劇団銅鑼(どら)☎03-3937-1101
芸術鑑賞作品をお探しの全国各地の学校関係者の皆さまへ
上演実績40年を誇る劇団銅鑼が、笑って、泣いて、心が重なる、
全てがライブの演劇体験をお届けします。
センポ・スギハァラ舞台写真3人の子どもたちと杉原千畝
情操教育に役立つ演劇体験を—
生徒さんが感動し共感できるストーリーや演出
●登場人物に感情移入することで、心が揺さぶられ、生徒さんが生きる力を身につけることができます。

●40年以上の上演実績を持つ劇団銅鑼では、日本の演劇文化を牽引するプロフェッショナルなキャスト・スタッフが、先生達の良きパートナーとして、子どもたちの未来を共に考え、作品創りをしています。

写真解説:『センポ・スギハァラ』舞台写真(1992年)
1992年~2004年まで日本・海外で通算800ステージを超えて上演。
現在でも「学生の頃に観て心に深くのこっている」という感想をお聞きします。
文化庁巡回事業ハンナのかばん舞台写真
文化庁文化芸術による子供育成総合事業(巡回公演事業)に選定されています
劇団銅鑼は、子どもたちの豊かな創造力・想像力・思考力・コミュニケーション能力などを養うとともに、将来の芸術家や観客層を育成し、優れた文化芸術の創造に資することを目的としている文化庁の事業に、2011年度より連続して選定されています。
選定実績 2011~2018年度『ハンナのかばん』
     2019年度『いのちの花』

写真解説:『ハンナのかばん』舞台写真
この事業では、児童・生徒さんも事前のワークショップを経て俳優たちと一緒に舞台に上がります。
事前学習用資料
上演実現に向けてのお困りごとなど、丁寧に対応します
「うちの地域の文化センターで上演できますか?」
「生徒達が内容を理解しやすいように、
 事前に資料を配布した方がいいですか?」
公演内容や日程・会場・予算についてなど
作品決定までのお問合せや、決定後芸術鑑賞行事当日まで
なんでもご相談ください。

写真解説:ご要望により、あらすじやキャスト紹介を掲載した配布資料のデータをご用意しております。必要枚数を印刷してご利用いただけます。
文化庁巡回事業ハンナのかばん舞台写真
文化庁文化芸術による子供育成総合事業(巡回公演事業)に選定されています
劇団銅鑼は、子どもたちの豊かな創造力・想像力・思考力・コミュニケーション能力などを養うとともに、将来の芸術家や観客層を育成し、優れた文化芸術の創造に資することを目的としている文化庁の事業に、2011年度より連続して選定されています。
選定実績 2011~2018年度『ハンナのかばん』
     2019年度『いのちの花』

写真解説:『ハンナのかばん』舞台写真
この事業では、児童・生徒さんも事前のワークショップを経て俳優たちと一緒に舞台に上がります。

例えば、皆様からのご希望があれば

生徒さんとの交流会風景
終演後に合評会(交流会)を実施 
出演者が役作りについてお話ししたり、質問に答えて生徒さんと交流します。
バックステージツアー風景
バックステージツアーを実施 
希望する生徒さんに舞台裏を見ていただくことも可能です。(時間の都合により実施できない場合もあります)
視覚障がい者向け舞台説明会風景
バリアフリーサービスを実施 
盲学校の生徒さん対象に音声ガイドや事前の舞台装置説明、ろう学校の生徒さん対象に台本の貸し出し等の実績があります。
視覚障がい者向け舞台説明会風景
バリアフリーサービスを実施 
盲学校の生徒さん対象に音声ガイドや事前の舞台装置説明、ろう学校の生徒さん対象に台本の貸し出し等の実績があります。

2020年度上演の作品をお探しなら…
『いのちの花』

いのちの花舞台写真女子高生たち
舞台写真より 「マリーゴールドの種ってこんなに小っちゃいんだ」
いのちの花舞台写真花を渡す女子高生
舞台写真より 「この花の里親になって下さい」
三本木農業高校を見学する出演者たち
舞台となった三本木農業高校での見学体験
いのちの花舞台写真女子高生たち
舞台写真より 「マリーゴールドの種ってこんなに小っちゃいんだ」
『いのちの花』あらすじ
青森県立三本木農業高校。希望に胸を膨らませて動物科学科に入学したマナミたち。1年目は寮生活。可愛い制服を着ることもなく、毎日作業着で、早朝から糞の匂いにやられながらも家畜たちの世話に励む日々。そして飼育しているニワトリを実習で解体し調理して自分達で食べる。「いただきます」という言葉の意味を考える。ある日、見学に訪れた動物愛護センターで、殺処分された動物たちの骨が「ゴミ」として捨てられていることを知る―自分たちにできることはないだろうか?彼女たちは、動物たちの骨を使って花を咲かせ、蘇らせることを思いつく。名付けて“いのちの花プロジェクト”。彼女らが咲かせた花を受け取ってくれる人はいるのだろうか?
企画にあたり

青森の実在の高校をモデルに舞台化。ペットの命・家畜の命・人間の命…いのちってなんだろう?命はとても尊くて重い。それは誰もが、あたりまえのことと思っているはずです。でも、本当にそれはあたりまえのこととなっているのでしょうか。

いのちってなんだろう?この難しいテーマを高校生たちが考え続け起こした行動は、多くの人に波紋を投げかけました。この舞台を通して、動物のいのちだけではなく、自分のいのち、人のいのち、生きとし生けるもののいのちのことを少しだけ真面目に考えてもらえたらと思います。

脚本は、高校演劇の第一人者であり、数多くの劇団に話題作を提供し続ける現役高校教師・畑澤聖悟。演出には劇団青年座の新進気鋭の演出家・齊藤理恵子を迎え、疾走する5人の女子高校生の物語をお届けします。
概要
上演時間 1時間40分(休憩なし)
総人数 18名(キャスト10名・スタッフ8名)
上演場所 会館ホール・体育館・講堂
上演料 お見積いたしますので、お気軽にご相談下さい。

【上演料明細】
キャスト及びスタッフの宿泊費
移動費・運搬費・出演料・文芸費
音楽著作権料・戯曲著作権料
その他の費用 会館使用料・付帯設備費
上演料の支払いに際しての振込手数料
上演リスト 2019年9月現在の上演リストは
以下のリンクより
劇団銅鑼公式ホームページをご確認下さい。
「いのちの花」上演リスト
原作

向井愛実著「いのちの花」(株式会社WAVE出版刊)

瀧 晴巳著「世界でいちばんかなしい花
それは青森の女子高生たちが
ペット殺処分ゼロを目指して咲かせた花」
(ギャンビット刊)

上演料 お見積いたしますので、お気軽にご相談下さい。

【上演料明細】
キャスト及びスタッフの宿泊費
移動費・運搬費・出演料・文芸費
音楽著作権料・戯曲著作権料
企画にあたり

青森の実在の高校をモデルに舞台化。ペットの命・家畜の命・人間の命…いのちってなんだろう?命はとても尊くて重い。それは誰もが、あたりまえのことと思っているはずです。でも、本当にそれはあたりまえのこととなっているのでしょうか。

いのちってなんだろう?この難しいテーマを高校生たちが考え続け起こした行動は、多くの人に波紋を投げかけました。この舞台を通して、動物のいのちだけではなく、自分のいのち、人のいのち、生きとし生けるもののいのちのことを少しだけ真面目に考えてもらえたらと思います。

脚本は、高校演劇の第一人者であり、数多くの劇団に話題作を提供し続ける現役高校教師・畑澤聖悟。演出には劇団青年座の新進気鋭の演出家・齊藤理恵子を迎え、疾走する5人の女子高校生の物語をお届けします。
マリーゴールドの鉢植え
感想文より 
(中学3年生)

先日は私たちのために「いのちの花」を演じて下さってありがとうございました。演劇が始まる前プログラムを読んだときは“殺処分”や“命の大切さ”などの重いテーマの内容なのかなと思いました。実際、命の価値や動物の殺処分など考えさせられる場面が多くありましたが、農業高校での生活や高校生の会話など明るく面白い場面もあり、とても楽しかったです。私が印象に残った場面は「いのちの花プロジェクト」を進めているとき、ジュリナさんが「犬や猫の骨はこうやって大切にしようとしているのに牛や鳥や豚の骨は捨てている」「骨ってなんだろう」と疑問を口にするところです。

命の価値って違うのかなと思い、私も疑問に思いました。しかし「生きている者が死んだ者にできることは大事に思いやることだけ」という言葉を聞き、少し答えが見えたような気がしました。人間は生き物を食べなければ生きていけません。命を頂いているという自覚をもって「いただきます」を言わなければいけないなと改めて実感しました。本当にありがとうございました。

生徒さんからの声

学生服の中学生

素直に書きたいことがたくさんあり、何から書いていいか分かりません。このような舞台設置は初めてで、すばらしかったです。命の重み、その大切さ、考えていると感動して涙が出てきてしまいました。涙の中にも笑いがあり、真の演劇を見ているようでした。

中学生
セーラー服の中学生
何度も泣いてしましました。やっぱりプロはスゴイなと思いました。どんどん劇の世界に引き込まれていって、その世界のことがまるで自分のことのように感じられました。この劇であらためて命についてだったり、人間についてだったりいろいろ考えさせられました。
中学生
ブレザーの高校生

動物の命を大切に思い、しっかり感謝してごはんを食べようと思いました。私もあの5人のように、考えて、何か動いてみたいと思いました。体育館で作業着っていうとても暑くて大変な中、全力で演劇をしていただいたことに心から感謝を伝えたいです。

高校生
ブレザーにネクタイの高校生
正直5・6時限目は会場が暗いのを良いことに仮眠しようと思っていたのですが、劇が始まってから、終始前のめりになって鑑賞していました。自分にもペットがいるので、劇中の学生たちに共感しながら、深く考えさせられました。「仕方ない」で済まさずに行動を起こすことができるような人間になりたいです。
高校性
ブレザーにネクタイの高校生
正直5・6時限目は会場が暗いのを良いことに仮眠しようと思っていたのですが、劇が始まってから、終始前のめりになって鑑賞していました。自分にもペットがいるので、劇中の学生たちに共感しながら、深く考えさせられました。「仕方ない」で済まさずに行動を起こすことができるような人間になりたいです。
高校性

よくあるご質問

『いのちの花』は体育館でも上演できますか?
はい、校内の体育館や講堂でも上演可能です。ただし、構造や広さ・電源等の条件によってご希望に添えない場合もありますので、図面や写真をお送りいただいた上でお答えしています。また、準備や後片付けの際に舞台面だけでなく体育館全体を数時間にわたり使用することをお含み下さい。
会館・ホールで実施する場合、予約は学校がするのでしょうか?
はい、学校が主催される芸術鑑賞行事ですので、原則的には会館・ホールの予約は学校さんでお願いします。ただし、様々な形態がありますのでご相談ください。
劇団に支払う「上演料」の他に必要な経費はありますか?
「上演料」には運搬費や交通費などもすべて含まれていますが、作品紹介のリーフレット等をご購入いただく場合は別途有料となります。
また、会館・ホールでの実施の際は、会場費と付帯設備費(照明等の機材使用料)を会館にお支払いください。
卒業アルバムに使用したいのですが上演中の写真を撮影してもいいですか?
申し訳ありませんが、著作権の問題や鑑賞の妨げになることがありますので、上演中の写真及び動画撮影はご遠慮いただいています。 カーテンコールの撮影は大丈夫です。また必要でしたら舞台写真のデータをお送りすることも可能です。
劇団に支払う「上演料」の他に必要な経費はありますか?
「上演料」には運搬費や交通費などもすべて含まれていますが、作品紹介のリーフレット等をご購入いただく場合は別途有料となります。
また、会館・ホールでの実施の際は、会場費と付帯設備費(照明等の機材使用料)を会館にお支払いください。
芸術鑑賞行事当日までの流れは→こちら
最後までお読みいただきありがとうございます。芸術鑑賞行事当日まで、様々なご質問・ご不安に丁寧に対応します。
そして、生徒さんがより良い鑑賞体験ができるよう、先生方の良きパートナーとして、歩んでまいります。
まずはお気軽にご連絡ください。