかってしまいますからね。

お金を払って、甘えられるところは、
とことん甘えちゃいましょう!

私は今でこそ、たくさんの方に介護のアドバイスを
できるようになりましたが、私も過去に相当悩んで
いた時期がありました。

実は、以前の私自身も、今のあなたのように、
『他人に任せる』ということができなかったのです…

おばあちゃんの介護についての後悔…



自己紹介が遅れました、大神直宏と申します。



私は福祉系コンサルタントという立ち位置で
これまで数百人の介護相談に乗ってきました。

24歳から『⾼齢者施設の施設⻑』
として介護業界に携わっています。

介護業界に入ってからは8年経ちました。


私の自己紹介も兼ねて、
なぜ介護業界に入ったのか、
その経緯をちょっとだけお話したいと思います。

そもそも、
私が福祉で仕事をするきっかけになったのが、
『おばあちゃんの介護での失敗』 です。

私のおばあちゃんは、
87歳まで田舎で一人暮らしをしていました。

おばあちゃんには夢がありました。

それは、
「長男夫婦が戻ってきて一緒に住みたい!」

(私の父は次男)
「それまでは私が家を守るの!」と、
一人暮らしで、自分で畑を耕し、
毎日のように神社にお参りに行く。

すごく元気なおばあちゃんでした。

そんなある日、おばあちゃんの10年越しの夢が叶いました。

なんと、長男夫婦が戻ってきて同居するというのです。

『おばあちゃんよかったなー』

と親戚中で話題になっていました。

それから1年ほどしておばあちゃんのお家に行くと、
前と様子が激変していました。

いつも綺麗に整理されていたお家が
ゴミ屋敷のようにものが散乱していました。

おばあちゃんも以前のような覇気がなく、
耳が聞こえにくくなっていました。

畑を耕していたのも辞め、
毎日神社に行くのもできなくなっていました。

そして今まで病気一つしなかったおばあちゃんが、
病気がちになり家で寝ていることが多くなっていました。

そして長男である僕のおじさんと、
お嫁さんのおばさんは、
以前はニコニコしていて穏やかだったのが、
怒りっぽくなっていました。

いつもイライラしている状態。

『一体なにが起こってるんだ?』

『このままではいけない。なにかできることはないのか?』

私はビックリして、両親や親戚になにかできることはないのか相談しても全く答えは出ませんでした。

その半年後にまたおばあちゃんのお家に行くと、
家は前以上にモノが散乱していて、
おばさんはイライラしながら慌ただしく動き回り、
ストレスをおじさんや自分の子供にぶつけていました。

そして、おばあちゃんはほとんど自分の部屋で寝ていました。

その日の夜に晩御飯をリビングで食べていると、
おばさんが、

「早くおばあちゃん亡くなればいいのに」

とボソっと私がいる前で言いました。

おばあちゃんは自分の部屋で寝ていましたが、
聞こえるような声でした。

いつも僕に優しくしてくれたおばさんが
「亡くなればいい」って言ったことに
ショックを受けたのと同時に、
そこまでおばさんが追い込まれていたのかと知りました。

その後、半年しておばあちゃんは亡くなりました。

同居してからおばあちゃんが幸せそうにしているのを
見ることがほとんどありませんでした。

更におばさんからずっとグチを言われ
板挟みになっていたおじさんは、
半年ほどしてがんが見つかりました。

医者からは
「ストレスが原因ではないでしょうか」
といわれました。

その後詳しい検査を行い、
おじさんは癌のステージが既に進行してしまっており、
余命を医者から宣告されてしまいました。

これは実話で、
おばあちゃんも、おじさんも、おばさんも、
この中に悪いひとはいません。

みんな優しい素敵な方たちです。

ただ、環境が近すぎることによって全員が苦しむ結果になりました。

『私は何もできなかった。』

『家族がどんどんおかしくなって苦しんでいるときに何もできなかった。』

この思いがおばあちゃんが亡くなってからも私の心に残り続けました。

『どうやったらおばあちゃんの力になれたんだろう』

それが私の心に残ったテーマでした。

それから間もなく、ひょんなキッカケで知人から
「介護施設を作るから管理者をしてくれないか」と
提案されたのです。

未経験で介護の『か』の字も知らなかった私は、
亡くなったおばあちゃんのちょっとでも力になれたらと思い、
その提案を受け、介護施設の施設長になりました。

それから数年して、自分で福祉事業所を新たに作り、現在も運営しています。

ただそれだけではどうしても人数が限られてしまうため、
どうやったらより多くの人に伝えられるだろうとずっと考えていました。

その結果、うまく介護されている方のやり方を
まとめた教材を作ることに決めました。

一人でも多くの人に、家族で傷つけあうんじゃなく、
親も、子供もみんなが無理せず、穏やかに生活できる方法です。

この教材『イージー介護メソッド』では、
介護初心者の方でも無理なく学習できるように、

ベイビーステップで1つづつ、丁寧にお伝えしていきます。


私がおばあちゃんの介護での失敗を経験し、それから多くの高齢者と実際に接してわかったことがあります。

それは、『介護で苦しむかどうか』は、

・お金をどれだけ持ってるかでもなく、
・どんな重度の病気を持っているかでもなく、

『環境』と『考え方』

で決まります。

この『イージー介護メソッド』によって、

○正しい情報を知ってもらい、
○うまくいく考え方を知り、
○親と適切な距離感の環境にいれたら、

介護は苦しまず、みんなが穏やかにできます。

イージー介護メソッド

☆頑張らない、無理しない、非常識な介護の新常識☆

この『イージー介護メソッド』は
文字通り、小難しい説明などは一切ありません。

1つ1つ確認して、実践してもらえたら、
ご両親との関係性が少しずつ良くなり、
最終的にはお互いがちょうど良い距離感で
接することができるようになります。

楽に、穏やかで幸せな生活を取り戻すことができます。


介護の時間が少なくなるため、趣味を楽しむ時間もできます。

こちらの『イージー介護メソッド』は、
メルマガとして毎日22時頃、
あなたのメール受信ボックスへお届けします。


メール講座、音声、動画、
色々なコンテンツを準備しているので、
楽しみにしていてくださいね。

私からのメールを開いてもらったら、
すぐに『イージー介護メソッド』の講座が始まります。


あなたは家事や仕事、ご両親の介護で
毎日使える時間も限られていることと思います。

なので、無理なく学習できるように、
メール1通ごと、コンパクトな内容にしています。

そして、週に1度の『動画コンテンツ』では、
文字や音声だけでは伝えられない部分を
しっかり丁寧にお伝えさせて頂きます。


お手持ちのスマホやパソコンで
すぐにご視聴可能です。


お休みの時に、まとめてご覧いただくこともできます。

それではこれから『イージー介護メソッド』の
具体的な内容についてご紹介していきましょう。


あなたの介護不安をゼロにするため、
ここまで作りこみました

介護で陥ってしまう4つの落とし穴とは?
介護で苦しんでいる人の約99%の人が4つの落とし穴のどれかにはまり苦しんでいます。逆に、この4つの落とし穴にハマらなければ、介護はグッと楽になるこどでしょう。
頑固な親の心を開かせる、魔法の言葉とは?
ある言葉を紙に書いて、見えるところへ貼っておくだけで、頑固な親の心を開かせることができます。これまで私が数百名の高齢者の方へ実践してもらった方法です。この『魔法の言葉』に毎日触れることによって、どんどん思考に変化が生まれ、表情や考え方がすごく穏やかになってきます。
親から文句や愚痴を言われなくなるポジショニング
親との関係性で一番良くないのは、上下関係や敵対関係になってしまうことです。ここを抜け出し、穏やかな親子関係を作る秘訣をお話します。
要介護3〜5でも、かかる費用は○万円!
一番重い介護状態ですが、在宅であれば、
多分、あなたがイメージしている金額より、相当安くできる方法があります。しかも、親と同居しなくてもよいのです。
介護保険申請のコツ
介護サービスを受けるには、まずは要介護認定を受けなければなりません。審査員が家にやってきて、チェックするのですが、〇〇によっては審査に落とされる可能性もあります…
なんでも1人でできる高齢者が『要支援』になる裏ワザ
実際に私が審査員に聞いた、裏情報をコッソリあなたに教えます。あまり広まると使えなくなる可能性もあるので、他言無用でお願いします…
認知症の95歳女性は一人暮らしできるか?
おまけに資産もありません。さらに介護できる家族もいません。しかも『要介護5』という一番重い状態ですが、〇〇を受けて、自由気ままに一人暮らしをしている方がいます。
シニアが『勝手に』元気になる3つの条件
あなたがデイサービスを入れる時に、
この3つの条件を満たす環境を作ってあげてください。元気モリモリになります。
親から文句や愚痴を言われなくなるポジショニング
親との関係性で一番良くないのは、上下関係や敵対関係になってしまうことです。ここを抜け出し、穏やかな親子関係を作る秘訣をお話します。
親との関係を劇的に改善させる、会話テクニックとは?
親はとにかく自分が理解されてないと思うと、心を開いてくれません。あなたも経験があるかもしれませんが、自分のことをよくわかってくれていると感じる人に、相談や話を聞いてもらいたいと思うはずです。ここでは親に心を開いてもらうための重要な手法をご紹介します。
介護サービスを受けさせようとすると「うるさい!そんなものはやらない!」と断固拒否していた親が、デイサービスをすんなり利用するようになった方法
あなたのご両親は、抵抗なくデイサービスを利用してくれますか?
「他人のサービスを受けたくない」と思っている高齢者の方が多くいらっしゃいます。だから、「介護離職しなければいけない」と考えてしまいがちですが、そんなことはありません。

介護サービスを使うことは、「当たり前のこと」と受け入れてもらうためのお話もしていきます。
介護はカードゲーム?!
あなたが介護離職をしないために、
面白い例え話を紹介します。

親の本当の幸せについて、あなたは考えたことがありますか?
日本の常識と、海外の常識は大きく違います。
親と同居をすることが本当に幸せなのか?じっくり考えてみましょう。
国をうまく利用する方法
あなたは日本国民であれば、介護離職はしなくて大丈夫です。
国を上手く利用する方法を教えます。


あなたはトップの仕事をしてください
ご飯、掃除、洗濯、色々やることがあると思いますが、最も大切な〇〇を決めることをしてください。
介護が劇的に変わります。
デイサービスと似ている、〇〇にはくれぐれも近づかないでください!
私も何ヶ所か見学に行ったのですが、
これまで良かったところは1つもありませんでした。
利用者の方が下を向き、暗い雰囲気です…
介護はカードゲーム?!
あなたが介護離職をしないために、
面白い例え話を紹介します。

将来の安心のための第一歩


これは本編のごくごく一部の内容ですが、
ほんのちょっとだけご紹介させていただきました。

これから4ヶ月間のメール講座や動画で、
あなたの介護不安を『ゼロ』にしていきます。

これから毎日、夜10時頃、
あなたへメールさせて頂きます。

1つ1つ確実に行動いただくことで、
早い人では1〜2ヶ月後、遅くても
4ヶ月後にあなたは、介護不安のない、

幸せで安心感に満ちた生活を得られます。

つまり、介護に時間やお金をかける必要がなくなった分、
あなた自身の趣味や人生を楽しむことができるようになるのです。

これまで遠慮してできなかった、
友人達との温泉旅行や、おしゃれなカフェランチも
思いっきり楽しむことができるようになります。

自分自身に使える時間が増えるので、自宅でゆっくり読書や、
ガーデニングを楽しむのもよいですね。

そしてとても晴れやかな、清々しい気持ちになれます。


ぜひ、楽しみにしていてくださいね!

さらに、あなたを途中で挫折させないために、
毎日応援メッセージをお届けします。

今、あなたは毎日の介護で苦しい思いを
されていると思います。

日々の生活で疲れすぎて、気持ちの整理が
つかない日もあるかもしれません。

なのであなたが今回の受講途中で、
「やる気がなくなったり、
途中で続かなくなってしまったらどうしよう…」

「せっかく参加してくれたあなたには、
受講前の苦しい状態には戻ってほしくない…」

私にできることはないか、色々考えた結果、
毎日あなたへの応援メッセージとして、
『音声』をお送りすることに決めました。

この音声ではあなたが学習途中で挫折することのないように、
『毎日の介護で心が折れないように』
私から元気や希望を届けたいと思っています。

こちらをお聞きいただくことで、
少しずつ、楽に、無理することなく、
介護と向き合うことができるようになってきます。

気持ちを楽にしてもらうだけではなく、
『新しい介護の常識』についてもお話していきます。

つまり、以下の世間の介護常識が、
『古い常識』であることに気がつくでしょう。

介護は…
・辛く苦しいもの
・お金がかかる
・頑張らないといけない
・介護することは子供の義務

など、これらは間違った『古い介護の常識』です。

あなたは毎日の音声を聞くことによって、
いつの間にか『新しい介護の常識』を手に入れ、
苦しむ介護から脱却できます。

これから120日間、毎日休まずに、
あなたへの応援メッセージとしてお届けします。

私の8年間の集大成をここに詰め込みました

私はこれまで8年以上、介護業界に携わってきました。

「より良い介護施設を作りたい」という想いで、
これまで100件以上も、介護施設の見学に行きました。

勝手に他の施設の利用者の方に話しかけて、
ヘルパーさんに怒られたこともありました。

不審者を見るような目で、見られたことも何度もあります。

ウツ病の方と接することも多いため、
自分自身も気持ちを持っていかれそうになったこともありました。

実費でセミナーに参加したり、
介護関連の本は500冊以上読み、
認知症ケアの研究所訪問も行なってきました。

これまで金額で言えば、
ゆうに400万円以上は費やして学習してきました。

なのでこの教材は
私の『介護人生の集大成』とも言えるものです。

なので、正直なことを言うと、

「400万円使ってきたので、400万円ください」

と言いたいです。

しかし、
それは私が勝手に本業で勉強してきたことであり、
あなたには関係ありません。

そこで、
このノウハウの参加費をどれくらいにすれば良いのか…

とても悩みました。

そして私は以前にある尊敬する先生に

「何でも1000倍にして返しなさい」

という言葉を頂いたのを思い出しました。

逆に言えば私が400万円使ったという事はあなたには、
その1000分の1である『4,000円』で提供するのが
最も良いのでは無いかと思ったのです。

もちろん私も普通の人間ですので
「4,000円では勿体ない」という気持ちが無い訳ではありません。

しかし、8年前の私と
同じ悩みを持つあなたの手助けをしたい
という気持ちをもっています。

あの苦しかった頃を思い出すと、
今のあなたの苦しみを救ってあげたいと強く思います。

また、私には
『日本の介護の在り方を変えていきたい』
という想いもあります。

そこで決めました。

この『イージー介護メソッド』の参加費は
一括3,920円にしたいと思います。

今回は4ヶ月間の配信になるので、
月額980円です。

破格の値段だと思っています。

1日あたり33円です。

安いですが、それでいいです。

同じ苦しみを持つあなたが、
それで救われるならそれで良いと思っています。

しかし、1つだけお願いがあります。

この『イージー介護メソッド』を全て視聴した4ヶ月後、
あなたは介護の不安とは無縁になっていることと思いますが、

その時には一言で良いので感想を聞かせて欲しいのです。

もちろん強制ではありません。

気が向いたらで良いので感想をメールなどで送ってくれるとうれしく思います。

認知症、ウツ病、アルツハイマーを改善させる
斬新で効果的な方法など、3大特典をまとめてプレゼント

参加特典

特典1.参加者限定サポート【Q&A】

今回、本編の内容だけで、
将来にわたって介護についての不安感が
一切なくなります。

ご参加されたみなさんには、
「本当に心から、おめでとうございます」
とお伝えしたいです。

しかし、もしかしたら、

これからノウハウを実践していく中で、
「これはどういうことだろう?」
と疑問点が出てくるかもしれません。

そんな時は遠慮なく、私にメールをください。

個別でのご回答は難しいのですが、
多くの方から質問いただいた内容については
ピックアップしてお答えさせて頂きます。

音声や文章でしっかりと
回答させていただきますね。

これまでに介護業界で培ってきた知識を
出し惜しみなくご提供いたします。



(回答頻度としては2週間に1度を予定していますが、変更になる場合もあるのであらかじめご了承ください。)
参加特典

特典2.ウツ病解消!奇跡のストレッチ運動

ウツも治すことができた、
『奇跡のストレッチ運動』を
動画にしてお送りします。

以下は、私の施設にいらっしゃる70代女性の体験談です。

私が過去にインタビューさせてもらいました。

===================
70代女性
「体の悪いところはたくさんありました。
膝も悪いし、腰も悪い、そして難聴もありました。
で、一番困ったのがうつ症状でした。
それが一番大変でした。」

大神「実際、ストレッチ運動してみてどうでしたか?」

70代女性
「最初は驚きましたよ、
こんなゆっくり体を動かすだけで、
本当に良くなるのかって疑問でした。

半信半疑でしたが、

体をいたわりながら、ゆっくり心を静めて
楽しくやることによって、心も体も元気になりました。」

大神「どんな日常変化がありましたか」

70代女性
「これまでは、行きたいところがたくさんあるのに、
 足を痛めているので、出歩くのが億劫になっていました。

でも、今は行きたいところに自由に行けるようになったのが嬉しい。

中でも一番嬉しかったのは、
大好きなコンサートに行けるようになったことですね。

また次はどこに行こうかなと楽しみにしています。

あと、うつ病の症状ですが、
これまでは1日に2、3回襲われていました。

それが、全然なくなりました。

自分がうつ病だったのかなぁ?って忘れてしまうくらい、今が楽しくなっていますね。

体だけではなく、精神的な面も治してもらったと感謝しています。

===================

1年間うつ病で苦しまれていたのですが、
現在は本当にお元気になられています。

うつ病になると周りの家族も大変ですが、
本人が一番辛いものです。

お話をしながら色々ケアをさせていただきましたが、
メインとなったのが運動です。

椅子に座りながらできる、
簡単なストレッチ運動なのですが、
効果は抜群です。

今回『イージー介護メソッド』へ
ご参加いただいた方限定で、
撮り下ろし動画を配布致します。
参加特典

特典3.【限定100名】認知症に効くサプリメントをご紹介

このサプリメントは、
認知症、アルツハイマー予防など、
『脳』に効くサプリメントです。

私の知人の方のお話です。

その方は70歳近くのお父さんがいらっしゃるのですが、
自分と弟の名前を最近よく間違い始めていたそうです。

そこで、このサプリメントを定期的に飲んでもらった結果、
名前の呼び間違いが一切なくなったと教えてくれました。


他の方からも、

・記憶力、思考力がついた
・頭痛が改善された
・いつも夕方になると疲れが出ていたが、そのダルさがなくなった
・偏頭痛に悩まされていたが、頭がクリアになった

と、かなり評価が高いサプリメントになります。

本当であれば今回『イージー介護メソッド』へ
ご参加される方全員に教えてあげたいのですが、

大量にサプリメント会社に発注されてしまうと、
他の方が購入できなくなる可能性もあるため、
数量限定特典とさせてください。

なので、本当に申し訳ありませんが、
今回は最初に参加いただいた、
限定100名このサプリメントをご紹介いたします。


参加方法は『銀行振込』か『クレジットカード』です。

参加費は月額980円になります。
4か月間の配信になるので一括払いだと3,920円です

そして、現在参加される場合は、100名限定
『認知症に効くサプリメント紹介』を特典としてプレゼントできます。

以下に『参加ボタン』がありますのでクリックすると、次のページに
あなたのお名前、メールアドレスなどを記入するフォームがあります。

確実にあなたに届けて、
「将来の介護不安のない人生」を手に入れてもらいたいので
間違えないように記入して下さい。

記入は短くとても簡単ですので安心して下さい。

クレジットカードでの参加の場合は、確認後すぐに
『イージー介護メソッド』の1通目のメールを、
登録頂いたメールアドレスに送ります。


銀行振り込みの場合は、原則として2営業以内に確認してすぐに送ります。

あなたの決断は本当に素晴らしいです。

もしこの『イージー介護メソッド』に参加しなかったり、
発見できなかった人は本当に不運だと思います。

なぜならまた、将来にわたりずっと親の介護不安を
抱える人生を送り続ける羽目になるからです。

そして、介護で疲弊しきり、精神的にも肉体的にも追い詰められてしまいます。

あまりに介護が大変になり、私のおばさんのように、
『親の死を願う』
ようになってしまうかもしれません…

あなたが不幸になり喜ぶ人は一人もいません。
あなたが不幸になることで、
結果、介護されている親、周りの家族も不幸になります。

しかし今回参加を決意したあなたには、介護不安のない、幸せで安心感がある人生が待っています。

つまり、介護に時間をかける必要がなくなり、
あなた自身の趣味や人生を楽しむことができるようになるのです。

これまで遠慮してできなかった、
友人との温泉旅行や、おしゃれなカフェランチも
思いっきり楽しむことができるようになります。

自分自身に使える時間が増えるので、自宅でゆっくり読書や、
ガーデニングを楽しむのもよいですね。

そしてとても晴れやかな気持ちになれることでしょう。

「介護をしなければならない」
という重荷を今すぐ、肩から降ろしてください。


何億もあるインターネットの情報の中からこのサイトを発見した

あなたは本当に幸運

だと思いますし『今』参加を決意したのは本当に素晴らしい判断力です。

ご参加ただいた後、あなたから嬉しいお言葉を
いただけることを今から楽しみにしています。

今すぐ以下の参加ボタンを押して、
自分自身を介護ストレスから解放してあげてください!

追伸

繰り返しになりますが、
この『イージー介護メソッド』へ参加されたあなたは

介護の苦しみから一生無縁になります。

今現在、介護で悩んでいなくても、

今後必要になる可能性は大いにあるので、
余裕があるうちに『正しい介護の知識』を
得ておくことを強くお勧めします。


『イージー介護メソッド』はパソコンやスマートフォンがあれば
どんな場所でも好きな時にクリック1つで簡単に視聴する事ができます。

あなたがこのメソッドを手に入れる方法は2つあります。

1つ目は銀行振り込み、2つ目はクレジットカードです。

次のページにどちらかを選択する箇所がありますので
どちらか都合の良い方を選んでチェックをいれて下さい。

クレジットカードの方が私が確認が早くできるため
すぐにあなたのメールボックスに最初の音声を届ける事が
できるとは思います。

もしクレジットカードがない方も、銀行振込を
すぐに確認してメールで商材を送りますのでので
安心して下さい。

(原則2営業日以内には確認致します)

追伸2

既にご存知だと思いますが今回限定100名様へ
『認知症に効くサプリメントの紹介』という特典がプレゼントされます。

最初に参加を決意した真剣な100名の方だけにしか
ご紹介できませんので注意して下さい。

今ならまだ間に合います。

今回の『イージー介護メソッド』は
4ヶ月間に渡ってメルマガや音声を
毎日配信していきます。

動画は週に1回、配信いたします。


その際、万が一もあり得ないと思っていますが
1ヶ月間試して、「これは役に立たないな」
と思ったら、2ヶ月目の継続はしなくて大丈夫です。

もし「効果がない」と思ったら遠慮なく、
その時点で解約して下さい。

そのための月額制にしていますので、
まずは1ヶ月間980円で私を試してみてください。


参加後、あなたに絶対に満足してもらえる自信があります!


それでは今すぐ『イージー介護メソッド』を手に入れて
辛く苦しい介護生活から脱却しましょう。

自分を犠牲にする介護はもうやめましょう。

あなたには、あなたの人生があります。
介護で疲弊している場合ではありません。

一緒に私と学んでいきましょう!

それではまた本編で。ご参加お待ちしています!