ゲキカラドウ 見逃し配信動画を高画質で無料視聴!

2週間無料!

ゲキカラドウを高画質視聴できる公式見逃し動画Paravi(パラビ)の特徴

Paravi(パラビ)の基本情報

おすすめポイント
国内ドラマの充実度とオリジナルドラマが豊富。
特にTBSやテレビ東京の番組が多い。
ビジネス系番組やバラエティ番組も充実。
月額料金
1,017円
*550円分のチケットが毎月もらえる。
無料お試し期間
2週間
月額料金
1,017円
*550円分のチケットが毎月もらえる。

Paravi(パラビ)の特徴とおすすめポイント

動画配信サービスの中ではParavi(パラビ)は後発組ですが、TBSやテレビ東京系の番組を中心にここ数年で一気にシェアを伸ばしています。

特に2020年に7年ぶりに続編が放送された半沢直樹シリーズはParaviで独占配信しています。

人気のTBSの日曜劇場をはじめ、テレビ東京系のビジネス系番組など他の動画配信サービスにはない独占配信も多く、ビジネスパーソンにも人気です。

特にドラマには力を入れており、Paraviのオリジナルドラマや地上波では放送されていない裏側部分を放送をしたり、とにかくコンテンツは豊富です。

他にも人気番組、水曜日のダウンタウンなどを始めとしたバラエティ番組の配信が多いのも特徴です。

Paraviは見逃し配信のドラマなどはほとんどが月額料金内で見放題ですが、新作の映画などは一部レンタルのものもありますが、Paraviの会員になっていれば毎月自動的に新作レンタルでも利用可能な500円分のチケットがもらえます。

2週間無料!

ゲキカラドウのあらすじやキャストなどまとめ

ゲキカラドウのあらすじ

飲料メーカー「ロンロン」の社員・猿川(桐山照史)は、⼤阪本社での実⼒を認められ東京⽀社・営業促進室に異動となる。だが、異動初日に老舗酒店に営業に行くも失敗。店主の葛城(相島一之)を怒らせてしまう…。その日の夜、室長の⾕岡(平田満)、大河内(泉里香)らによって猿川の歓迎会が開かれる。しかし、そこで出てきたものは、驚くほどの激辛料理…!圧倒される猿川に谷岡は“ゲキカラドウ”なるものを唱える…。

ゲキカラドウキャストと登場人物

猿川健太・・・桐山照史
大河内友麻・・・泉里香
篠宮亮介・・・中村嶺亜
山崎裕也・・・森田甘路
秋山雅人・・・前川泰之
谷岡和彦・・・平田満

ゲキカラドウ 第1話の予告動画

ゲキカラドウ 第1話の感想

正直に言うと最初は断られても誠意ある対応や行動、そして主人公の熱意に押されてクライアントが折れて協力するという非常によくあるパターンのサラリーマンドラマという印象でした。
しかし、題材が激辛料理ともあり主人公や店主、更には同僚の発言がいちいち熱い。
もちろん登場する料理たちも”ゲキカラドウ”なる胡散臭くも無理矢理納得させられた気分になる部活のようなノリは1話で登場した料理がまだ辛さ1という序の口だった事で2話以降もどんな極悪料理が登場し、どんな熱い展開を見せてくれるか期待が持てます。
食べ物に関するドラマは『孤独のグルメ』をはじめとして数々あり、また私自身そういったドラマが好きなのでよく見ていますが、激辛グルメをメインとしたドラマは初めて見たのですごくおもしろかったです。
また、辛い物が苦手なので食べることはできないのですが、最近テレビで激辛グルメを取り上げられることが多いので食べれないけれど気になるグルメではあったのですが、ドラマを見ていると俳優さんの表情から自分も食べたような体験をすることができて面白かったです。
主演の桐山さんが困ったりすると眉毛が八の字になり手を差し伸べたくなるような表情をされるのが魅力的でした。
今後も彼の食べっぷりに期待したいです。
大阪から東京に異動というだけでも文化の違いからストレスがたまるのに、同僚たちが平然と辛い物を食べまくるのを見てあっけにとられている主人公の表情が面白かったです。でもやはりエースだっただけあって、辛い物を燃料とするように、すぐに前向きに仕事に取り組めるようになったところはさすがでした。どちらかというと東京よりも関西のほうが辛い食べ物が多いというイメージがありましたが、出された韓国料理やラーメンが辛そうだけどすごくおいしそうでよだれが出そうでした。
主人公の猿川が赴任してきた東京支社のメンバーはみな激辛好きでした。いつも激辛ご飯を食べているのか、かなり辛さに慣れているようです。
なので、見るからに辛そうなご飯を美味しそうに食べている姿が凄いと思いました。彼らが激辛ご飯を食べる理由が今回少し分かったような気がします。
とは言え、私も激辛ご飯に挑戦しようとは思えませんが、時々、辛いご飯を食べるつもりです。辛さからパワーをもらえますし、猿川のように仕事にも良い影響があるのだと思いました。
昔、知り合いのタイ人の女性が日本に来た時、白ご飯に唐辛子をかけているのを見て衝撃だったが、今や日本も激辛ブーム。とはいえ、ブームに乗りきれていない私はドラマの中の料理がどれくらい辛いのかよくわからないので、どれも「美味しそう」に見えてしまう。でもあの汁が赤いラーメンだけはいけない。地獄ラーメン50丁目。ネーミングからして恐ろしい。あれを1話で完食なんて、主人公はもうゲキカラドウを極めたのでは?なんてことを思いつつ、次回以降これ以上どんな激辛を見せてくれるのだろうか、ひそかに楽しみにしている。(あまり食べたくはないけれど)
あっという間の30分。
辛そう…でも美味しそう…終始唾液が出てきてしまう映像で、料理を美味しそうに撮影してくれているし、俳優さんたちの美味しそうな食べっぷり。
寒い季節に辛いものはたまりませんな。来週も観ます!
50辛()らしいラーメンをあんなに啜れるもんですかね?他にもいろいろ気になりどころあるし、何より後輩役の人が下手すぎて…
辛いラーメンなんでこんなに美味しいの
次の日は、えらいこと!!!
とても楽しかったです。慣れ親しんだ大阪から勝手の違う東京に転勤してきた青年の期待と不安が入り混じった複雑な気持ちが、激辛料理の味わいと奥深さを巧みに描き出す独特の映像表現と相俟って、巧みに表現されており、仕事に日々勤しむ人々をポップかつコミカルに描くヒューマンストーリーとしても、激辛料理を中心に据えたライトなグルメ番組としても楽しめる、上質なエンターテインメント作品に仕上がっていたと思います。猿川に扮した主演の桐山照史が慣れない環境で奮闘する青年像を爽やかに演じており、その存在感が強く印象に残りました。

ゲキカラドウ 第2話の予告動画

ゲキカラドウ 第2話の感想(放送終了後に更新)

まず、主役の桐山照史がいい。彼の演技を見たのは今回が初めて。アイドルでありながら、サラリーマンの役柄的にスーツが似合っていること。アイドルらしからぬ体型の良さ。最近のサラリーマンはスラッとした細身の人が多いように思うので、彼の体型は昭和のサラリーマンを彷彿とさせるものがあり、見ていて逆に新鮮味を感じる。
『激辛』がブームになり、今や当たり前のように誰もが激辛を好む。このドラマで一番面白味を感じたのは、『激辛』はただ単に『辛いもの』ということだけでなく、『激しく辛い』ということが、実はどういうことなのかということを見ている側にそっと教えてくれていること。
確かに誰もが知っているはずの『辛い(からい)』という字は『辛い(つらい)』とも読む。当たり前に知っているからこそ素通りしていることでもある。そこを敢えて、その本当の『辛さ(からさ)』を知った時、『辛さ(つらさ)』のことも本当の意味で知ることになるのかと改めて思い知らせられた感じがした。
激辛店での、彼らの食の凄さとその激辛を制した満足感が、見ている側に伝わってきて、一緒に制した気分になれる楽しみ方を与えてもらえる。『激辛道』を知ることで、仕事にも邁進できる面白さを感じている。
第二話のスーパーの店長(経営者)の言う、他の店との違いを問われて1回目は撃沈するも、『激辛』を知り、本当の意味での他のスーパーとの違いに気付かせられるところは、見ていて気持ちが良かった。“なるほどね“、なんてひとり微笑みながら、気付くことが出来る嬉しさも一緒に感じていた。翌週はどんな内容なのかとワクワクさせてもらっている。
営業なので同僚はライバルだらけでギスギスしているのかと思ったら、大河内さんも猿川のことをちゃんと認めていることがわかり、結構働きやすい職場だなと思いました。スーパーの店長はにこにこ笑顔だけどなかなか曲者で、ちゃんと店のお惣菜の味を知っていないと答えられないなぞかけをするというところがさすがでした。今回は焼肉につけるタレが激辛でしたが、見た目は濃厚だけど甘い感じなのかな?と思っていたので、良い意味で裏切られました。
営業マンとしてスーパーの店主に認めてもらうのに焼き肉がどう関係するのか最初は疑問でしたが、最後まで見ると納得の展開でした。まだ激辛料理に慣れていない主人公だからこそ感付く視点で、何も考えずに目の前の料理をパクパク食べている私も考えや行動をあらためようと思ったほどです。それと同僚の人達は最初恐い感じがしましたが実は案外良い人達ばかりと分かってホッとしました。今のところ第2話で、営業先の攻略難易度が二辛ということで派手な演出もなく最近のグルメ系ドラマとしてはパンチに欠けますが、三辛以降の営業先でもっと理不尽で腹立たしい人達に出会って視聴者を楽しませてくれることを期待しています。
表面的な面しか見ていなければ、良いビジネスでの付き合いはできないのだと思います。優秀な営業マンはそこが優れているのでしょう。
相手の事をよく理解していれば、何が足りなくて、何が必要なのかが見えてくると思います。これはビジネスだけではなく、他の面でも同じなのではないかと思いました。
焼肉と言えば、辛いタレが美味しいですが、今回も当然激辛でした。ですが、猿川は激辛の奥にあるうまさを知りました。そのことがビジネスにも活かされたようです。 

ゲキカラドウ 第3話の予告動画

ゲキカラドウ 第3話の感想(放送終了後に更新)

放送終了後に更新します!

2週間無料!