pera MORI project
NPO法人 PeraMORI TEL. 03-0000-0000
歯医者に塩

曲がった親知らずは歯医者で簡単に抜いてもらえませんでした

10代後半、曲がった親知らずで泣きそうになった経験があります。親知らずが生えてきたのはわかっていましたが、ある日突然激しい痛みが私に襲って来ました。だったら抜いてもらえば良いと思い近所の歯医者に行ったのですが、その先生は「曲がっているのでこちらでは何かあったら大変なので抜けない」と断れました。自分ではサクサク抜いてもらえば痛みと別れられると思っていたので、予想しない展開に驚きました。でも、次の日も痛いので大学病院しかないと考え行く事にしました。やっぱり大学病院の歯科は普通の歯医者と違い、親知らずを抜くのにもオペの予約が必要でした。確か1~2週間ほど待たされて記憶があるのですが薬で痛みを抑え、無事手術日を迎えました。顔に布をかけられたり普通の歯医者とは勝手が違う事に戸惑いましたが、親知らずの手術は成功しました。結構曲がっていたと先生に言われましたが、もともと口の中が小さいと言われたいたので親知らずも必死に生える場所を探したいたんだなと思いました。痛みが酷く辛い経験でしたが、何事もなく親知らずが抜けた事は幸せだったなと思っています。千葉市 歯科



歯周病は生活習慣病の側面も持ちますので、虫歯治療と異なり、改善させるためには一定の時間がどうしても必要となります。そのため、「仕事が忙しくなかなか来院することが出来ないよ・・・」、「子供をどこかに預けて治療を受けられる状況にはないよ・・・」等の理由により、治療したくてもできない方が多くいらっしゃいます。
そのような方は諦めるしかないのでしょうか・・・??そんなことはございません!通常、中等度以上進行した歯周病の治療は6回程度に分けて治療を行います(治療期間:1~2か月)ので、来院回数や治療期間もどうしても伸びてしまいます。また、歯周病菌は約2週間で再増殖しますので、治療途中にすでに治療した部位が再発してしまうことも稀にあります。しかし、FMDという手法を利用し、上記の問題点を改善した治療を実施しております。FMDとは、1~2回の治療にて短期間でお口の中から完全に歯周病菌を駆除してしまう事で、再感染を起こす隙を与えず、治療効果を大幅に引き上げる治療法です。 FMDの治療は、「短期」そして「再発防止」という意味で優れた治療になります。



多くの患者さんから幾度となく、「毎日、歯磨きをしているのに、どうして歯槽膿漏(歯周病)になってしまったのですか?」ということを聞かれます。その答えの一つが歯槽膿漏(歯周病)が人から人へ移る感染症であるということです。
感染症である以上、物理的な清掃(歯磨き)だけで感染予防をすることはできません。さらに、歯周病菌はバイオフィルムと呼ばれる強力なバリアで守られています。このバリアは歯磨きだけでは、除去することが非常に困難です。歯学界では、患者さんの理的負担を和らげるために、歯槽膿漏を歯周病と言いかえることにしました。このため、歯周病は、歯槽膿漏の一歩手前という誤った認識が広がっていますが、歯周病と歯槽膿漏は全く同じものです。私は、表現を変えることで、安易に患者さんの危機感を低下させているのではないかと懸念しています。事実、30代の80%以上は歯槽膿漏(歯周病)を患っており、日本人が歯を失う原因としては、虫歯よりも歯槽膿漏(歯周病)で歯を失う方のほうが実は多いのです。http://bbs.peta2.jp/free_page.php?pid=237776

森林保全活動の現場
実際に体験してもらう
研修ツアーを実施しました
森林保全活動の現場
実際に体験してもらう
研修ツアーを実施しました
森林保全活動の現場
実際に体験してもらう
研修ツアーを実施しました
森林保全活動の現場
実際に体験してもらう
研修ツアーを実施しました
森林所有者とも課題を共有しながら
私たちは「焦らず、あわてず」前進します

支援者の方々の声

子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 女性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
子どもたちの夢を実現できるような支援をしたいと思っていました。 一般的に、募金はどのように使われるかが見えないことがありますが、写真や手紙で実際に役に立っていることが分かって良いと思います。
20代 男性
私達の活動にご賛同いただける方は是非一緒に挑戦していきませんか
まずはお気軽にお問い合わせください