下肢静脈瘤の特徴とは?
大阪でおすすめの
治療クリニックについて

命には別条はありませんが、下肢静脈瘤はなるべく早期治療をすることをおすすめします。今回は下肢静脈瘤の特徴や大阪でおすすめの治療クリニックについて紹介しましょう。下肢静脈瘤に悩んでいる人は参考にしてみてください。

下肢静脈瘤の種類

下肢静脈瘤と言っても、いくつかの種類に分けられます。種類によって治療方法が変わる場合もあるので、自分の下肢静脈瘤がどれに当てはまるのかを見極めましょう。
 
・伏在静脈瘤
脚の付け根と膝の裏で深部静脈に合流するものを「伏在静脈」と言います。伏在静脈瘤は静脈弁が壊れて血液が逆流してしまうことを指すのです。ふくらはぎ周囲、膝の周囲、ふとももの内側などで血管が拡張して浮き上がってしまった症状を言います。
 
・大伏在静脈瘤
足首の内側から下肢の内側を通って、足の付け根まで上がっていく「大伏在静脈」にできるものを指します。血管内レーザー焼却術などで治療するのが一般的です。手術痕も残らないので下肢静脈瘤の跡が残ることもありません。
 
・蜘蛛の巣静脈瘤
基本的に「網目状静脈瘤」と同じようなものですが、薄紅色の血管が皮膚から見えるという特徴があります。そのため、コブができるのではなく血管の方が目立つ特徴があります。

下肢静脈瘤の治療方法

下肢静脈瘤は種類によって治療方法も異なります。こちらでは、どんな治療法があるのかについて見ていきましょう。
 
・硬化療法
静脈の中に硬化剤を注入して、血管の内壁をくっつける、血栓で血管を防ぐなどの治療法です。静脈がふさがれることによって血管が退化していき、やがて組織に吸収されます。
 
・ストリッピング手術
静脈弁が閉じなくなってしまい、弁不全を起こして血液が逆流している静脈を引き抜く治療法です。糸と血管を結ぶことで固定して、ワイヤーを引き抜くことができます。ストリッピング手術は根治的治療法として100年以上の歴史を誇ります。
 
・レーザー治療
下肢静脈瘤の治療法として比較的定番なものがレーザー治療です。静脈にレーザーファイバーを挿入する血管内レーザー焼灼術と体外照射レーザー治療の2種類があります。

下肢静脈瘤を放置するとどうなる?

下肢静脈瘤は命に別状はありません。しかし、放置することで何か悪影響が出てしまうのではないかと不安になる人もいるでしょう。なるべく早期治療が理想ですが、こちらでは下肢静脈瘤を放置することでどんな影響が出るのかを見ていきましょう。
 
・治りにくくなる
下肢静脈瘤は命に別状がないということで楽観視する人がいます。そのため、放置をしても問題ないのだと考える人もいますがそれは大きな間違いです。下肢静脈瘤を放置することで潰瘍となってしまい治りにくくなってしまうのです。
 
・血栓静脈炎を引き起こす
下肢静脈瘤を放置することで、静脈瘤の中の血液が固まってしまいます。それが決戦となって炎症を引き起こすのです。命に別状はないと言われていますが、腫れていることもあり触れるだけでも激しい痛みを与えてきます。
 
・エコノミー症候群になる
下肢静脈瘤になることで排日が滞ってしまいます。そのため、深部静脈に血栓が出来やすくなってしまい肺動脈を詰まらせることになるのです。いわゆるエコノミー症候群を引き起こしやすくなるので注意しましょう。

大阪で下肢静脈瘤の治療ができるクリニック

こちらでは、大阪で下肢静脈瘤の治療ができるクリニックについて見ていきましょう。さまざまな特徴を持つクリニックがあるのでしっかり比較してみてください。
 
・梅田血管外科クリニック
さまざまな治療法に対応しているので、患者に合わせた治療ができます。血管外科医としての経験や実績が豊富であり、ノウハウを活かした診察を行ってもらえます。
 
・坂田血管外科クリニック
1994年から静脈瘤治療に携わってきた医師が対応してくれます。さまざまな患者を治療してきたからこそ、臨機応変な対応が可能となるのです。丁寧な対応にも定評があるので、下肢静脈瘤の疑いが出たら診察を受けてみてはいかがでしょうか。
 
・ラジオロジークリニック扇町
放射線科医、血管内治療、超音波などさまざまな治療を得意とする医師が担当してくれます。下肢静脈瘤の治療は患者に合わせてさまざまな治療法を提供してくれるのです。幅広い診察をしてくれるので安心して通うことができます。
 
大阪で下肢静脈瘤治療について知りたい人はこちらのサイトをご覧ください。

まとめ

下肢静脈瘤は命に別状はないと言っても、症状が悪化することでさまざまな症状を引き起こすことになります。そのため放置していていいものではないのです。悪影響を出さないためにもしっかり早期治療のために動くようにしてください。自分の健康を守れるのは自分自身だけです。早期治療であれば、比較的治療方法も軽いものがあるので安心しましょう。