自然派くらぶ生活協同組合主催
これからの大問題!
ゲノム編集食品って何?
講師:日本消費者連盟共同代表・ジャーナリスト
天笠啓祐氏

早ければ今夏から”ゲノム編集技術”を用いた食品が店頭に並ぶ見通しである事が取りざたされています。ゲノム編集食品については安全性が不透明な状況にありながら、遺伝子組み換えと違い『遺伝子操作』ではなく、自然界でも起こりうる変化と位置づけ、審査や表示義務もありません。遺伝子操作については安全性や、環境に対する問題が生じる恐れがあるにもかかわらず、そのことが十分に検証できていないまま私たちの食卓に並ぶ可能性があるのです。消費者である私たちが『知らない間』に様々な事が決められることが『知らなかった』では済まされない事でもあるのです。これからの大問題について講師の天笠先生から学ぶ機会を設けましたので、ぜひご参加ください。

申し込み

●ゲノム編集とは、どのような事なの?   
●遺伝子組み換え食品とは何が違うの?   
●安全性は大丈夫? 
●どのような問題点があるの?       
●ゲノム編集食品の種類は? 

天笠啓祐氏より、わかりやすく講演していただきます。食品の表示方法なども含めて、消費者の生活に密接に関わる内容です。どうぞお友達もお誘いの上、ご参加ください! 
日 程:2019年9月20日(金) 10:30〜13:00
参加費:無料
定 員:200人
場 所:RISURUホール(立川市市民会館)
ページ下部のボタンよりお申込みください

講師紹介

天笠啓祐

日本消費者連盟共同代表、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン代表、市民バイオテクノロジー情報室代表、ジャーナリスト

主な著書:
「遺伝子組み換え食品」、「遺伝子組み換えとクローン技術100の疑問」、「子どもに食べさせたくない食品添加物」ほか多数。

会場

自然派くらぶ生活協同組合主催

JR中央線立川駅から徒歩13分。JR立川駅よりJR南武線に乗車で1駅、JR南武線西立川駅より徒歩7分。

こくちーず申し込み