「ゲンシツウがきたの」

――風が腥かった。
 教室の窓から吹き込んでくる空気はじっとりと湿っていて
梅雨の前特有の重苦しさを孕んでいる。

「僕」は中途半端な田舎町に暮らしている。
「僕」の高校のクラスメイトである化野は、突然目の前で血を流して倒れてしまった。
肩甲骨から、白いセーラー服に広がる赤い染み。
それはまるで、天使の翅のようでもあった。
配信先一覧

試し読み

 風が腥かった。
 教室の窓から吹き込んでくる空気はじっとりと湿っていて、梅雨の前特有の重苦しさを孕んでいる。
 現代文の教師が一本調子に小論文の説明をするのを、僕はただぼんやりと聞いていた。
「すいません、遅れました」
 カラリと音を立てて教室の扉が開いたのは、先生が黒板に向かいながら、首から提げたタオルで顔を拭いていたときだった。
 それまでノートを取っていた教室の人間全員が、音が聞こえてきた方向へと視線を向ける。
「あぁ、化野か。一限どうした」
「……寝坊しました」
「そう。あとで届け出かいておけよ」
 化野香凜は小さく頭を下げると、するすると自分の席まで歩いていった。彼女の席は僕のすぐ前だったので、よれた鞄をひっさげた彼女は必然僕のすぐ横を通ることになる。
「おはよう、化野さん」
 化野はなにも言わなかった。代わりにちらりと僕の方を見て、それから自分の席に着く。
 背中まで伸ばした長い髪が、わずかにひっついていた。もしかして自転車で走ってきたのかもしれない。けれど彼女は息を乱すこともなく、まるで自分が最初からそこにいたかのように教科書を開くと、教師の説明を書き写していった。
 ――化野は、クラスで一番成績がいい。

河内和歌

バーガンディーパブリッシング代表
書き物をしている人間。どちらかと言えば睡眠が好き。前に別の名前で活動してました。再起動したばかりなので色々おぼつかない感じになってます