中小企業向けの融資の新型コロナウイルス感染症特別貸付とは?

中小企業でも大手の法人でも、事業を経営するにあたって融資は欠かせません。

融資は単純にお金を借りるだけではなく、借入実績を作って普段から付き合いのある金融機関の信頼関係を深めることもできます。

新型コロナウイルス感染症特別貸付は、日本政策金融公庫が提供する中小企業向けの融資です。

コロナウイルスの影響を受ける事業者のために、再起の糧となる事業全般に広く使える給付金が支給されます。

私の会社もコロナの営業で業績が一気に悪化していますので、新型コロナウイルス感染症特別貸付を申請しました。

経営状態が悪くなって銀行からの融資を受けられない中小企業にとってありがたい制度です。

ここでは、新型コロナウイルス感染症特別貸付の基本情報についてまとめてみました。

◆利用できる対象者
新型コロナウイルス感染症の影響を受けて一時的な業況が悪化している事業者(売り上げが5%以上減少など)

◆資金の使い道
コロナウイルスの影響に伴う社会的要因により必要とする設備資金や運転資金

◆融資限度額
6,000万円(別枠)

◆利率(年利)
3,000万円を限度として融資後3年目までは基準利率-0.9%、4年目以降は基準利率

◆返済期間
設備資金は20年以内、運転資金は15年以内

◆担保
必要なし

緊急事態宣言で事業を自粛した中小企業も、新型コロナウイルス感染症特別貸付の申請で日本政策金融公庫から融資を受けられます

中小企業向けの融資を受けられない時は?

新型コロナウイルス感染症特別貸付を申請しても、融資を受けられない中小企業はあります。

借り入れの希望額が過大だったり信用情報に傷があったりすると、申請しても審査に通りません。

そこで、中小企業向けの融資を受けられない時はファクタリングサービスの利用をおすすめします。

ファクタリングは金融機関からの融資とは違い、売掛債権の早期現金化サービスです。

自社が保有している売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことにより、通常よりも圧倒的に早く現金を手に入れることができます

資金調達の方法で困っている時に役立つサービスだと言えるのではないでしょうか。

私が利用している日本中小企業金融サポート機構は、手数料の負担を抑えてファクタリングができます。

最短即日で振り込んでくれたり無駄なコストを省いてくれたりと中小企業の経営者をサポートしてくれますので、ぜひ日本中小企業金融サポート機構を有効活用してみてください。