なら誰でも簡単にホームページが始められます。 今すぐ試してみる 簡単にホームページ作成

このブロックは画面サイズによって見た目が変化する特殊なブロックです
※編集・削除ができる項目も画面サイズによって異なります

詳細はヘルプページの「フローティングメニューブロックの編集」をご確認ください
03-5927-1882
営業日:平日10:00~19:00

商業施設投資が注目されている3つの理由

1
月々約10万円から始められる
3種類の分割支払いプランからご自身にあったプランをお選びいただけます。
2
年6%の5年間賃料保証。6年目からは8%へ
同グループ内にて賃貸管理を行っております。初回5年は6%/年の利回り補償、更新6年目からは8%/年。時期を見て転売も可能です。
3
高いキャピタルゲインが見込める
インフレ率3%(2021年4月時点IMF発表)・GDP成長率7%(2011年〜2019年IMF発表)
カンボジアでは急速な経済成長とともに地価の上昇も続いており、今後の価格変動が注目されています。
ローカルマーケットは現地の人々にとって需要が高く、販売開始から1週間で500件が成約となりました。外国人だけでなく、現地の人々にとっても非常に希少価値の高い物件となります。

2024年6月にGCオルセーマーケットが完成予定


実際のスライダーの動きは、プレビュー/公開ページでご確認ください

完成予定図

  • 2024年6月に竣工予定のプノンペンの新しい複合商業施設。
  • プノンペン国際空港から車で約10分、中心部に続く大通り沿いに位置。
  • 行政機関・教育機関・高級車ディーラーのショールームが集う好立地。
  • 伝統的なクメール建築でツーリストの観光スポットとしても注目。
  • 弊社グループの自社開発プロジェクト。
  • 総面積20.645平米(サッカーコートの約3倍)
  • 構造:鉄筋コンクリート 
  • 権利:ハードタイトル
  • 2024年6月に竣工予定のプノンペンの新しい複合商業施設。

GCオルセーマーケット完成イメージ動画



パンフレット無料ダウンロード

お支払いプランや間取り等、詳しい内容に関しましては
GCCジャパンまでお気軽にお問い合わせください。
※ボタンをクリックすると自動ダウンロードが開始されます。

GCCが選ばれる3つの理由


デベロッパー直販だから安い

GCCグループはカンボジアに本社を置く香港系の総合企業です。
カンボジアの土地開発から不動産売買、管理まで全てグループ内で行っており、日本支社であるGCCジャパンでは現地と同じサービスを日本のお客様へ提供しております。

豊富なプロジェクト実績

首都プノンペンの中心地に位置する大手ウィンダムホテル併設のレジデンス「CEO」では800件が成約となり、12月に竣工予定。同じくプノンペンのチョロイチャンバー地区で現在建設中のハイエンドレジデンス「NADI」では販売第一期で300件が成約となり、第二期の販売開始が待たれています。シハヌークビル地区ではエコツーリズム開発計画などの大型プロジェクトが進行中です。





賃貸管理・売却までフルサポート

カンボジア現地で1000名以上の不動産チャネルを持つ弊社グループの仲介会社。
最新の不動産市況はもちろん、地域密着型の販売ネットワークを活かし、経験豊富なスタッフがお客様の不動産の管理から売却までお手伝いします。




購入〜売却までワンストップ

購入
・日本支社にてすべて日本語で対応。
・日本円で決済が可能。
・月々約10万円〜豊富な支払いプランをご用意。


引き渡し
・2024年6月に竣工予定。
・ハードタイトル
・引き渡しや登記申請も日本支社にてサポートいたします。
賃料補償
・最長10年の賃料保証オプション。
・年6%~8%の最長10年間賃料保証。
・収益は現地口座での米ドル建てで受け取り、または海外送金を選べます。
※海外送金の場合別途送金手数料がかかります。
売却
・弊社グループの仲介会社にて売却をお手伝い。
・売却益は米ドルでの受け取りまたは海外送金が選べます。
・現地口座にて米ドル定期預金を活用することも可能です。
※海外送金の場合別途送金手数料がかかります。
売却
・弊社グループの仲介会社にて売却をお手伝い。
・売却益は米ドルでの受け取りまたは海外送金が選べます。
・現地口座にて米ドル定期預金を活用することも可能です。
※海外送金の場合別途送金手数料がかかります。

カンボジアを選ぶ3つの理由


1
米ドル経済国だから安心

カンボジアの現地通貨はリエル(KHR)ですが、銀行預金と融資の80%は米ドルが使用されていることから、事実上の米ドル経済国となります。
世界基軸通貨の米ドルは通貨の価値が大幅下落することが少なく、またカンボジアは海外送金規制がないため日本への送金がしやすくなります。

外国人でも口座開設が可能
カンボジアの大手商業銀行のひとつであるアクレダ銀行(Acleda Bank)は定期預金金利が12ヶ月4.50%~と高金利。三井住友銀行やオリックス銀行と業務提携しているため送金も行いやすくなります。
GCCジャパンでは不動産をご購入のお客様の現地口座開設のサポートも行なっております。
高度経済成長中だから売却益を見込める
平均年齢27歳のカンボジアは総人口の70%が34歳未満で労働制人口が最も多くまさに人口ボーナス期。GDP経済成長率は7%。 ※2021〜2019年IMF発表
カンボジア政府による外資誘致政策により外資100%で法人が設立できるようになり、2010年以降はコンドミニアムなど集合住宅の2階以上、建物の総占有面積の70%までを上限に外国企業または外国個人投資家の購入・保有が可能となりました。それに伴い外資企業の参入が益々加速化し、今後カンボジアの更なる経済発展が期待されています。
外国人でも口座開設が可能
カンボジアの大手商業銀行のひとつであるアクレダ銀行(Acleda Bank)は定期預金金利が12ヶ月4.50%~と高金利。三井住友銀行やオリックス銀行と業務提携しているため送金も行いやすくなります。
GCCジャパンでは不動産をご購入のお客様の現地口座開設のサポートも行なっております。

オンライン無料相談
ご自宅にいながら、オンライン(PC・タブレット・スマートフォン等)でご相談が可能です。

お申し込み
こちらのページのお申し込みフォームからご入力ください。担当者からご連絡し、ご相談内容の確認と日時の調整をいたします。ご予約はお電話でも承っております。

メールにてご案内
オンラインをご希望の場合はご相談当日までに、ミーティングURLをお送りします。セミナー当日までにZOOMアカウントの設定をお願いいたします。
ZOOMに参加
当日はメールに記載のURLをクリックするだけでZOOMミーティングへ参加できます。
ZOOMに参加
当日はメールに記載のURLをクリックするだけでZOOMミーティングへ参加できます。

ご入力はこちらへ

ご予約・お問い合わせは、下記のお問い合わせフォームにご記入いただきご連絡ください。
お問い合わせ後、担当者よりご連絡差し上げます。
フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
利用規約・プライバシーポリシーをお読みの上、同意して送信して下さい。

GCCジャパン公式Facebook

これは編集画面用のサンプルです。

「プレビュー」から実際の見た目をご確認ください。

会社概要

会社名       株式会社GCC ジャパン

代表者       Agnes Yang

住所        〒171-0021 
       豊島区西池袋1-11-1
       メトロポリタンプラザオフィスタワー 14階

電話番号      03-5927-1882

Eメール     cs@gccjpn.com

営業時間    平日10:00-19:00 (土日祝はご予約制)

事業内容

カンボジア及び国内における不動産の紹介カンボジア不動産物件の現地視察に関するサポート不動産に関するマーケティング、企画、情報提供及びプロモーション活動カンボジア進出に関するコンサルティング
顧問弁護士   弁護士法人One Asia
フレンド&フォローお待ちしています!


営業時間 10:00 - 19:00
03-5927-1882
 (土日祝はご予約制となります)