なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
TEL 000-000-0000
【受付時間】平日00:00〜00:00



ご不要な不動産に関するお悩みは当社へご相談ください。

  • 売却をお願いした不動産屋から何の連絡も無い。
  • 相続放棄しても管理責任があると法律家に言われた。
  • いつまでも固定資産税を払い続けるのがもったいない。
  • 倒壊しそうな建物をしっかり管理するよう通告を受けた。
  • 建物を解体しようと思っているが費用が高い。
  • 子や孫にこうした負担を背負わせたくない。
  • 相続放棄しても管理責任があると法律家に言われた。

不動産引き取りサービスと街の不動産屋さんの違い

 不動産引き取りサービスとは買い手・引き取り手がつかない不動産お客様に費用をご負担いただいた上で、当社または当社の関連会社がお引き取りするサービスです。

 街の不動産屋さんが買い手を見つけるお手伝いをして、手数料を得ているのに対し、当サービスは買い手を見つけるのが困難、無償での貰い手もつかない不動産をお引き取りをするサービスです。

不動産引き取りサービスの特徴

小見出し

特徴1:日本全国対応

不動産がどこにあっても、お客様のお住まいがどこであっても引き取り可能です。
小見出し

特徴2:最短即日契約

条件面での合意ができればすぐにでも契約可能です。
ささ

特徴3:どんな不動産も引き取りの対象

戸建て、マンション、山林、原野、宅地、雑種地、いずれも引き取り可能です。

お客様事例

福岡県のお客様
1

相続放棄をしても建物の管理責任は免れないと言われた事例

福岡にある土地建物をお父様から相続されたお客様でした。

売れるような物件ではなかったため、相続放棄することも検討し専門家に相談に行ったそうですが、仮に相続放棄をしたとしても法律上建物を管理する責任からは免れないと言われたそうです。当社にご連絡をいただいてから約2週間後には所有権移転登記が完了しました。

不動産の種類:宅地および築50年の建物(福岡県)

引き取り費用:72万円

お客様が免れた負担:毎年2万円の固定資産税と解体費用100万円の出費

福島県会津若松市のお客様
2

山林の共有持ち分をお持ちであった事例

こちらのお客様は森林をお父様からご兄弟や甥姪とともに相続されました。
使い道のない森林であったので相続放棄も検討されたそうですが、遺産には預貯金もあったため放棄はしなかったそうです。(相続放棄をすると貯金の相続もできなくなってしまいます。)
相続した森林は後で処分すればよいと考えていたそうですが、どこを当たっても引き取り手が無く、毎年の固定資産税を支払い続けていました。
このままでは、お客様が亡くなった時にこの山林が子や孫に相続されることになってしまい迷惑をかけることになってしまうと考えて当社へご連絡くださいました。

不動産の種類:山林の共有持ち分(福島県会津若松市)

引き取り費用:33 万円

お客様のメリット:毎年1万円の固定資産税の負担回避とその負担が子孫に受け継がれることの回避。

長野県小諸市のお客様
3

相続したマンションの管理費200万円が滞納状態であった事例

お客様がお父様から相続した物件でした。
ある日、管理組合が依頼した弁護士から手紙が届いてびっくり。
これによると管理費200万が滞納状態であり、
このマンションを所有している限り月5万円の管理費は発生し続けるとのこと。

約1年間、買い手や貰い手を探されたそうですが見つからず当社にご連絡くださりました。


不動産の種類:マンション

引き取り費用:250万円

北海道室蘭市のお客様
3

倒壊の危険がある建物を至急取り壊すように役所から通告を受けた事例

相続した建物に倒壊の可能性があり、役所から取り壊すように指示を受けたお客様でした。しかし、この物件は立地が悪く、解体の為の重機が使用できない状況でした。

このため人力で解体するしかなく解体費用500万円の見積の提示を受けていました。

当社での引き取り費用も通常よりはかなり高額となってしまいましたがそれでも約200万円の費用を抑えることに成功しました。

不動産の種類:宅地及び建物(北海道室蘭市)

引き取り費用:300万円

サービスご利用の流れ

STEP1:お問い合わせ・お見積り
引き取りを希望される物件についての情報をお聞かせください。
お見積りを提示いたします。
STEP2:合意・契約
提示させていただいた条件にご納得いただけましたら契約の締結をします。
STEP3:着手金の支払い
所有権移転登記に先立って着手金をご入金いただきます。
STEP4:法務局に所有権移転登記を申請
不動産の所在地を管轄する法務局に所有権移転登記(名義変更)の申請をします。申請は郵送で行いますので現地に赴く必要はありません。
STEP5:登記完了・残金の支払い
申請から平均で1週間ほどで登記が完了します。これでお客様は不動産の所有者としての責任から解放されます。
登記完了を確認しましたら残代金のお支払いをお願いいたします。
STEP2:合意・契約
提示させていただいた条件にご納得いただけましたら契約の締結をします。

費用

費用は個別のお見積りになります。

下記に一応の目安をお示しいたしますが、物件の状況や立地などによって大きく変動することもございますのでご了承ください。
<お気軽にご相談ください>
TEL 000-000-0000 
【受付時間】00:00〜00:00/00:00〜00:00 【定休日】〇曜日、〇曜日

よくあるご質問

Q
相談から引き取りまで何日くらいかかりますか?
A
トントン拍子で話がまとまるようでしたら最短で3日ほどで所有権移転登記の申請ができ、
その後さらに3日程、合計1週間程度で引き取りが完了いたします。

引き取り対象不動産が相続不動産である場合で亡くなった方の名義のままの場合、お客様(相続人)名義に変える手続き(相続登記)が必要となります。この相続登記に数週間、ときには数か月かることがございます。
Q
相続によって取得した土地を引き取ってほしい。相続登記は未了のままでもよい?
A
引取り対象不動産が相続不動産の場合、
当社への所有権移転登記(名義変更)の前提として相続登記をする必要があります。

こちらで司法書士を手配することもできますがその際の費用はご負担いただきますようお願いいたします。
Q
用意するものはありますか?
A
お見積りの際には物件を特定する情報が必要となります。
物件を特定する方法はいくつかありますが、
例えば次のものがあります。
・物件の登記簿謄本
・権利証や登記識別情報通知
・固定資産税の納税通知書や課税明細書

よくわからなければ一度ご連絡を頂けましたらこちらでご指示させていただきます。

また、所有権移転登記までには次のものをご用意いただく必要がございます。
・権利証または登記識別情報通知
・印鑑証明書

場合によってその他にも必要となるものがある場合もございますが、
その際はこちらからお伝えいたします。

Q
相続によって取得した土地を引き取ってほしい。相続登記は未了のままでもよい?
A
引取り対象不動産が相続不動産の場合、
当社への所有権移転登記(名義変更)の前提として相続登記をする必要があります。

こちらで司法書士を手配することもできますがその際の費用はご負担いただきますようお願いいたします。

お問い合わせ

お問い合わせは、お電話(TEL 000-000-0000)にてお問い合わせいただくか、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。お電話、メールによりご対応させていただきます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

事務所概要

事務所名 〇〇〇法律事務所
所在地 〒000-0000
〇〇県〇〇市〇〇1-23-4 〇〇〇〇ビル5F
TEL 000-000-0000
FAX 000-000-0000
最寄駅 〇〇線〇〇駅より徒歩00分
営業時間 00:00〜00:00
設立 20XX年00月
FAX 000-000-0000