芸能プロダクションって所属するのにお金かかるの?
芸能事務所のレッスン料金・費用についての

評判を調べてみた!

この記事では、芸能事務所・プロダクションのレッスン料金・費用について調べました。

芸能事務所・プロダクションの所属にはお金が掛かるのでしょうか?気になる方も多いと思います。オーディションを受けようか迷っている方は是非参考にしてみて下さい。 


芸能事務所・プロダクションレッスン料金・費用についての評判・口コミは?

まずはじめに、一般的には芸能事務所に所属する場合、所属料やレッスン料など、名前の違いはあるにせよ幾らかの料金が掛かります。ですが、お金が掛かる事務所=悪い事務所ということではありません。

逆に、完全無料を謳っている芸能事務所の危険性については以下のブログで書かれています。

>> https://yasuharazakka.com/archives/6576.html

※但し、オーディションの種類によっては評価や結果によりレッスン料免除・その他費用無料などの特典や特待生制度がある所はあります。最初から完全無料と謳っているところと見間違えない様にご注意下さい。

では、いくつかの芸能事務所・プロダクション養成所の所属費用を調べてみました。 

一般的な芸能事務所・プロダクションの育成スクール・養成所の料金

アトミックモンキー声優・演技研究所

・初期費用 496,800円
・レッスン回数 年間約48回

劇団東俳

・入所金 300,000円/月謝 16,000円
・初期費用 531,600円
・レッスン回数 年間約48回

ワタナベエンターテイメントカレッジ

・初期費用 700,000~900,000円
・レッスン回数 年間約96~144回
※クラスにより異なる模様

上記の3つのスクールを見るとわかりますが、平均で年間50万円近く掛かりますし、一番高いワタナベエンターテイメントカレッジだと100万円近くも掛かります。但し、上の3つを見比べて頂くと分かると思いますが、レッスンの回数に金額が比例している事が分かります。ワタナベエンターテイメントカレッジは費用が高いですが、その分レッスン回数が1番多いです。

どこの芸能事務所・プロダクションを選べば良いのか!?

芸能事務所・プロダクションは、テレビ局などとつながりが強い大手から、数人しか所属していない小さなところまで、その数は1,000を越えると言われています。そんな中から自分に合った事務所を探すのはとても難しいですし、何とか探して事務所をいくつかに絞ったとしても、実際に選ぶのは難しいですよね。

そこでここでは、あなたに合った芸能事務所・プロダクションを選ぶ3つのポイントをご紹介します。

芸能事務所・プロダクションを選ぶポイント

  • 費用がいくらかかるのか
  • 人柄が自分に合っているか
  • 自分が成長できる環境か
  • 人柄が自分に合っているか
事務所によって大きく特徴があり選ぶ基準は様々ですが、まずは大手芸能事務所と呼ばれる3社を見てみましょう。※順不同。掲載選定基準は特にありません。

アミューズ


芸能界でも数少ない、東証一部に上場している芸能プロダクションで、テレビ番組や映画製作も行っています。サザンオールスターズや福山雅治、三浦春馬、佐藤健、吉高由里子など、大物歌手や俳優、女優が多数所属し、音楽から俳優まで幅広く活躍する超大手芸能事務所です。 

アミューズ公式サイト
https://www.amuse.co.jp/

ホリプロ


和田アキ子や石原さとみ、綾瀬はるか、妻夫木聡など、芸能界を代表するタレントを多数抱えている超大手芸能事務所。年に一度の「ホリプロタレントスカウトキャラバン」は女性アイドルの登竜門として知られている。歩合制を原則とする他の芸能事務所とは異なり、固定給が基本とされていることで有名。

ホリプロ公式サイト
https://www.horipro.co.jp/

東宝芸能


長澤まさみや沢口靖子、斉藤由貴、遠藤久美子が所属する大手芸能事務所。松竹芸能と同様、日本の映画、演劇の制作、興業、配給を手掛ける「東宝株式会社」の連結子会社であることが大きな強み。女性タレントを発掘する「東宝シンデレラ」は、東宝芸能の主力オーディションである。

東宝芸能公式サイト
https://www.toho-ent.co.jp/

大手芸能事務所・プロダクションの特徴としては、やはり業界内においての抜群の安定感だと思います。必ず有名作品には所属タレントが出演しています。所属タレントも多く、作品に出るためにはまず事務所内の競争に勝たなければならないのに倍率1000倍の事務所も普通にあります。但し、事務所内競争に勝つことができれば映画・ドラマの主演も当たり前です!自分の容姿・経歴・実力に自信がある方は是非挑戦してみては!
次に中堅クラスの芸能事務所を同じく3社見てみましょう。※順不同。掲載選定基準は特にありません。

ボックスコーポレーション


中山美穂・山口智子・石田ゆり子姉妹・相武紗季、他多数の タレントをブレイクさせてきたプロダクション。女性中心のマネージメントから、近年は男性タレントにも力を入れている勢いのある芸能事務所です。

ボックスコーポレーション公式サイト
http://www.box-corporation.com/

フラーム 


広末涼子、戸田恵梨香、吉瀬美智子、有村架純など、 ドラマや映画等で活躍している人気女優が多数在籍する芸能事務所です。

フラーム公式サイト
http://www.flamme.co.jp/

イトーカンパニー 


モデル中心のプロダクションから多分野への進出に伴って、総合芸能プロダクションとして各メディアにプロモートしている。 ともさかりえ・蒼井優をはじめとする女優、俳優、タレントが活躍する芸能プロダクションです。

イトーカンパニー公式サイト
http://www.itoh-c.com/

中堅芸能事務所・プロダクションは、大手程の力は無いにしろ、業界においての安心感や歴史も当然有り、名バイプレイヤーや作品作りに必要用不可欠なタレントを抱える事務所が多く、所属できればたくさんの作品に出演するチャンス有り!実績重視の事務所が多いのも特徴です!

最後に新規の芸能事務所も見てみましょう。 ※順不同。掲載選定基準は特にありません。

リンクエンターテイメント


新人アーティストの為のショーケースライブイベントを定期的に行なったり、アーティスト育成に力を入れている事務所。

リンクエンターテイメント公式サイト
https://www.link-up.link/

ディアマントプロモーション


辛島菜摘やk-1選手の菅原美優が所属する映像制作等もこなす事務所。

ディアマントプロモーション公式サイト
https://diamant-pro.co.jp/

ラフェイス


アイドルユニット963(くるみ)を中心に幅広くモデル、アーティストを輩出する事務所。

ラフェイス公式サイト
https://laughface.co.jp/

新規の芸能事務所・プロダクションは、大手や中堅事務所と比べると業界内での影響力は少ないですが、事務所内での競争率も低いので新人でもチャンスがたくさんまわって来る可能性が高いです。事務所の看板タレントになるのも夢では無いかも!!

まとめ

いくつかのプロダクションを紹介させて頂きました。事務所に入るのって難しい事なのかなと感じたかも知れません。でもそれはどこの誰であっても同じことです。受ける前に事務所やオーディション情報を見て「あ~やっぱり私には無理かも・・・」と思うことは非常に勿体無いことですし、オーディションを受ける前から諦めてしまうような低い覚悟であればどこを受けても合格はできません。

余談ですが、とある芸能関係者の“少し毒のある言葉”があります。それは「オーディションを受ける人の8割以上が勘違いちゃんだと言われている」というもの。例をあげると自分は相当にビジュアルが良い、演技や歌が上手であると勘違いしていたりなどです。

一見すると「うわっ、恥ずかしい人達…(笑)」と思うかもしれませんが、ある意味この“勘違いちゃん”達を見習う必要もあります。それはそういう人達の理由はどうであれ、オーディションに応募する上で大切な“行動力”をその人達は持ち合わせているからです。

逆に考えれば“オーディションには最初からすでに合格できないと判断されている8割以上の勘違いちゃんが受けている”と思えば「何だか自分でもいけるんじゃないか!?」という変な自信が湧いてきませんか?ただ、本当に大切なことは誰かと比較することではありません。

もちろんオーディションは最後まで全力で取り掛かることが当然のことであり、事務所に所属してからはオーディションの時以上に努力し続けていかなければいけません。ですが、まずはそんな先のことよりも「明日からでは無く、今から一歩を踏み出す」ということを意識して全力で取り掛かるという事が大事だと思います。

というわけで芸能プロダクションの所属に関する事を紹介してきましたが、いかがだったでしょうか?最後によく頂く質問に回答させて頂ければと思います。「どうやったらオーディションに受かりますか?」オーディションに必ず合格するような方法や裏技などはありません。事務所側からみても“欲しい素材”がいれば10人中10人が審査を通過するでしょうし、そうでなければ例え100人の応募者がいても全員落とされるでしょう。大切なことは「あなたにしかない個性をどれだけアピールできるか」ということです!

芸能事務所のリアルな口コミ

芸能事務所についての口コミ 知りたい・伝えたい内容の↓投稿はコチラ↓

※本サイトに掲載させていただく場合がありますが掲載NGの場合はその旨記載ください。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信