子どものやる気を引き出せる親になりたい!

日頃の声掛けを変えると、子どもがグングン!伸びて行く!
コーチングの対話をしって、やる気がどんどん引き出せる!
  • 中学受験
    サポート!
  • 本気スポーツ
    サポート!
  • ビジネススキルと
    同時に獲得!

無料体験講座 随時開催中!

子育てにコーチングが良いって聞いたけど、何が良いの?

  • 過保護や過干渉は、「子どもの経験を奪う」もの。子どもの経験を奪わない関わり方を知れる。
  • 中学受験、高校受験などの時期に、「勉強しなさい!」を言わずに、子どもの本気を引き出せる!
  • あれこれと“指示命令”ばかり、子どもを管理する生活から脱する事ができる。
  • 子育てにも活かせて、ビジネスにも活かせるスキルを、一度に理解習得が可能だからお得。
  • 本格的にスポーツをやっている我が子よりも、親である自分が熱を上げて、怒鳴り声を上げてしまう。
    怒鳴らず、あれこれ課題を与えず、子どもからやる気出してくれるようにできる。
  • 中学受験、高校受験などの時期に、「勉強しなさい!」を言わずに、子どもの本気を引き出せる!
GCS秋葉原校で本クラスまで受講生された方の声===================

ビジネススキルと同時に、子育てに使えるコーチングスキルを獲得できるのであれば、ものすごくお得に感じました。講師からの子育てで活用した自己開示も豊富だったので、すぐに我が子に、職場で使う事もできました。

子育てのスキルは、〇業や〇ドラ―など、他にもいろいろありますが、どれもカウンセリングベースの学びなので、『子どものやる気を引き出す対話』となると、コーチングなのだろうと受講を決めました。ビジネスでも使えるものの、子育てで使うにはどこを注意したら良いのか?などの違いも分かったので、これからは自分でビジネスと、子育てと、それぞれの場面で上手に使い分けたいと思っています。

学校教育の現場では「アクティブラーニング」という言葉がよく言われるものの、どうやるのか?と疑問がありました。コーチングがどうやらアクティブラーニングに関わりがあるようなので、「子育て特化」とあったので、秋葉原校での受講を決めました。

受講生された方のお子さんの変化===================

「勉強しなさい!」という言葉を一切かけずに、周囲から「到底無理」と言われていた志望大学・学部・学科に合格しました。同じように勉強をしていた子との結果の違いは【メンタル力】が大きく影響していると思います。人に言われて勉強する事と、自らの意志で「進学」「勉強」を選び取り「自ら勉強する」という子ども自身の「主体性」が育てられた事が、結果を左右したように思います。
「勉強しなさい!」と管理される子、管理する家庭が多いからこそ、大学受験という親の力よりも、本人の【メンタル力】が影響力を持つんだと思っています。

受講前は、あれこれと子どもに指示命令を与える親だったんですが、子育てコーチングを学んでから、「子どもに答えがある」と信じて関わる事によって、怒る事が激減!その結果、子どもがよりノビノビと子どもらしくなって、更に怒っていた頃よりも、怒ってでも改善して欲しい事が、すぐに変わる!という効果を日々感じています。大人も子どもも、ストレスを感じながらだと、自己肯定感が下がって変われないんだな!と実感しています。

子どもの中学受験の為に受講しました。
子どもが変わったというより、親の意識の変化が大きくて、「この子がまずは生きてるだけで良いんじゃない?」と思えるようになって、親としての大きな期待が減りました。その方が、子どもは自分から勉強しだして、親子でゲームも楽しみながら、受験に向かえています。
自主性や主体性が、コーチングによって育てられたんだな!と、子どもの姿から実感しています。

小学生の頃は、小学生女子によくある小さなトラブル、いざこざがありました。
すぐに仲直りをして欲しいと親は期待してしまうし、みんなといつでも仲良くしていて欲しいと願っていたけれど、子どもは喧嘩してでもと友達に伝えたい事があって、それでも上手くいかない事を経験して…
中学生、高校生と育っていく中で、どんどんとコミュニケーション能力が高まった様子です。
お友達にも恵まれて、さまざまな子から信頼を得ている様子を学校の先生との面談でも教えてもらえて、子育てコーチングで我が子に関わる事で、シンドイ事もあるけれど、子ども自身がどんな事でもポジティブに受け取って、自分の人生に活かしていけるようになったんだな!こういう事を「主体性が育まれる」と言うんだな!と、育ってみてから、親として理解できました。

銀座コーチングスクール秋葉原校(子育て特化)代表 佐木馨

初めまして!代表の佐木馨(さき かおる)と申します。
子育てで、『子どもを潰しきる』という体感まで持つ、毒親だった自覚があります。
子育てでも、部下育てでも「しっかりと相手の目を見て…」といった言葉を目にした事があるでしょう。
私は、我が子と目を合わせると、我が子が怖くて固まるという所から、コーチングを学んで関係を変えてきました。

子どもに関わる失敗経験は、たくさんあります。
そんな中で、子育てのママ達や、やる気のない部下育成など、講座や研修を多数行ってきました。
そんな中で「子どもを変えたい!」と学び始めた、パパやママ、先生方が、学ぶ間に「不思議と自分自身の自己肯定感が変わってきました。」と伝えて下さいます。

自分自身の自己肯定感の低さなどが、子どもに投影されていたのかもしれません。
なので、アンガーマネジメントなどで「無理に怒りを抑える」といった事なく、「自然と怒りが消えて、自分に対しても子どもに対しても、温かく関われるようになった。」と言われます。

そんなコミュニケーションの一端を、GCS秋葉原校で学んでみませんか?
経験豊かな講師一同で、お待ちしております。


銀座コーチングスクール秋葉原校
https://www.ginza-coach.com/school/area02/akihabara.html

無料体験講座 随時開催中!